海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (4)
UBS (4)

SBI証券のDC購入額ランキング、みんなさすがに目が高い
SBI証券のサイトにて、同社の個人型DCプランにおける月間ランキングが掲載されています。
購入金額人気ランキング(元本変動型)

現在掲載されている11月の状況は以下の通り。
順位ファンド名指数追加日
1DCニッセイ外国株式インデックスMSCIコクサイ4/22
2ひふみ年金(アクティブ)10/14
3三井住友・DC日本株式インデックスファンドSTOPIX10/14
4三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)野村BPI総合4/22
5ニッセイ日経225インデックスファンド日経2254/22
6三井住友・DC外国債券インデックスファンドシティ世界国債4/22
7EXE-i新興国株式ファンドFTSEエマージング(参考)
8三井住友・DC外国リートインデックスファンドS&P先進国リート10/14
9DCインデックスバランス(株式60)4資産バランス4/22
10iFree NYダウ・インデックスニューヨークダウ11/8
11三菱UFJ 純金ファンド東京工業品取引所金価格先物(参考)4/22
12SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>(アクティブ)4/22
13DCインデックスバランス(株式20)4資産バランス4/22
14インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)MSCIコクサイ円ヘッジ4/22
15DCインデックスバランス(株式80)4資産バランス4/22
16みのりの投信(確定拠出年金専用)(アクティブ)10/14
17DCニッセイ日経225インデックスファンドA日経22511/8
18三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンドMSCIエマージング4/22
19DCインデックスバランス(株式40)4資産バランス4/22
20exe-iグローバル中小型株式ファンドFTSEグローバルスモールキャップ(参考)




続きを読む
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ



DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/09(金) 01:23 ]

たわらノーロード決算。ところどころ乖離が気になる……?
たわらノーロードシリーズのうち、7本のファンドの初回決算に係る運用報告書がアップされていました。

早速、運用状況をみてみますと……うん? 乖離の大きなファンドが見受けられます。
運用報告書の数値を元に、月次の状況を追ってみたのが下図になります。
たわら初回決算乖離
*「当期中の基準価額と市況の推移」「1万口当たりの費用明細」より作成。
*コストは、簡便的に全期間に亘って均等に生じたものとして月割り計上。設定月と決算月はそれぞれ半月分とする。
*日経225は、運用報告書のベンチマークが配当抜き指数のため、東証のウェブサイトより日経平均トータルリターン・インデックスをダウンロードして指数の騰落率を計算。


まず、多くのファンドが設定最初の月に盛大な乖離を叩き出してくれています。(特に先進国の株式とリート、新興国株式、国内リートが無残を極める)
差異要因につき、運用報告書には共通して「設定当初マザーファンドを非保有であったこと」という文言がありますが、現金比率が高かったのでしょうか?
それにしても、海外資産は指数がプラススタートの先進国リートがプラス乖離、同じくプラススタートの新興国株式がマイナス乖離、指数がマイナススタートの先進国株式・債券がプラス乖離、国内資産はプラススタートの債券もリートもマイナススタートの日経225もマイナス乖離と、どうも一貫性・法則性が見えてきません。

また、当初ついた乖離がその後最後まで横ばいで続いてくれていれば、運用そのものは安定しているものと信頼しても良いのですが、期中にもところどころ暴れているものが散見されています。
先進国株式の6月の乖離が▲0.38%、7月には逆に+0.22%、先進国リートが6月に▲0.26%、新興国株式の6月+0.27%、7月▲0.53%、9月▲0.33%、10月半月で+0.23%、などは目立っています。
6月7月あたりに大きい乖離が多いところから、Brexitによる為替の混乱の影響があるのかとも思いますが、先進国債券は6月も7月も他の月より目立って大きな乖離を出しているわけでもありませんから、そればかりが原因というわけでもないような気がします。
国内ものは比較的おとなしいですが、リートが6月7月8月と立て続けに0.1%幅を超えるやや大きめの乖離を出しているのが気になります。
初回の短期変則決算とはいえ1期分の実質コストの半分以上から、ところによっては1期分以上の幅を1ヶ月で乖離している箇所も見受けられ、困惑を禁じえないのが正直なところです。

ファンドの立ち上げ期に多少大きめのブレがあるのはある程度致し方ない面もあるのかもしれません。
しかし、期中も大きなブレがあるとなると、果たして運用の手腕を信用していいのかどうかちょっと心配になってきます。
特にたわらの場合、マザーファンドの規模もほとんど言い訳にできないレベルの大きさになっているはずですし…(日経225は十億の桁、そのほかの6本は百億または千億の桁に達する)
あまりインデックスとの乖離が頻繁に・大規模になってくると、せっかくインデックスのリスクやリターンを元に投資計画を策定しても意味がなくなってしまいます(無駄に追加的なリスクが増加してしまう)
指数より上ブレするということは積立中にあるべき価格より高い価格で掴まされることであり、そのブレが是正されただけで謂れのない損失を蒙ることになります。更なる下ブレが起ころうものなら余計に損失に陥る可能性だって出てきてしまいます。そうしたリスクのあるファンドが、果たして長期積立に適するのか、という議論も、ブレが続くと起こってきかねません。

ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズが低コストを独走していた時代は、ちょっとくらいブレがあってもそれを補って余りあるくらいのコスト差があったため、優位性は揺るぎ難いものだったでしょう。
今回のたわらノーロードシリーズは、コスト面ではその頃のニッセイに並ぶかそれを凌ぐくらいの優秀さを誇っています。しかし、今はこれでも独走態勢にあるわけではありません。たわら、ニッセイ、更には三井住友DC、iFreeに至るまで、似たようなコスト帯の商品がひしめいています。
今や、コストのみならずトラッキングエラーの面、すなわちブレなくインデックスに追随する信頼性の高い運用技術を備えていないと、優位性は簡単に覆ってしまいます。より確実性の高い運用のために、ブレの多いところから少ないところへの移転が起こりかねません。
そういう意味で、運用会社は今こそエラーのない運用の技術を真剣に競わなければならない時代に入ってきているともいえます。

たわらシリーズは、まさにその競争を引っ張っていくべき存在であったはずです。
それだけに、今回のこの大きく頻繁な乖離につき、詳細な原因の分析及び説明が求められ(たとえば、市場の需給の偏り・流動性などのどうにもできない事情によるのか、それとも運用手法に何か問題があっただけなのか…)、今後の乖離の頻度及び幅の減少につき信頼を与えることが急務なのではないかと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ



たわら | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/07(水) 02:42 ]

MAXISサイトに「よろしく」登場。知名度や人気はよろしくなるのかなぁ…?
MAXIS ETFの公式サイトに、「ブラックジャックをよろしく」を原作とするPR漫画「MAXISによろしく」が公開されています。

「ブラックジャックによろしく」はどういうわけか金融・投資界隈でのPR資料の素材としてやたらと人気が高く、【ブラックジャックによろしく 投資】と検索してみますとこんなにたくさん引っかかってきます。

インデックスファンドによろしく(exe-iシリーズ)
インデックスファンドによろしく(りそな銀行)
NISAによろしく(マネックス証券)
積立投資によろしく(福岡銀行)


今回、ここにまた一つ加わったことになります。似たようなのが乱立して何が何やら(^^;

いきなりマイナーなテーマから来た


さて、この「MAXISによろしく」は現在2本の漫画がアップされています。
そのうち1本目はETFとは何ぞやという超基礎分野ですが、もう1本がいきなり変化球です。クオリティ150とは、ときました。
ROEや財務健全性などに着目し、「クオリティの高い」企業を組み入れていることをアピールしています。
日経平均やTOPIXに比べ、指数そのものが新しく、JPX400や「設備・人材」系の指数などのように報道で取り上げられもしていないため、こうして簡単に紹介されるのは意味のあることではあるでしょう。
真っ先に取り上げられたのは意外とありな選択だったかもしれません。

実際、このファンドは比較してみると結構パフォーマンスが悪くありません。
クオリティ150比較
JPX400指数やTOPIXにも負けずに付いて行っており、最小分散系の低コストアクティブファンドを置き去りにしています。
選択肢として十分ありえそうな投資対象であることを知らしめ、資金を集めるきっかけにしたいところでしょう。

続きを読む
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ



投資信託 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/06(火) 00:38 ]

「日本一終電の早い」新十津川町にふるさと納税
記事にするのをすっかり失念していましたが、10月下旬に北海道新十津川町にふるさと納税をしました。

この町は、JR札沼線の終着駅(本来はここから更に留萌本線の石狩沼田まで続くものだったのですが…)があり、ここまで到達するのが1日1往復しかないことから「日本一終電の早い町」として知られているところです。
終列車は9時40分発、札沼線新十津川駅が日本一終発の早い駅に…2016年3月のJRダイヤ改正



続きを読む
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ



ふるさと納税 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/04(日) 02:02 ]

特定口座での投資を米国ETFに乗り換え
このほど、特定口座での運用のうち、株式のインデックス運用部分を米国上場ETFに乗り換え作業を行いました。

米国貸株サービスの提供により、運用コストの(マイナス圏への突入を含む!)更なる低下を見込める状況になってきたことによります。
米国株式貸株の案内が登場
期待通り、一挙にマイナスコストでの運用に舵を切れそう

とりあえず実験としてSPDR® ダウ工業株平均 ETF(DIA)を少額購入して様子を見てみたところ、確かに「分配金」(相当額ではない)の支払が受けられたようなので、本格的に移行を実行することにしました。(DIAは毎月分配型なので、割とすぐに実験結果が出せるのがよい)

SBI証券では貸株金利の改定を11月9日と12月1日に実施しており、かなり金利が下がっているものも多く(例えば、VTやVTIは0.01%に下がっています)、なかなか銘柄編成に難儀しましたが、現段階ではこのようになっています。
バンガード・S&P500グロースETF(VOOG)
バンガード・S&P500バリューETF(VOOV)
バンガード・米国エクステンデッド・マーケットETF(VXF)
バンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF(VXUS)

VOOGとVOOVの両方持ちというのは正直どうかという気はしないでもありませんが、合わせてS&P500全体に投資するという位置づけです(重複銘柄も100以上あるので嫌な感じがないでもありませんが…)。貸株金利が今もそれぞれ1.0%と0.5%も付くので……。
VXFは、米国全体の上場株式のうちS&P500以外の銘柄全体に投資するものです。従って、S&P500と組み合わせることで、結局米国全部に投資できているはずです。
VXUSは、言わずと知れた米国以外の全世界株式に大型から小型まで投資できるETFです。

なお、今後の金利情勢によっては、新規購入分や既存保有分を乗り換えることも考えます。その時その時で有利な形に。(例えば、金利の有利性を鑑みても米国株がVTI1本とかに出来る情勢ならそうしたほうが楽なわけですし…)



なお、債券系やREIT系、ひとくふうシリーズやたわらplusを利用して行なっているスマートベータ運用などは、それぞれの投入資金規模が限られており売買手数料がやや重いため、特定口座分での米国ETFの利用には至っていません。当面は国内投信で行くことになりそうです。


注意
貸株取引はSBI証券など取引関係者の信用リスクを取り、損害が生じる可能性がゼロではありません。
貸株金利はいつどのくらい増減するかわからず、予定していた収益が得られない場合があります。
貸株の利用は以上の点にご注意ください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ



外国株・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/03(土) 01:12 ]

次のページ
copyright © 2016 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania