アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

emaxis slimが米国株式に参入
emaxis slimシリーズから、米国株インデックスファンドが登場します。
『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の設定について

詳細を確認します。

名称ベンチマーク信託報酬従来(予定確定済み)の最安値
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)S&P5000.1728%iFree(0.243%)
※最安値更新
※参考:楽天バンガード全米株式(CRSP USトータルマーケットインデックス)0.1696 % 消費税除き同等


設定日は2018年7月3日、販売会社には楽天証券とSBI証券の名があります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/06/15(金) 13:19 ]
[ 最終更新:2018/06/15(金) 13:19 ]

emaxis slim 3地域均等型の特設サイト設置。特殊な組み合わせのファンドだけに、狙いを伝えようとする試みは重要
emaxis slimのサイトの中に、全世界株式(3資産均等型)の特設ページが作成されています。
これは、3月に実施されたブロガーミーティングにて登壇者が話していた内容をまとめたものです。

「なぜ3地域均等型が有用なのか」という点に対し、
 ・円ベースでのインフレ率のヘッジとして日本株重視という視点
 ・過去に実績が良かったという点
 ・リスクとリターンの関係が良さそうだという点
等の視点から説明がなされています。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/05/19(土) 02:23 ]
[ 最終更新:2018/05/19(土) 02:23 ]

emaxis slimを更に凌ぐ低コストインデックスファンドシリーズを準備中!?
そういえば、先日のブロガーミーティングで小耳に挟んだ話で、さすがに驚愕を禁じ得ない話題がありました。
あまりにも衝撃的過ぎたので、脳から記憶が飛んでしまったのかレポートにも書き漏らす有様、誠に申し訳ありません。
ブロガーとしての不甲斐なさをお詫び申し上げるとともに、改めて報じさせていただきます。

なんと、emaxis slimシリーズより更に低水準な信託報酬を追求するインデックスファンドシリーズを準備中だというのです!
名付けてemaxis skinny(イーマクシス スキニー)!

emaxis slimは、「国内の公募投信の最低水準に追随する」ということを標榜しているファンドでした。
では今度登場する予定のemaxis skinnyは何をするかというと、低コストファンドの本場、アメリカのETFの最安水準に追随するというのです。
アメリカの最低水準に並ぶとなればまさに世界一安いファンドになるに相違ありません。日本一安いでは飽き足らず、世界レベルにまで乗り出すとは、その心意気にはほとほと感じ入るほかありません。
もちろん、世界一の低コストとなれば我々投資家にとっては世界一利益が増大することに他なりませんから、これほどの吉報はありません。

まず一本目として準備中のファンド、「emaxis skinny 先進国株式インデックス」は、MSCIコクサイを連動指数とし、信託報酬0.04%(税抜き)という水準を予定しているそうです。これは、SPDRポートフォリオ先進国株式【SPDW】の経費率に揃えてきた数値です。
ステートストリートの取締役が日本国内でのETF取扱拡大を明言したことがありましたが、それに先んじて同水準の国内投信が登場することになり、いきなり痛烈な先制パンチとなりそうです。もとより、これを機に国境を越えて熾烈な争いが勃発してその果実が投資家に落ちることになれば、これほど重畳極まりない話はありません。

さすがにここまで低信託報酬になると、扱ってくれる販売会社を探して色々調整するのも(slimとも比較にならないくらい)大変だそうで、登場するまでかなり時間がかかるかもしれないらしいですが、それにしても、これは首を長くして待つだけの価値はありそうです。


それにしても、こんなに安くなるとさすがに気になります。訊いてみました。
「slimでさえ、印刷物を発行しない・人件費のかからないネット専売などと極限までコストを削って、なお採算度外視なんでしょう? それ以上に安くしちゃって、やっていけます?」
そうすると、驚くべきからくりが明かされました。

重要な続報があります。必ずご覧ください。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/01(日) 00:00 ]
[ 最終更新:2018/04/01(日) 16:35 ]

emaxis slimシリーズが直販!?
emaxis slimシリーズが信託約款を変更しました。
今回の約款変更は、なんと、運用会社による直販を可能とするものです。

「eMAXIS Slim」約款変更のお知らせ

平成30年度中にemaxis slimシリーズのファンドを対象にネット直販を予定しているそうです。
なお、列記されているファンドの中に、全世界株式(除く日本)全世界株式(3地域均等型)の名がありませんが、殊更にこれらだけを除け者にする理由があるとも思えませんから、単純にこの2ファンドはまだ設定手続き中だからというだけでしょう。運用開始次第、同様の約款改正がされるのではないかと思います。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/03/20(火) 03:09 ]
[ 最終更新:2018/03/20(火) 03:09 ]

emaxis slim 8資産均等が大幅に信託報酬引き下げ。「安定型」に合わせてきた!
emaxis slimバランス(8資産均等型)が、4月11日より信託報酬の引き下げを実施します。
業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

名称ベンチマーク信託報酬(改定後)従来(予定判明済み)の最安ファンド
emaxis slimバランス(8資産均等型)8資産均等の合成ベンチマーク0.1728%自身(0.22572%)
※最安値更新

※8資産均等ベンチマーク:以下を8分の1ずつ
 TOPIX
 MSCIコクサイ
 MSCIエマージング
 NOMURA-BPI総合
 FTSE世界国債(除く日本) ※旧「シティ世界国債(除く日本)
 JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)
 東証リート指数
 S&P先進国リート指数(除く日本)

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/16(金) 18:52 ]
[ 最終更新:2018/03/16(金) 18:52 ]

次のページ
copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania