アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (9)
UBS (4)
ESG (2)

EXE-iつみたてシリーズから先進国株式ファンド登場。単体としてもピースの一部としての利用としても、まさに異次元の世界…
EXE-iつみたてシリーズから、先進国株式のインデックスファンドが登場します。

EXE-i つみたて先進国株式ファンド

詳細を確認します。

ベンチマーク:FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス
運用スキーム:ファンドオブETFs
シュワブUSブロードマーケットETF【SCHB】 55%
SPDRポートフォリオワールド(除く米国)ETF【SPDW】 45%

信託報酬:0.081%+組入先ETF(0.0345%程度)=0.1155%程度
運用開始:平成30年1月12日
販売会社:SBI証券

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



exe-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/28(木) 02:55 ]
[ 最終更新:2017/12/28(木) 02:55 ]

新興国でもSBIからの刺客。ついに信託報酬0.1%台!
あまりにもexe-iつみたてグローバル株式が衝撃的だったので見落としていましたが、SBIアセットは新興国でもえげつないファンドを出しています。
EXE-i つみたて 新興国株式ファンド

詳細を確認します。

ベンチマーク:FTSEエマージングインデックス
運用スキーム:ファンドオブETF
シュワブエマージングマーケッツエクイティETF【SCHE】 100%

信託報酬:0.0648%+組入ETF分0.13%程度=0.1948%程度
運用開始:平成29年12月6日
販売会社:SBI証券

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



exe-i | トラックバック:0 | コメント:3
[ 2017/11/17(金) 13:22 ]
[ 最終更新:2017/11/18(土) 19:07 ]

SBIグローバル登場! やはり来た楽天バンガードへの刺客!
SBIアセットマネジメントから、全世界株式(日本含む、小型株含む)をベンチマークとするファンドが登場します!

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド

詳細を確認します。

ベンチマーク:FTSEグローバルオールキャップインデックス
運用スキーム:ファンドオブETFs
シュワブUSブロードマーケットETF【SCHB】 50%
SPDRポートフォリオワールド(除く米国)ETF【SPDW】 40%
SPDRポートフォリオエマージングマーケッツETF【SPEM】 10%

信託報酬:0.108%+組入ETF分0.042%程度=0.150%程度
運用開始:平成29年12月6日
販売会社:SBI証券

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



exe-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/17(金) 10:52 ]
[ 最終更新:2017/11/18(土) 19:07 ]

EXE-i 先進国債券&グローバルREITの信託報酬引き下げ
EXE-iシリーズは、SBIアセットマネジメントが設定する、海外ETFにファンドオブETFsの形で投資する投資信託シリーズです。

今般、シリーズを構成する5本のファンドのうち2本で信託報酬の低下があった旨の発表がなされています。
臨時レポート「EXE-i(エグゼアイ)シリーズが投資対象とする投資信託証券の信託報酬引下げについて」

先進国債券ファンド 0.4364%程度→0.4304%程度
グローバルREITファンド 0.3984%程度→0.3864%程度


いずれも投資先のETFのコスト低下による影響です。

ファンドオブファンズ(ファンドオブETFs)の場合、当然、投資先のファンド(ETF)がコスト低下を実現してくれればその恩恵を享受することになります。
EXE-iシリーズの場合、投資先ETFとしてコストの継続的な低下に定評のあるバンガード社のETFが使われているため、今後とも信託報酬の低下が期待できそうです。
今回リリースが出たのは先進国債券とグローバルREITでしたが、先進国株式と中小型株式についても近いうちに同様のリリースが出るかもしれません(新興国株式は現時点でバンガードは使われていません)。

信託報酬引き下げというニュースが何年度にもわたって出続けるようなことになると、その事自体、低コストを求める投資家の注目を集めるアピールポイントになるかもしれません。
安定的に資金流入を呼び込めればしめたものです。

私も401k内でEXE-iの各ファンドを保有しており、中小型株式については特定口座内でも積み立てているので、このような動きは強く歓迎するものです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



exe-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/05/09(土) 07:00 ]
[ 最終更新:2016/05/16(月) 02:42 ]

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania