海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

emaxis slim新興国株式の登場は、他クラスとは異なって新興国株式の価格競争を否応なしに加速させる?
当ブログでも既報のemaxis slim新興国株式インデックスの登場の意義について。

もともと、emaxis slimインデックスシリーズというのは、シリーズ登場時のプレスリリースによれば、
、他社類似ファンドの運用コストに注意を払い、機動的に信託報酬を引き下げることによって、今も、そしてこれからも業界最低水準を目指し続ける
というものです。
そして、他社類似ファンドとは何かというと、同じプレスリリースによれば
※対象範囲:ETF・DCを除く公募追加型株式投信を Fundmark の分類を参考に三菱 UFJ 国際投信で集計。
となっています。

つまり、Fundmarkにて同じ分類でさえあれば、連動指数が何であるかは問題にならない(もっと言えば、ファンドオブファンズであろうがアクティブであろうが比較対象になりえる)ということです。

実際に、emaxis slimバランス(8資産均等型)は、信託報酬をiFree8資産バランスと同率に揃えてきていました。
これは、iFree8資産バランスがFundmarkの分類でいう「海外ハイブリッド-バランス-株式組入中位(F)」という分類の中で最安だったためにそれに合わせたということに他なりません。
iFree8資産バランスは新興国株式がFTSE RAFI エマージング指数ですが、特にそのような部分での違いは問題にしていないであろうことが分かります。

同様に、今回の新興国株式でも、「海外株式-エマージング-エマージング(F)」という分類の中で最安だったiFree新興国株式に合わせたに過ぎないと考えられます。
「今までの資産クラスと違って今回は自ら業界最安値を切り開いた!」とまで言うのは些か言い過ぎで、既存最安値に合わせるという意味では今までと同じです。
ただ、連動指数が既存最安値は異色のFTSE RAFIで今度出すのがメジャーなMSCIエマージングだったということから目立つことになり、事実上は投資家に与える影響は大きいですが、それだけのことです。特に運用会社の企画の姿勢が根本的に変化しているわけではありません。


とはいえ、今回は、三菱UFJ国際投信の意思によらず別の要因から、競争が今後激しくならざるを得なくなる可能性があります。
それを引き起こす刺客になる可能性があるのがexe-i新興国株式ファンドです。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/16(日) 19:01 ]

emaxis slimにて新興国株式インデックスファンドの最安値更新
emaxis slimインデックスシリーズにて、新たに新興国株式のインデックスファンドが登場する模様です。
 emaxis slim新興国株式インデックス (EDINET)

7月31日より運用開始。
取扱販売会社はSBI、楽天、マネックス、カブドットコムの4社揃い踏みです(SBIは8月2日、カブドットコムは7日から)。


注目の信託報酬は0.3672%。
新興国株式クラスではFoETF(ファンドオブETFs)形式で参考指数FTSEエマージングのexe-iが0.3794%、スマートベータ指数のFTSE RAFE連動のiFreeが0.3672%という事例はあったものの、通常のMSCIエマージング連動はたわらノーロードの0.5346%が最安でした。
今回のemaxis slimは、一挙にMSCIエマージング連動インデックスファンドの最安値を塗り替え、新興国株式全体でもiFreeに肩を並べています。

先進国がMSCI・新興国がFTSEというような泣き別れの構成になると、構成国の食い違いから網羅性に難が出ます。ましてや、スマートベータ指数になると運用手法の違いやそれに由来するコスト増にも悩まされる虞があります。
その意味で、MSCIエマージングでのコストの一段の引き下げはexe-iやiFreeの存在に関わらず望まれていました。

「業界最低水準を目指す」と謳い登場したemaxis slim。
登場当初は、「コスト引下げを止めるか」と危惧され批判も浴びたところでしたが、少なくとも今回の新興国株式ファンド投入は、そのコンセプトに恥じないものといえそうです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/14(金) 12:59 ]

emaxisの最安は新規ファンドで。ここで新しいファンドに対応できるかどうか、販売会社も投資かも試される
emaxis「常に業界最安」へにて取り上げたemaxisのコスト引き下げにつき、2月10日付で三菱UFJ国際投信からリリースが出ました。

  『eMAXIS Slim 国内株式インデックス』『eMAXIS Slim 国内債券インデックス』『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』『eMAXIS Slim 先進国債券インデックス』募集・設定について
  インデックスファンド『eMAXISシリーズ』に、業界最低水準の運用コストをめざす新たな仲間、『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』を追加[248KB]


事前の情報では、既存のemaxisのファンドの信託報酬を改定するイメージでしたが、結局は新ファンドの設立という形でした。
信託報酬が相対的に高コストな従来のemaxisと、最低水準に連動するemaxis slimとが並存することになります。
従来のemaxisの保有者は、高コストに甘んじて保有を続けるのか、課税を甘受して売却・買い替えをするのか、選択を迫られることになります。

現段階では、emaxis slimの販売会社は主要ネット証券に限られています。
今後他の販売会社への広がりがあるのかどうか、という点に注目が移ることになりますが、ここで扱いを開始するかどうかで販売会社は真価を問われることになりそうです。
なにしろ、emaxisもemaxis slimも全く同じマザーファンドにほぼ全額投資するわけですから、運用の品質そのものは全く変わりようがありません。
変わりがあるのは、ひとえに運用会社・販売会社・信託銀行に落ちる費用、その裏返しである投資家の利益の悪化度合い。ただそれだけです。
ここで、あえて高コストなemaxisだけを取り扱うというのであれば、それはまさに「手数料収入の獲得を重視するあまり」投資家の利益を二の次にした販売活動をするものであり、「高い手数料を支払っていては、満足のいく投資リターンは期待できません。」という危惧を現実化させるものです。現在の金融庁長官の考える問題意識に真っ向から反する態度ということになるでしょう。

一方で、投資家の側も、(紛らわしくて困りますが)emaxisではなくemaxis slimの方を取り扱っている販売会社を選び、間違えないように買い注文を出す必要があります。
信託報酬分、確実にemaxisは不利なわけですから、あえてemaxisを選ぶのは確実に自分自身の資産運用の失敗として返ってくるわけですし、またそのような不利な商品しか取り扱わない販売会社を相手にするのではなく、投資家に有利な商品を扱う販売会社で有利な商品を購入することが、投資家にとって有利な商品を定着させる道であるのは当然です。

その意味で、今回の動きは、販売会社・投資家ともに厳しい課題を投げかけられる話になったといえます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/02/11(土) 02:57 ]

emaxis「常に業界最安」へ
日本経済新聞の報道によりますと、emaxisインデックスシリーズのうち4本が「業界最低水準」「ライバル各社が対抗して手数料を下げても、連動して「常に最低」」となるそうです。
 三菱UFJ国際投信、投信手数料「常に業界最低」に

なお、これは公式発表より先に報道が出た形ですが、三菱UFJ国際投信からのプレスリリースでは
弊社から提供した情報ではございません。正式な情報は後日プレスリリースにてお知らせ致します。
となっており、内容そのものに否定的なニュアンスはありません。どうも、まるっきりの出任せというわけでもなさそうです。


周知の通り、emaxisシリーズはSMTシリーズ・Funds-iシリーズとともに低コストインデックスファンドの初期の開拓を担ってきましたが、2013年末のニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズの登場により一挙にコストの数値が0.1%、0.2%、あるいはもっと差をつけられる劣勢に立たされ、常に鼎の軽重を問われ続けてきました。
投信ブロガーが選ぶFund of the Yearの入賞状況を見ても、2009年から2012年まではベスト3以内にファンドを送り込んでおり、2013年から2015年も新興国株式または8資産均等型がベスト10には入賞していたのに、2016年ではとうとうベスト10からも陥落の憂き目を見てしまいました。ここからも凋落振り、見放されぶりが見て取れます。

それが、ここへ来て一挙に「業界最安値」です。
日経新聞の記事中では、
今年から個人型確定拠出年金の加入対象が広がり、18年には積み立て型の少額投資非課税制度(NISA)が始まる。長期投資ではわずかな手数料が収益に響きやすい。運用方針や実績など、投信の差が一段と鮮明になりそうだ。
と書かれています。これは執筆した記者の認識なのか、三菱UFJ国際投信の認識なのか不分明ですが、仮に後者だとしたら……
emaxisが陥落した2016年のFund of the Yearでは、森金融庁長官が「手数料収入を重視する金融機関」を非難し「投資家自身が投資信託の質の向上に向けた取り組みを進めていく」ことへの賛意を示すコメントが出されています。三菱UFJ国際投信側も、落選の事実と金融庁のメッセージにいよいよもって危機感を真剣に抱いた、というのは全くありえないでしょうか。

いずれにせよ、いよいよ巻き返しに向けコスト競争に本気を出してくれるのであれば、基本的に朗報といってよさそうです。
ただ、気がかりな点も無いではありません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/02/09(木) 03:08 ]

emaxisの地域別リートインデックスファンドに期待できそうな役割
三菱UFJ国際投信のemaxisシリーズに、米国リート・欧州リート・豪州リートの3本が追加されることが発表されました。
同シリーズとしては日本以外における地域別リートは初登場となります。
『eMAXIS 米国リートインデックス』『eMAXIS 欧州リートインデックス』『eMAXIS 豪州リートインデックス』募集・設定について

既につばささんが記事にされています。
「eMAXISシリーズ」から米国・欧州・豪州リートのインデックスファンドが登場! (コツコツ投資日記)

個人的には購入する気はないけど、使いようによっては面白くはあるかな?


せっかく登場したファンドですが、正直言ってなかなか使いこなす自信はなく、個人的には当面購入はないと思います。
というのも、リートは現地の経済活動の活発さのほか、不動産需給(例えば経済は成長しているのだがそれ以上に建物が建ちすぎて余っている、とかだと好況なのに値下がりするという場合も無くはないでしょう)や金利といった要素が複雑に絡み合っているので、特定の地域に特化して投資してしまうと不確実性を高めてしまうような気がするためです。
リート自体には投資はしますが、そこは先進国全体とか新興国全体とかの形にしたいと思っています。(現実には商品ラインナップの関係で「日本+日本除く先進国」とかになりますが)

ただ、「土地建物に由来する経済活動の成果を取る=実際に活動が行われている地域での経済活動を享受する」という意味では、「そこに本拠地のある企業による経済活動の成果を取る」株式とは異なった成果分布をする面がありそうです。
例えば、日本に本社をおく企業の営業成績は株式レベルにおいては当然日本株に寄与する一方で、当該企業が豪州に積極的に進出して店舗なり倉庫なり置くとしたらその部分の活動は不動産レベルでは豪州リートに寄与する…と考えるなら、要は、「どこの国が(本籍がどこであるかに関係なく)実際の企業進出先となるか、事業活動拠点を受け入れるか」について何らかの予測を持てるなら、地域別リートの活用にも妙味はあるのかな、と思います。
要は、企業活動を「本籍地で享受するか(=株式)」、「実際の活動地で享受するか(=不動産)」という意味で、違った享受の仕方になるのかな、ということです。

そこまでの予測は立てられませんし、需給などのファクターもあってややこしいので私は手を出しませんが、やってみる価値は否定できません。
投資手法としては結構使う人を選びそうではあります。

「変なファンド」対策としての機能


さて、実は今回登場したファンドには別の次元で期待できそうなことがあると思っています。
言ってみれば、高コストアクティブファンドに対する「当て馬」としての機能です。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/01/15(金) 03:49 ]

次のページ
copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania