FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

iFree年金バランス。投資教育用素材には良さそうだが本格的な資産形成には二の足…強制的スタイルドリフトの懸念
引き続き、iFree年金バランスについて。

本ファンドは、初心者向けの素材として見るなら、かなり面白い存在になることは確かです。
そもそも公的年金がリスク運用をしていることを知らない人に、本ファンドを持ってもらうことで実際のリスクやリターンを実感してもらう。また、株式や為替が庶民には関係ない…などという誤解を払拭してもらう(年金積立金への影響を通じて加入者である一人一人に影響してくることを感じてもらう)。
公的年金によるリスク運用を嫌う人たちにも、「実際の資産の伸びがどんなものであるか」理解してもらい、デメリットだけでなくメリットを実感させる(GPIFのウェブサイトでの報告よりも、たとえ原資が100円や1000円でも自己資金を投じていれば、値動きの効果が感じやすいでしょう)。
もとより、GPIFの方針に否定的でない人には、「公的年金と同じ運用」というのは施局的なアピールポイントになります。リスク・リターンとも専門家による十分な検証を経ているわけですから運用対象として外れではないと考えられ、また既に拠出している公的年金と同じ運用となればリスクをさほど高めるわけではないことから(勿論、厳密には、現金を減らして株式債券混合のファンドを買う以上、リスクはそこそこ負っていますが…)、投資についてよくわかっていない段階の第一歩での投資対象として選んでもらいやすくなりまそうです。
このように、投資教育などの意味で使い道は面白くなる可能性を秘めています。
ただ、こうした層に「教育」としての効果を期待するなら、是非つみたてNISAで長期的に投資・保有してもらいたいところですが、現状はそうなっていません。国内債券クラスのマザーファンドがアクティブファンドだった点が惜しまれますし、「やっていることがちぐはぐすぎないか…」という感も禁じえません。



このように初心者への投資教育・実践導入の局面では有益な存在になりうるファンドですが、一方で長期的な資産形成のために本格的に運用の核として利用するか…というと、いささか二の足を踏まされるところがあります。
公的年金運用においてスタイルドリフトが起こる懸念がああり、もしそれが現実化したら本ファンドにも影響があるからです。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


iFree | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/17(金) 02:32 ]
[ 最終更新:2018/08/17(金) 02:32 ]

iFreeから注目できる新ファンドが3つ登場。米国株S&Pブル、ナスダック100(投信版QQQ)!、GPIF連動!!
iFreeシリーズから、3本のファンド新設が届け出られています。

詳細を確認します。

iFreeレバレッジ S&P500
申込手数料:最大2.16%
信託報酬:0.972%
設定日:8月31日
販売会社:SBI証券

S&P500指数の日次値動き(ドルベース)の2倍程度の値動きとなることを目指すブル型のファンドです。
米国株のブルという商品はありそうで意外となく、投信で野村ブル・ベアセレクト7(米国株スーパーブル7)(信託報酬1.134%)、ETNでNEXT NOTES NYダウ・ダブル・ブル・ドルヘッジ ETN(信託報酬0.80%)がある程度でした(いずれも対象はダウ)。
米国株全体の値動きを示すS&P500に対応するブル商品としては初となり、またiFreeシリーズにおけるブルベア商品としても初となります。
シリーズ初のブルベアが外国株というのは意外ですが、競争者のないところを取ることで独自性をアピールするという事でしょうか。
ただ、言うまでもなく、ブルベアファンドという類型自体が徐々に減価していく仕組みを持っています。そういう意味で、iFree Activeを名乗るテーマ型ファンド群にも増して、長期投資に不向きなファンドが現れたという事になります。iFreeのブランドの意味合いがかなり分かりにくくなってきそうな気がします。
ただし、「一方的に値上がりが続く」という見通しを持つ限りにおいては、ブルファンドを持ちっぱなしにすることが合理的になりえます。
そういう発想をする人が多く現れて買ってくれることを狙っているのでしょうか? そういう人が大量発生するようだと、えてして相場もそろそろ終わりが近いことが多いものですが…。


iFreeNEXT NASDAQ100インデックス
申込手数料:販売会社が決定(現段階で無し)
信託報酬:0.486%
設定日:8月31日
販売会社:SBI証券

ナスダック上場銘柄のうち100社を対象とするナスダック100指数を投資対象とする投資信託です。iFree NEXTシリーズとして登場してきました。
ナスダック100の構成銘柄はハイテク銘柄の比率が高く、「iFreeNEXT FANG+インデックス」の代替品として使えそうなインデックスです。
 ※ナスダック100に連動する米国ETF、QQQについて 【QQQ】NASDAQ上場企業に投資する超優良・大型ETF (神経内科医ちゅり男のブログ)
実際、FANG+インデックスのファンドが出た時も、「こんな分散の効いていないファンドを出すくらいだったらQQQの方が…」という声もあったのですが、今回まさに投信版QQQが登場したことになります(これによって、登場早々のFANG+ファンドの存在意義も謎になりますが…)。
投信になったことで、金額指定の積立購入も可能になるなど、使い勝手が向上します。ボラティリティが高めであるようなので、積立を継続していくとその効果がかなり強力になってきそうです。
ただし、NASDAQ100は金融庁の指定インデックスではないため、つみたてNISAのインデックス投信枠での購入は不可能です。
設定から5年経過し、純資産額と資金流入の要件を満たした上でアクティブ投信枠での加入を狙うしかありません。




続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


iFree | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/16(木) 00:24 ]
[ 最終更新:2018/08/16(木) 00:24 ]

三ノ宮&梅田でのオフに遠征
8月11日に神戸三ノ宮で、12日に大阪梅田で開催された投資家オフに参加してきました。いずれもツイッターで企画されたものです。

もともとは、11日の三ノ宮でのオフの企画がきーちゃんさんから提示されたのが始まりでした。
私の住む場所から、青春18きっぷで行ってもどうにか丁度よく辿り着ける場所・時間だったので参加することに決定。
更に、翌12日は昼頃出発して夜に帰宅するつもりでいたところ、思いがけず12日夜発のムーンライトながらの指定席が取れてしまったので20時前まで大阪に滞在できることになり、ローズマリーさんが12日のオフを企画してくれたものです。

今回は交通手段は青春18きっぷ、宿泊はカプセルホテル(それもヤフーで全額Tポイント消費で取ったもの)と、旅費に関してはとにかく低コストを貫くものとなりましたw




続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


オフとか | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/15(水) 03:24 ]
[ 最終更新:2018/08/15(水) 03:24 ]

SBI証券が確定拠出年金の商品除外案を発表。クラス被りの除外などは概ね妥当だが、一部丁寧な説明を擁要しそうなのもあるか
本数制限対応に関して動向が注目されていたSBI証券の個人型確定拠出年金ですが、とうとう商品除外案が提示されました。
運用方法の選定・提示に関する基準の見直しに伴う除外予定ファンドのご案内

投資信託から26本、元本確保型から3本の除外となっています。
除外候補の中には、EXE-iの債券&リート、三井住友DC外国債券インデックスなど、過去にDC内で保有していたことのある商品もあり、やや感慨深いものがあります(今現在保有中の商品はありません)。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/10(金) 23:36 ]
[ 最終更新:2018/08/11(土) 13:06 ]

GPIFから学びつつ、スタイルドリフトを起こさせないように正しい理解を
水瀬ケンイチ氏のブログにおいて、田村正之氏執筆のGPIF運用に関する記事が取り上げられています。
公的年金を運用するGPIFの運用は学べることがいっぱい

もとより、水瀬氏の記事にも、田村氏の元記事にも、あえて付け加えるべきものがあるわけではありません。
ただ、以下引用の指摘については、繰り返し強調しておきたいところだとは思います。相場状況が思わしくないからといって運用方針を無暗にぶらすのではなく、きちんと方針の通りの運用を維持することが、長期的にいかに有利に作用するかの実例であり、常に頭においておくべき話です。
上記記事では、「リバランス」の重要性も指摘しています。GPIFは想定通りの資産配分になるように淡々とリバランスを実施しており、2008年のリーマン・ショックでも、暴落した株式を売却せずに、逆に買い増しして資産配分を堅持してきました。

そのおかげで、株式を安く仕込めたことで、その後の堅調な運用にひと役買っているわけです。

私自身も、リーマン・ショックの時には、積み立てたそばから資金が溶けていくような暴落相場の中で、歯を食いしばって積み立て続け、資産配分が崩れたら機械的に年1回のリバランスを実行してきました。



さて、一方で、重要な懸念事項が指摘されています。今回はここを敷衍していきたいと思います。
願わくばマスコミ諸兄も、公的年金について、運用で損失が出た時ばかり、「私たちの年金が○○兆円の大損!」「消えた年金を調査せよ!」などと張り切って騒ぎ立てるのではなく、上記記事のように、運用が好調な時にも、個人投資家の資産運用に役に立つような情報を取り上げてほしいものです。


ここで思い出されるのは、まさに馬渕治好氏から話を聞いたばかりの、スタイルドリフトの発生懸念です。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


公的年金 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/08(水) 02:41 ]
[ 最終更新:2018/08/08(水) 02:41 ]

次のページ
copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania