海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

刊行済みのDC本の中では「一番の初心者」向けか。「ズボラな人のための確定拠出年金入門」
ズボラな人のための確定拠出年金入門(井戸美枝)をやっと読みました。
12月13日の著者セミナーを先に聴講しており、その後更に1ヶ月を経ての購読です。単に私の怠慢です(^^;


この本は、社労士・FPとして活動している筆者が客から受けた質問を元に構成されており、Q&A形式で進んでいきます。
内容的には、最初に「年金制度の全体図」「公的年金は危ないのか?」といった論点から始まり、「確定拠出年金のメリット」「運営管理機関の選び方」「運用の考え方」というごくオーソドックスな流れとなっています。

内容的には、質問ベースであるだけに、全く知識のない人にも伝わるような平易かつ論点を絞った感じになっていると思います。
特に、「年金の世代間格差、給付と支給の比率」「所得控除の構造(源泉徴収票の見方と、控除の仕組をグラフ化して示したもの)」など、要所に利用されている図表が理解を助けます。

また、巻末に様々な類型(独身なのか夫婦なのか、会社員なのか自営なのか扶養なのか)ごとのお勧めポートフォリオがでているのはそれ自体ユニークな試みですし、その解説の中ではその類型の家計が直面するリスクや将来受けられる給付、更に利用可能な他制度の有無(特に、自営業者について、傷病手当金が無いとか国民年金基金を検討すると良いとか)などについての言及もあり、家計分析のプロとしての面目躍如といった感があります。
これだけ解説があれば、自分自身の家族構成に引き寄せてイメージが掴みやすくなるでしょう。

一方で、初心者への提案がバランスファンドである点には読む人によってやや違和感があるかもしれません。口座管理手数料や信託報酬などのコストを重視する発言をしつつ、傾向としては未だ相対的に高コストとなるバランスファンド運用を薦める事が、どこまで正当化できるかです。
また、税制について、「退職所得控除・公的年金等控除」については言及がありますが、一方で「14年前までの退職所得との合算」「公的年金控除は他の制度(基礎年金・厚生年金、DBほか)との合算になる」などの問題点については触れられておらず、いささかメリットを過大に誤認させてしまう恐れなしとしません。
アセットロケーションの考え方(DC内だけでポートフォリオを考えるのではなく、資産全体での最適を考えて各口座に効率の良い割り振りをする)については、お勧めポートフォリオを提案する際に
基本はまず資産全体を見ること。たとえば手元資産が安全資産のみであれば期待リターンの高い商品を確定拠出年金に集中させるのが効果的です。
と軽く触れられているものの、なぜそうすべきなのか(DC内部と外部との割り振り方いかんでどう結果数値に影響するのか)が詳細に説明されておらず、やや弱い印象も否めません。


全体的に見ますと、「基礎知識が本当に真っ白な状態の人」に最小限の最小限をさらっと理解させるには良い本かな、という感じです。
初心者向けの基本書としては竹川美奈子さんの「一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門」が十分平易だと思いますが、それすら読むのが覚束ないほど知識が心許ない人、あるいは最重要ポイントにだけ絞り込んでスピーディーに理解したい人には本書という選択肢もあるのかな、と思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/22(日) 02:03 ]

「ホンネでズバッと」斬れる、経済学的思考の威力
仕事とお金で迷っている私をホンネでズバッと斬ってください(山崎元)を読みました。

本書は、経済評論家として活躍されている山崎元氏が、web上にて行なった人生相談の内容を書籍にまとめたものです。
相談の内容は、一発目が「コストを掛けてカツラを使おうかどうしようか」というのでいきなり微笑を誘われますが、その後は就職・転職・働き方から、上司や部下との人間関係、夫婦・嫁姑など家族間の問題など多岐に亘ります。

一貫して感じられるのは、経済学的視点によるアプローチです。
経済学といっても、無論、金儲けという視点に限られているのではなく、最終目標を仮定した上で、「相談者自身の労力をどう投入していくのが効率的か」「他の関係者はどういう思惑があり、どう出てくる可能性があるか」「解決までの過程でどのようなリスクが発生しそうか」といった点を緻密に分析しつつ、「コストパフォーマンスが合理的」かつ「結末が望ましい」という解決を模索しています。
合理的といっても無機的なものではなく、時には相談者の感情面の満足にも配慮しており、金銭など物的な側面ばかりでなくQOLを重視したものと言えます。

目標・プロセス・リスクがかなり明確に論理化されているので、読んでいて実に納得感の高い回答に仕上がっているように感じられます。
考えてみれば、経済学というのが基本的には「合理的主体による」果実の効率的な生産・分配(場合により奪い合い)といった活動に関する思考を試みる学問ですから、複数の関係者が絡む悩み事の解決に関して取るべき行動を考察する上では(効率的な解決を志向する限り)どうしても経済学寄りになるのです。


いわゆる山崎節も全編に亘って健在です。
例えば、「出世頭である女性管理職が、部下のおじさんたちに女性だからという事で陰口を叩かれている」という事案で「その程度の中途半端な陰口を叩くくらいしかできないから出世が遅れているのだろう」「既に人物評価としては大差で勝負がついているはずである」などと切って捨てる。
あるいは、「女性だからといって昇進した不出来な上司がいる」という相談で「人事の失敗作ということも往々にしてある」などと指摘する。きわめて痛快です。
いずれの相談も、「敵に回して潰しにかかるという選択肢もあるが、仕事上の不利益を蒙る展開になる場合もある」「相手が無能なら、むしろサービス提供先であるクライアントのように遇すれば自分の評価も上がって良いのではないか」などという指摘になっているのも興味深い(敵対によるリスクの大きさ、融和による効果の大きさを考慮した、経済合理性の高い回答です)。


ネット上でお付き合いさせていただいている友人知人たちの中にも、「自分の直面することになる可能性があるリスクを(仮定的なものに過ぎない段階であっても)事前に予想して手を打っておく」「将来への投資と見込めるものを見極め、コそこにはストの投入を惜しまない」「正論な主張がありつつも、色々反発に注意した気配り」などと、戦略的・経済的な思考を持って行動している人も結構います。(煩雑にわたるので、誰の何がどうとまでは挙げません)
そういう人たちは、たいていが職場や私生活などでも優秀な活躍を見せていることが伺われることも多く、人間的にも実に尊敬に値するもので、なるほど経済学的思考というのは人を成長させるものだと思わされます。(そういう人たちこそ応援する気にもなり見習いたくもなるというものです)
本書を読んで、改めてなぜこういう人たちに親近感を覚えるのかを感じさせられました。


合理性に富んだ思考でもって、人生の課題を解決する。
そのための考え方を学ぶ教科書として、本書は最適だと思います。


ヽ(´ー`)ノ。oO(一番最後にあった、バーでの振る舞いとかシングルモルトウイスキー談義とかが、個人的にはとっても有益だったかなぁ……いや、この感想は黙っておこう)


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/23(金) 02:35 ]

文庫でこれは反則レベル。「はじめての確定拠出年金」
はじめての確定拠出年金を読みました。
正確には、10月頃の刊行間もない頃に読んでいたのですが、例によって記事にするのが遅れていました(^^;

本書の筆者である田村正之氏は、日経新聞の記者として投資・金融関連の記事の極めて質の高いものを執筆されることで有名な方です。
本書では、その筆力と知見をふんだんに生かし、文庫本でありながら極めて密度の高い情報が盛り込まれています。

まず第1章では、公的年金制度の全体像及び公的年金の制度改正についての解説がなされています。
公的年金制度については、年金の支給見込み額についての説明もさることながら、より注目すべきことに、「DCと公的年金を組み合わせることでより有利な終身年金が作れる」というスキームが紹介されています。
すなわち、DCを先に受給することで公的年金の受給を遅らせることができ(繰下支給制度の利用)、これによって公的年金の額が増加する上にそれが終身かつインフレ連動の形で継続する(公的年金の終身支給、物価スライド制度の活用)ということです。
繰下支給による年金増額はあまり知られていないところでしょうし、終身やインフレ連動というのも通常は意識されることが少ないでしょうから、そういう細かいが重要な知見を活用した提案は貴重なものと感じられます。

第2章では、優遇税制に関する話。
運用益非課税の点に関連して、「受給開始を遅らせることで有利な条件の口座内での運用を70歳まで継続する」というスキーム、掛金所得控除の点に関連して「減税効果は国税は年末調整の一部分、地方税は特別徴収の減額という形で現れるので、意識せず消費してしまいやすい」「したがって、意図的に別口座に相当額を貯めておく等の仕組み作りが重要」という指摘がなされています。

第3章は口座を開設する金融機関選び、第4章は資産運用の鉄則(長期分散投資、リバランス等)。
いずれもインデックス投資家には親しみのある内容です。

第5章以降は特に白眉になっています。
第5章は受け取り方に関する問題で、「退職所得控除は他の退職一時金と、公的年金控除は他の年金制度と同じ枠内で処理されることになるので、意外に大きな税負担が生じる場合がある」という落とし穴について注意喚起がなされています。
他方で、「そのような仕組みだから実は全く有利ではない」という説に関しては、「現役時の所得が高ければ退職後の所得j課税になることで税率が下がるはず」「現役時の所得が低ければ控除の枠に余裕があるはず」という推論を前提に、やはり幾許かは有利であるはずだと結論付けています。
控除があるから有利だ有利だという説が否定されることにより、不利だ不利だと逆方向に突っ走りたくなるのが人情ですが、どちらの極端にも与せずに「どの程度の有利さなのか」を冷静に示している、貴重な解説です。

第6章は企業型DCという、他のDC本であまり正面から触れられていなかった分野です。
現状で企業型加入者の平均利回り実績が著しく低いこと、その背景が元本確保型商品への集中にあり企業によってはこの対策としてバランスファンドをデフォルトに設定する事例があること、更に選択制DCにまで話が及びます。
選択制DCについては、「従業員にとっては給与収入に該当しないことから税や社会保険料を抑えられる一方、将来の厚生年金も下がる場合がある」「企業にとっては経費を増やすことなく年金制度が作れる一方、厚生年金が減ったことにより責任を追及される恐れがある」という、双方のメリット・デメリットを解説しています。ここまで分析した説明は一般向けにはあまり目にしません。

第7章は将来の更なる制度改良への提言です。
特に、海外制度の紹介・比較が分かりやすく、何がどう変わればより有利になるかイメージしやすくなっています。


全体を通して、良い意味で「やはり新聞記者の本だ」という印象です。
それは、一つには現場取材による情報が充実しているということで、個人型DCに加入しようとする人の相談事例、企業型DCを運営している企業や従業員に個人向けDCを紹介している企業の取り組みなど、実際に動いている人の声が聞こえることでイメージがつきやすくなっています。
また、個人型DCで労働金庫が新プラン導入を計画していることなど、まだ一般に詳しい情報が出ていないはずの話(最近、モーニングスターに関連記事は出ています)もあり、このあたりはさすが日経新聞の取材力だと思わされます。

また、本文の各所に、さらなる制度改正をすべき問題点や、加入者・導入企業など当事者が心がけたり改めたりするべき点などの提言が散りばめられており、筆者の問題意識の強さもうかがい知れます。


文庫本一冊でこれだけの内容が詰め込まれれば、さぞ難解になりそうですが、まったくそのようなこともなく平易そのものです。
情報量、読みやすさ、将来に向けての問題意識、どれをとっても不十分な点が見当たらず、DCの入門に1冊だけ読むとしたらあるいはこの本でよいかもしれません。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/13(火) 03:35 ]

「お金」の考え方をハッキリ答えてくれる本
そこ、ハッキリ答えてください! 「お金」の考え方 このままでいいのか心配です。(山崎元、岩城みずほ)を読みました。

この本は、言わずと知れた経済評論家山崎元氏と、FPの岩城みずほ氏が対談形式で人生上のお金に関する諸問題を討議するものです。


本を開いてみますと、いきなり<恋愛のバブル>なるものがどうだとか「彼は、モテない男の典型です」などと言い出しており、挙句に「女性側から計算する『恋の確率』と『いい男の条件10か条』 男性側から計算する『恋の確率』と『いい女の条件10か条』」などというコラムが現れるありさまで、「えーっと、買う本間違えてなかったよなぁ……」などと面食らわされますが、大丈夫です。お手元の本は確かに、そこ、ハッキリ答えてください! 「お金」の考え方 このままでいいのか心配です。」です。
(いきなりこのような話題が出てくるのも、夫婦間・恋人間でお金に関する価値観を揃えたり管理方法をよく考える事が重要という文脈によるもので、やむを得ない仕儀ではあります)

基本的に本書の題材は、岩城氏のFP事務所の顧客の事例ということなのでしょうか、かなり具体性に富み、「おお、いつ似たような事案が身近に起こるかも」というようなものも少なからずあります。また、相談事例になるほどですから大抵はどこかしらに問題が含まれている(端的に「失敗事例」と評すべき事案もある)わけで、注意すべき点・備えておくべき点についての心の準備をする上では有益でしょう。
テーマとしても、「お金に関する価値観」「家計管理」「保険、年金」「退職金の運用」「積立投資」「社債」「不動産投資」「転職、キャリアデザイン」「教育費、奨学金」等々、まず生活していくうえでぶつかりそうなお金に関する問題はかなりの部分カバーされているといっていいでしょう。


山崎節の切れ味は普段と変わらず、どころか普段以上にきっぱりと切るところは切り端的に説くところは説く調子は貫かれており、岩城氏のほうも女性視点やFP視点(顧客や業者の振る舞いの傾向の指摘など)においてかなり鋭い指摘を重ねているので、結果的に書かれている内容がわかりにくいなどということはまずなかろうと思われ、タイトルの通り「お金の考え方がハッキリ教えられる」本になっていると思います。


本書を題材に、オフィスバトン及びサムライズプロジェクト共催にてトークセッションが行われることになっていますが、こちらの内容にも期待が持てそうです。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/10/28(金) 01:58 ]

個人型確定拠出年金の最初の一冊
竹川美奈子氏の一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門を読みました。

本書は、2013年に出版された金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術の実質的な改訂版で、今年の法改正や取扱商品の変化・運営管理機関の新規参入などを織り込んだものとなっています。
尚、旧版の方はもう販売を止めたようで、amazonでも中古のみの取扱となっています。

概観


本書は、老後資金の準備とか資産運用についての知見がなかった人に向けて個人型DCに特化して解説をした入門書です。
特に、税金の控除に関しての仕組みの説明には、旧版に引き続き(あるいは、それ以上に)図表を使いつつ理屈がわかりやすく説かれています。
また、
ここで大切なのは還付された所得税や安くなった分の住民税のお金を使ってしまわないことです。確定拠出年金は掛金を払うときにはこうした節税効果があったり、運用益が非課税になったりしてすばらしいのですが、運用してきたお金を受け取るときには課税されるケースもあるからです。そのため、戻ってきたお金を、NISA口座などを活用し投資に回していくことをおすすめします。そうすることで、金融資産をより大きく育てることができます。
という指摘がなされています。「拠出に応じて税金が安くなるよ、万歳」で終わってしまう解説記事も世の中に多い中、このようにせっかくの税メリットを更に再投資で増やしていくことまで踏み込んで説くのは極めて重要なことだったと思います。税金軽減分をすぐに費消してしまうようでは毎月分配投信の分配金を小遣い代わりにしてしまうようなもので、やはりできる限り再投資して複利効果を最大限享受するのが本筋というものでしょう。

また、本書では旧版であまり触れられていなかった受給時の注意事項についても詳しく触れられています。
一時金で受け取るときには退職所得控除枠が(一定間隔を空けないと)退職一時金などと共有されるため、場合によっては税務メリットが小さくなる可能性があるという点について書籍の中できちんと解説されているのは数少なく、ここだけでも価値があるといえます。
そして、「『自分にとっての』全体最適を考える」として、自分自身の公的年金や勤務先からの一時金・年金、将来のライフプラン(再就職・独立など)を把握・整理した上で、自ら最適解を模索していくことを提唱しています。
すぐに答えを求める向きには不満かもしれませんが、そもそもが資産形成に関する自助努力によるマネジメントを求める制度ですし、受けられる諸給付の種類も金額も、財政状態も、生活スタイルも各自の過去の状況と今後の選択により異なるのですから、この程度は自分で責任を持ってプランニングしないと始まりません。
その意味で、「『自分にとっての』全体最適」というのは当然の指摘と言えます。
幸いにして、プランニングに際して使える整理シートの類もいくつか例示されていますから、困ることはないでしょう。

本書は、制度を知らなかった全くの初心者に向けて書かれたものではありますが、一読することによって最終的には読者に各種保障の把握や税制の理解などを迫り、フィナンシャルプランニングの必要性を自覚させ、一端の経済人に成長させるものといえそうです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/10/17(月) 01:38 ]

次のページ
copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania