海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

年金資産が100万円に到達
私の確定拠出年金関連の資産が100万円に到達したようです。

DCbalance2017072801.jpg
7月28日現在、DC口座内の資産残高が825,588円。
これに、26日に引き落とされて残高に未反映の資金が手数料控除後で22,833円あるので、合計は848,421円

これに加えて、所得控除による税額減少分の特定口座での積立があります。
DCへの拠出金が引き落とされるのと同時に、見込みの所得税率を掛けた税額減少相当額分を自動買付に回しています。
DCbalance2017072802.jpg
評価額が164,578円となっていますが、emaxisバランス(8資産均等型)には0.15%の信託財産留保額があり、金額にすると130,068円×0.15%=204円。
更に、評価益に対して20.315%の課税がされるので、それによる調整額が(10,965円-204円)×20.315%=2,186円。
結果、実質的には164,578円-204円-2,186円=162,188円

以上より、合計すると848,421円+162,188円=1,010,609円となります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/30(日) 01:47 ]

SBI個人型DCに「米国株長期投資」のアクティブファンドが登場
SBI証券の個人型DCプランに、更なる新ラインナップ追加のお知らせです。
SBIBS_農林中金米国厳選

7月11日より、農林中金全共連アセットマネジメント<NZAM>の設定する農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドがラインアップに追加となります。

この商品は、米国上場の株式を投資対象とし、(1)付加価値の高い産業 (2)圧倒的な競合優位性 (3)長期的な潮流を備えた「構造的に強靭な企業」に投資します。
なお、売買回転率40%~50%を想定し、長期投資・コスト削減を図るとしています。
信託報酬は年率0.972%(消費税8%込み)です。

※ベンチマーク・参考指数は明記されていませんが、当然S&P500指数あたりと比較されるべきことになるでしょう。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/11(火) 00:49 ]

退職・転職時に確定給付年金のお忘れ物ないように
6月中ごろから7月前半くらいまで賞与シーズンです。
私も7月頭に賞与を受け取ったところです。その過半は、さっそくETFや高配当株式の取得に回ってしまいましたが……。
一瞬とはいえ、預金口座に現金残高が大きく積み上がるのは毎夏冬のことながら壮観なものです。


ところで、もしかすると賞与を貰ったのを区切りに退職・転職という人もあるかもしれません。(別に賞与のタイミングでなくてもいるでしょうが…)
賞与を貰い退職一時金を貰うことは、誰しも忘れないでしょうが、もう一つ忘れてはならないことがある人もいます(全員ではありません)。
それが、DB制度(確定給付企業年金、厚生年金基金)の実施事業所における年金資産です。

DB制度は、法令により、規約により老齢給付金を受給する要件を満たす前に退職した者にも、脱退一時金を給付するよう定められています。
基本的に、長くとも3年勤続していれば脱退一時金の要件は満たします。
それ以下の年数だと、各企業の規約にもよりますが、脱退一時金の支給対象にならない場合もあります。
規約の確認が必要です。


この脱退一時金につき、どのように処遇するかは、各退職者が自分で考える事が必要です。
具体的にどのような処遇方法があるのか、ざっと概観します。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/05(水) 16:50 ]

早くも自然淘汰が始まりそうな確定拠出年金
スルガ銀行が、確定拠出年金の手数料を改定することを予告しています。
 「スルガ確定拠出年金個人型プラン」手数料改定について

2017年10月2日に加入申込の受付がされた人以降、スルガ銀行の取り分となる運営管理機関手数料が月額270円となります。
ただし、それ以前に申込を受け付けられた人については、それ以降も従来通りの手数料で継続されます。既得権は保護されています。


スルガ銀行の個人型確定拠出年金は、従来は(運用商品の信託報酬がやや高めな代わりに)運営管理機関手数料が無料である貴重な運営管理機関として知られていました。
初期の確定拠出年金解説本であった金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術(竹川美奈子)(※現在は改訂版の登場により廃盤)においても、2012年9月時点でのおすすめとして挙げられていた6機関の中に含まれています。

昨年以降、SBI証券が商品の追加により、楽天証券が新規参入により、「手数料無料化可能かつ信託報酬が最安」という条件を兼ね備えるに至ったばかりか、今年になって手数料無料を無条件にすることになったため、スルガ銀行は信託報酬が割高な面の不利が際立つようになってきていました。
そのため、より低コストな運用商品の導入などのてこ入れがあるのかどうか気になっていたところでしたが、結果は「手数料無料というアドバンテージを自ら放棄する」というものになってしまいました。


確定拠出年金の淘汰が早くも始まり、運営管理機関・加入者ともに、今後厳しく試されることになりそうです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/26(月) 04:18 ]

SBI証券個人型DCにスパークスの日本株式ファンド追加
SBI証券の個人型DCラインナップに、5月24日よりスパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド(愛称:対話の力)が追加されます。
SBIBS_スパークス追加

本ファンドは、日本株式のうち割安株を投資対象とし、さらに、「目的を持った対話」により企業価値の向上を図ることによりリターンの獲得を目指しています。

既存ラインナップとの比較


既にSBI証券のラインナップにある日本株アクティブ投信としては、ひふみ年金ジェイリバイブ<DC年金>がありました。

ひふみ年金を含むひふみシリーズは、やはり割安株への投資を基本とした上で、運用報告書にもスチュワードシップコードに基づく対話・議決権行使に関する取り組みについてスペースを割いているなど、方向性としてはかなり類似したものがあります。
ただ、スパークス「対話の力」は、対話が企業価値向上の切っ掛けになるかどうかというのを銘柄選定の基準としており、運用手段(リターン向上)の中核そのものに位置づけている点で、さらに積極的なものといえそうです。

ジェイリバイブは、割安性を組入れ基準の一つとしている点では共通点もある一方、企業価値向上を目的とした対話をどの程度しているのかは「対話の力」やひふみほど明らかではありません(企業を評価する目的でのヒアリング等は積極的に行っているようですが)。
また、「対話の力」はジェイリバイブと異なり特に中小型株に限定しているわけではありません(組入上位には、日経225構成銘柄であるヤマハの名があります)。
そういう意味ではやや色合いを異にしているといってもよさそうです。

ひふみジェイリバイブスパークス
3年間のトータルリターン比較です。(ひふみ・ジェイリバイブともに、DC年金ファンドではなく同シリーズの中で運用期間の長いものを使っています)
この期間ではいずれもTOPIXを上回る成績を収めているようです。
将来もこのように好成績を残せるものか保証の限りでないのは当然ですが、差し当たっては頼もしさを感じさせる選択肢が増えたとは言えそうです。
特に、ひふみシリーズが純資産の急増で運用パフォーマンスへの影響が懸念されたり、一方で外国株に手を出す(日本株ファンドと言えなくなる)可能性が取り沙汰されたりする状況にありますから、運用姿勢に類似性のある日本株アクティブファンドが現れたことは、アクティブファンドユーザーには助かるかもしれません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/05/24(水) 00:49 ]

次のページ
copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania