FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

確定拠出年金法案が衆議院も可決、完全成立。保険会社&窓販代理店はここが重要なターニングポイントかもしれません。
確定拠出年金法案は、既に参議院で可決されて衆議院に送られていましたが、5月24日の衆議院本会議で可決され成立しました。
これにより、「公務員や3号被保険者・企業型各種年金制度のある2号被保険者など誰でも個人型確定拠出年金に加入」などが実現することになります。

この可決を受けて、早くも専門家の解説記事が書かれていたり、参考書の出版予定がラッシュを迎えていたりするようです。
本日午後1時、抜本的法改正成立!最速で確定拠出年金改正の重要ポイントを解説 (Yahooニュース)




さて、誰でも確定拠出年金に入れるとなると、同時に存在価値が終了してしまいそうな金融商品があります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


保険 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/05/25(水) 02:39 ]
[ 最終更新:2016/05/25(水) 02:52 ]

保険の本質たるレバレッジ機能を生かして不妊保険ができるのかどうか?【金融商品】
不妊保険というのが解禁されるようです。
(というか、今まで殊更に禁止されてたんでしょうか……)

 金融庁は25日、不妊治療の費用を保障する保険商品を4月1日に解禁すると正式に発表した。

 不妊治療の多くは健康保険の適用外で、費用が高額になるケースも多い。今回の解禁は、生命保険会社に不妊治療保険の引き受けを促し、出生率の向上を目指す狙いがある。具体的な商品設計は生保各社が今後検討する。
(時事通信) 


健康保険でカバーされていないものを民間保険で穴埋めする、というのはもっともな発想ではあるのですが、どうやって保険商品として成り立たせられるのかやや疑問です。










続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


保険 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/03/28(月) 02:20 ]
[ 最終更新:2016/03/29(火) 02:09 ]

変額年金よりも確定拠出年金。変額年金よりも確定拠出年金。大事なことなので2度言いました
ZUU ONLINEに頭を抱えたくなるような記事が出ていました。
変額型の個人年金保険、必要なのは投資信託の知識



この記事に関する突っ込みは、以下のツイートで尽くされていると思います。





変額年金の特別勘定というのは、たしかに中身だけ見れば投信のバランスファンド運用と似ているともいえますが、色々と違っています。
過去にも確定拠出年金と比較した文章は書いているのですが(途中で変な方向に行ってるのがなんとも惜しい本)、改めて表にして比較してみましょう。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


保険 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2016/03/20(日) 03:35 ]
[ 最終更新:2016/03/21(月) 23:25 ]

(2015/3/22 23:57追記あり)いいとこ取りになりそうなマネープラン。あれ、これやっちゃうと個人年金保険に入る意味って…?
いっさんのブログにて、あるタレントの方が個人年金保険に加入しているらしいという記事が取り上げられていました。
該当記事 あるアイドルの不安−個人年金保険
重要:リンク先ブログ中、他記事含め刺激的な画像が多々あります。オフィス・学校・交通機関内など他人から画面が覗かれ得る環境下での閲覧には十分御注意下さい。尚、閲覧による問題(画像による不快感、他人からの信用失墜等)につき、当ブログ管理人は一切責任を負いかねます。

当該記事においては、個人年金に加入するプランとインデックスファンドに投資して経済成長率並みのリターンを得るパターンを比較して、後者の方が有利だと結論付けています。
いくつかの仮定をおいた上でのものとはいえ、数値で示されているのでなかなか反論のできにくいところです。
無論というべきか、その議論には私も賛同するところです。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


保険 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/03/22(日) 08:00 ]
[ 最終更新:2016/03/17(木) 01:19 ]

前のページ
copyright © 2021 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania