アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

インカム重視のSMT日米インデックスバランス、繰上償還提案……
SMTインデックスシリーズを構成するSMT日米インデックスバランス・オープンが、繰上償還のための書面決議を提案する旨発表されています。
2018年03月16日 「SMT 日米インデックスバランス・オープン」信託終了(繰上償還)(予定)のお知らせ

当ブログで本ファンドの登場を報じたのが2017年の2月8日。僅か1年ちょっとで繰上償還を報じる記事を書くことになろうとはこの世の無常を感じざるを得ません。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/19(月) 04:05 ]
[ 最終更新:2018/03/19(月) 04:05 ]

SMTインデックスシリーズが2000億円到達。これからの立ち位置はスマートベータなどに活路を見出す方針?
SMTインデックスシリーズは、純資産が全体で2000億円を突破したそうです。
モーニングスターに紹介されています。

SMTインデックスシリーズは、低コストインデックスファンドシリーズの走りとして2008年に登場したファンドでした。
私の投資スタートが2008年秋でして、暫くの間は本シリーズが投資資産の主力を占めていましたから、流石に感慨を覚えます。

もっとも、本シリーズは、販路の広がりではemaxisの後塵を拝し(emaxisの2000億円到達は2015年8月と、かなり先を越された)、コスト面でもニッセイ<購入・換金手数料なし>以降の水準にはついて行けずと、かなり中途半端な立ち位置になっているのが現状です。

モーニングスターの記事によると、今後は「低コスト」の追求はi-SMTシリーズで担っていくようです。
確かに、i-SMTはそれなりに競争力のあるコスト水準まで戻してきてはいますが、emaxis slimに比べると「最低コストをコミットしているわけではない」「ラインナップ追加のタイミングも今までのところ微妙」といった印象で、現状のままだと果たして決定打になりうるか微妙な気はします。
もっとも、SMT世界経済インデックス・オープンの需要にも注目しているようですから、仮に「i-SMT世界経済インデックス・オープン」というのが信託報酬0.2%台くらいで登場したりすれば、この価格帯でのバランスファンドは〇資産均等型を除くと三井住友DCつみたてNISA世界分散ファンドくらいですから、それなりに面白い存在になってくるかもしれません。

一方で、従来型のSMTシリーズでは、スマートベータ型を中心に拡充を図ると言っています。
独自色を志向するインデックスファンドでは、emaxisのJAPANクオリティ150、地域別(米国/欧州/豪州)リートやコモディティなど、あまり人気が出ている感じがありませんし、i-mizuhoの大量償還などの例もあり、結構諸刃の剣な面もありそうです。
とはいえ、既にある増配(配当貴族)はそこそこ資産を集めていますし、「最小分散」「高配当」「イコールウェイト」など、投資セオリー自体が良さそうなのだが商品が無かった…というものも結構ありますから、活路がありそうなのは否定できません(「投資対象自体で奇をてらう」のではなく、「通常のインデックスと同様の広く分散された投資対象の中でセオリーを変える」という形での独自性)


ともあれ、投資信託の時代を切り開いてきたのは確かな本シリーズですから、今後とも新たな立ち位置を切り開いて、生き残りを続けてほしいものです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/02(金) 01:37 ]
[ 最終更新:2018/03/02(金) 01:37 ]

i-SMTに2ファンド追加。……どちらも一歩遅いのが残念
i-SMTインデックスシリーズに、TOPIXと新興国株式のファンドが登場します。

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬現在(予定判明済み)の最安ファンド
i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)TOPIX0.1836%ニッセイ<購入・換金手数料なし>、emaxis slim(0.17172%)
i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)MSCIエマージング0.3564%emaxis slim(0.2052%)


いずれも平成30年1月12日の設定となります。
尚、販売会社は三井住友信託銀行の名しかなく、実質的に未定と思われます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/28(木) 01:24 ]
[ 最終更新:2017/12/28(木) 01:24 ]

SMTから欧州株配当貴族ファンドが登場! 増配世界分散インデックス投資がポートフォリオ組めるように
SMTインデックスシリーズに、欧州株配当貴族指数に連動するインデックスファンドが登場します。
SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープン

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬備考
SMT欧州株配当貴族インデックス・オープンS&P欧州350配当貴族指数0.594%


*S&P欧州350配当貴族指数とは、S&P欧州3株式指数の構成銘柄のうち、10年連続増配している銘柄で選出される指数です。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/11(土) 01:48 ]
[ 最終更新:2017/11/11(土) 01:48 ]

SMTシリーズが新たな低コストインデックスファンドシリーズ「i-SMT」を投入
三井住友トラストアセットマネジメントより、SMTシリーズより更に低廉なインデックスファンドシリーズ「i-SMT」が登場します。

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬従来(または予定判明済み)の最安ファンド
i-SMT 日経225インデックス(ノーロード)日経2250.1836%ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.18252%)
i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)MSCIコクサイ0.2052%ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.20412%)

いずれもファンド設定は11月24日予定。
販売会社には自己設定用と思しき三井住友信託銀行しかなく、事実上未定のようです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/11/07(火) 00:47 ]
[ 最終更新:2017/11/07(火) 00:47 ]

次のページ
copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania