FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

信じられるか、これで投資家なんだぜ
10月29日から11月3日まで、青森・北海道に旅行に行ってきました。
取りそびれていた夏休みです。

廃止間際のはまなすカーペットに乗車したり

朝ドラの故地を見たり

映画の舞台を見たり

ワイン工場見たり


森林浴や函館本線の山線を堪能したり

建築を堪能したり

飲んだり

飲んだり

飲んだり

飲んだり

あらゆる方向から味わってきました。

味わいつくしたというには程遠いですが……。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


小ネタ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/11/08(日) 01:40 ]
[ 最終更新:2016/03/17(木) 01:53 ]

今年初めてのふるさと納税
ふるさと納税を長野県に行いました。
ふるさと信州寄附金

ふるさと納税は今年に入って初めてです。
今年からは地方税の控除枠が概ね2倍になったこともあり、また前回の記事でも触れたように給与所得が(あまり嬉しくない面もありますが)増えそうなことも相まって、ふるさと納税できる額は増えそうです。
クレジットカードのポイントや決済実績の水増しにもなりますので、色々検討して今後もいくつかふるさと納税を実行しようと思います。

今回のふるさと納税では長野の地域ブランドのワイン3本セットを選択しました。
ワイン系の特典は4つありましたが、うち2つは品切れのようで、危ないところだったようです。

ワインは美味しく飲みたいものです。(いくら権威と影響力のあるカリスマ(この人とかこの人とかこの人のような)が投資対象として力説してみたところで、その本質は変わらんでしょう)
良いワインを作るところに幾許かふるさと納税を通じて利益が行けば良いと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


小ネタ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/05/24(日) 07:30 ]
[ 最終更新:2016/03/17(木) 01:20 ]

rとgと両方加速で一気に大金持ちだ!(錯乱
某弊社では毎月25日が給与支給、前営業日に明細配布です。

今月も土日を挟んだ22日に給与明細が配られました。


…………何この額…………(´Д`;)

業績好調による臨時支給金(今回限りの特殊要因)、定期昇給の4月支給分給与への遡及による調整金(例年5月の特殊要因)、といった事情はありますが、それにしても手取り額が昨年12月の賞与にほぼ匹敵するとは。

4月に休日労働を含む残業が非常に多かったのが効いたようです。
予想はしてましたがここまでとは。

手取が賞与並みってことで、今月末の投信への積立も賞与時の金額に設定変更しておくことにします。

資産形成が捗りそうです……(遠い目)


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


小ネタ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/05/23(土) 16:36 ]
[ 最終更新:2016/03/17(木) 01:20 ]

他山の石としてはこの上ない広告。
なんか面白いリツイートが回ってきました。

まさしく元ツイートの方の仰るとおりとしか言いようがありません(^^;

前にも似たようなのが回ってきてたので掘り返してみました。
多分同じ事務所の広告なんでしょうね。
2つ目のはよく見ると元ツイートは2013年のものですか。RTで回ってきたのは1~2週間くらい前だったのですが、意外と古かったようです。
過払い利息返還ビジネスも気が付いたら結構な歴史を誇るようになってきてたんですね。

利益でもなんでもない(そもそも払う必要のないものが正当に帰ってきたに過ぎない)ものを利益と錯覚する、認知バイアスないしメンタルアカウンティングの実に分かりやすい例でしょう。
といっても、過払い利息の返還金なんてもので描かれるとあまりにも極端な例なので(最低限の真っ当な経済感覚さえあれば)笑えますが、これが投信の特別分配金だとか、保険の無事故お祝い金だとか、確定申告の還付金だとかになってくるとどうでしょうか……
(関連記事)朝三暮四ってどういう意味ですか?

なかなか「キャッシュフロー」と「損益」とを適切に認識するのは難しいものです。
こんな、「もともと手元にあるべき金がなくて、それでも何とか生活できていた」実績があるのであれば、いざ金が戻ってきたのなら↓こういう使い方をするのがいいんじゃないでしょうか。
割引や特売で浮いたお金をどうしていますか
*注:リンク先のサイト内の画像に不快感を催す場合がありますが自己責任で閲覧してください。当該記事自体の画像はたぶん大丈夫ですが他記事は保障しません。

……とはいっても、過払い利息の返還直前まで借金を繰り返すような家計だと恐らく経常収支自体が真っ赤っ赤でとても投資どころの騒ぎではなく、まずは収支の見直しから始めなければならない可能性が高そうですが。(^^;
一旦借金は完済して暫く経ってから過払い金の存在に気が付いたなんていうケースだと、既に投資を始めることが可能になっている可能性もなくはないでしょうか。
(無論、過払い金以外のケースであれば、今すぐにでも投資可能なケースが多いでしょう)


とりあえず、過払い金ビジネスをやってる資格者の方々、顧客の経済的立ち直りの観点からはファイナンシャルプランニングの視点もあったほうがよさそうな気もします。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


小ネタ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/05/07(木) 01:09 ]
[ 最終更新:2016/03/17(木) 02:16 ]

前のページ
copyright © 2021 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania