アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

「ズボラ投資」。ズボラには作られてない、必要十分な知識量の入門書
毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資(吊ら男)を読みました。

本書は、吊られた男の投資ブログで御馴染みの吊ら男氏が執筆したインデックス投資の入門書です。

本書では、相場の変動や経済情勢などに神経を尖らせたりする事無く、短期に大きな収益を上げることを目論むのでもなく、あまり投資のことを意識せずにいながら長期的に資産形成をするといったスタンスを「ズボラ投資」と称し、その理屈を平易に解説しています。
「自分が寝ていても(投資資産をほったらかしていても)世界の企業が働いていることによって投資収益がもたらされる」というところから、枠外にしばしば「布団の中で寝ている人が一言解説している」挿絵があり、その格好自体が投資スタイルをよくイメージしやすくしています。


本書は5章構成。
最初の2章では、「インデックス投資とは何か」「何故ズボラ投資ではインデックス投資推奨なのか」を説きます。
インデックス投資の特性が、ズボラ投資に要求される「長期」「分散」「低コスト」の3要件を満たしていることを説明しており(その理論は書籍本編にて!)、誘導として納得しやすくなっています。
また短期的な損失を受け入れざるを得ないことを説明したことを踏まえて投資に回す資金の限度額の決め方を解説する点は、リスク許容度の考え方を十分に噛み砕いて伝えられているものと思います。

第3章では、ズボラ投資(インデックス投)の有利性についての説明。
「アクティブ投資など『努力する投資』と比べてズボラ投資が有利になる理由」と、「そもそもズボラ投資そのものが長期的に利益になる可能性が高い理由」に分けて論じています。
相対的有利性(他の投資法との比較)と絶対的有利性(そもそもプラスになる)の両面を論証していることで、投資手法としての強靭さは理解できるでしょう。
また、「長期的に利益になる(絶対的有利性)」前提として、ダウやMCSIワールドなどの指数を見せ、「特定地域に限定せず全世界に投資すること」という、ズボラ投資の要件である分散投資の前提を再確認していることも重要です。

第4章では投資詐欺やボッタクリ商品の事例解説、第5章は節約方法(保険や通信費の見直し、節税制度の紹介など)となっています。
より有利な条件で投資を行うためのTipsと言っていいでしょう(ダメ商品による不利益回避、節約・節税による原資増加、節税による資産形成加速など)


誤解する人がいるかもしれませんが、本書はタイトルで「1000万増やす」と言い、前書きで「10年間で1200万円の利益」と言っていますが、そのような数字は必ずしも本書の本質に照らして重要な意味を持つものではないと私は理解しています。
それよりも、最小限の労力で、QOLへの影響を最小限にして「誰でも、寝ていても」できる合理的な投資法があるということを知らしめているのが本質です。
1200万円云々というのは特定の投資期間、特定の資金投入規模で結果的にそうなったというに過ぎず、他の人がこの数字を目指す意味があるわけではありません。そうではなく、「高々これだけの手間で経済成長並みの資産形成ができる。難しいものじゃありません」というものです。

本書は、「効率的フロンティアはぶっちゃけ気にしなくていい」「僅かな信託報酬の差は気にしなくていい(そのために悩むほうが損)」など、かなり簡略化してより誰でも受け入れやすいようにしています。
それだけに、初心者にとってはより理解・実践のハードルを下げるものとなっているといえます。
一方、熟練者にとっては簡略さゆえに物足りないものもあるかもしれませんが、それだけに、かえって何かの折に初心に帰ろうとする折には思い出すべき原点として過不足なく手ごろではないでしょうか。

初心者に受け入れられる程度の簡略化と、正確性を損ねない程度の緻密さ維持とのバランスをとっており、投資法はズボラでも書籍としてはズボラでも何でもなく十分に意を用いているといえます。
初心者への導入用、熟練者には基本を思い出す用として、まず必要十分な質量の入門書と思います。


 「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」がいよいよ発売 (吊られた男の投資ブログ)




にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/16(日) 01:39 ]

ズボラでも投資はできますし、資産管理全体の基礎知識も得られます
ズボラでも「投資」って、できますか?~元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法 (高橋忠寛)を読みました。


本書の著者は、銀行にて法人営業や富裕層向け営業を経験した後に独立して、「販売には関わらない立場」で金融商品のアドバイスをする事務所を立ち上げているという方です。
現在の立場は岩城みずほ氏や後田享氏に近いものになるでしょうか。

本書は、「ズボラな人」である相談者が高橋氏に相談に行き、資産形成・資産管理に関する教えを受ける体裁となっており、会話形式で話が進みます。
相談者は、
・35歳男性、子供一人
・世帯年収(夫婦合計)800万円
・月3万円貯金・残高累計200万円(いずれも見栄を張った数字)
・投資経験なし
という、実にどこにでもいそうなありふれた人物です(貯蓄に関する数字がその場で鯖を読んだものというのもなかなか卑近な感じを受けさせます)。
こういう人物(当然、事前の金融リテラシーは大して高くない)を会話相手として設定しているのですから、話す内容も当然基礎の基礎から、過度に高度な議論にわたらぬものになっています。まさしく「簡にして要を得た」といった仕上がりになっています。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/13(木) 02:33 ]

「人生にお金はいくら必要か」は金融教育の教科書として是非使いたい
「人生にお金はいくら必要か―超シンプルな人生設計の基本公式」(山崎元・岩城みずほ)を読みました。

本書は、日常の家計管理・資産形成術・長期プランニングまで網羅したものとなっており、「金融教育のための教科書として一冊でOKといえるものを挙げろ」と問われたらその候補に挙げてよいものだと思います。


本書はプロローグとエピローグを除き3章構成になっています。
各章ともに、既存の刊行物あるいは筆者の活動などのエッセンスが纏まったものになっています。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/09(金) 01:39 ]

「投資の鉄人」のアドバイスは軸を確立させるための基礎教養
投信の鉄人(馬渕治好・岡本和久・竹川美奈子・大江英樹)を読みました。

本書は、昨年夏に実施された「惑わされない資産運用」と題するセミナーの講演内容を元にした書籍です。
なお、セミナー後に生じている話題(トランプ相場など)にも触れるなど、アップデートされている箇所もあるようです。論旨そのものはまったく揺らいでおらず、純粋に情報・考察の追加です。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/04/23(日) 03:45 ]

新社会人に向けて書籍紹介
4月に入ってから1週間が過ぎ、新社会人の方々もそろそろ職場に配属される頃かもしれません(入社当日即配属だったり、1ヶ月くらい研修期間を取った後の配属だったりする会社もあろうとは思いますが)。


社会的にはいよいよ企業の一員として相応の責任ある立場を占めることとなり、個人としては自分の給与収入をもって自分の生活コストを賄いマネジメントしていく必要が出てくることになるなど、生活の様々な面で大きな変化が出てくるかと思います。

そこで、その変化に対応するための一助になりうるような書籍をいくつか紹介したいと思います。
何といっても、まだそこまで忙しくなるとも思えませんから、今の内に(全部とは言いません。この中の何冊かでよいでしょう)読み込んでおいて損はないと思います。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/04/10(月) 02:43 ]

次のページ
copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania