アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

クレディセゾンがバンガードやストックポイントと組んで永久不滅ポイントを使った運用サービスを拡大
クレディセゾンは、永久不滅ポイントを利用して疑似的に資産運用を体験するサービスを拡大すると発表しました。
運用プラットフォーム「運用口座」を構築 新たなポイント運用サービスの提供を開始

クレディセゾンでは、既に、永久不滅ポイントをMSV内外ETF資産配分ファンドの基準価額に連動して「運用」するサービスがありましたが、今回はその連動対象にTOPIX指数及びバンガード®・S&P 500 ETF【VOO】を加えるものです。

既に「運用口座」にはログインできるようになっていますが、どうやら、従来のMSVファンドでの運用とは別々の画面での操作になるようです。(今後、統一される可能性はあります)

バンガードは、MSVの運用会社の出資者のうちの一社でしたが、今回は直接自社の商品を運用対象として提供しており、よりダイレクトなコミットメントを見せています。
わざわざCEOがコメントまで寄せてきており、楽天バンガード設定に際してのコメントから一貫して、長期投資を根付かせようとする意思が見て取れます。

また、4月以降はSTOCKPOINTとの提携により、個別株が運用対象に加わるようです。
ポイントが1株分まで貯まったら現物株に引き換えも可能ということで(1株ということは、単元株にまでは至らなくてもよいということでしょうか?)、かなりユニークなサービスです。
なお、対象となる現物株はアンケートで選定されるということで、候補として以下の銘柄が挙がっています(どういう基準で選定したのかは謎ですが、概ね消費者に身近な企業という傾向です)


なお、更に積立サービスも追加されるようで、もちろん積立投資の体験という意味で有意義な試みではありますが、一方で当然セゾン・UCのクレジットカードや永久不滅ポイントモールをそれなりに継続的に利用していかないと積み立てるべきポイントそのものが手に入りません。
従って、セゾンカード系サービスへの囲い込みとしても機能しそうです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/14(水) 00:01 ]
[ 最終更新:2018/03/14(水) 00:01 ]

2018年の幕開けに当たり、業務運営に関する基本原則(フィデューシャリーデューティー)を宣言します
2018年が無事に開けました。
本年もよろしくお願いいたします。

新年の計は元旦にあり、というわけでもありませんが、ここに、当ブログの業務運営に関する基本原則を宣言することとします。 (参考:金融庁

1. 【顧客本位の業務運営に関する方針の策定・公表等】
当ブログは、もっぱら個人投資家としての立場から、投資・資産管理及び関連領域に関し、最新情報の共有・分析や考察の提供など、実践のために有益と考えられる知見を提供します。
上記活動は、これを無報酬とします。

2. 【顧客の最善の利益の追求】
金融を本業としない個人投資家としての限界の範囲内において、可能な限り良質の情報提供に努めます。
上記の為に、金融商品情報にとどまらず、税務・法律など関連分野も含めて自らの知見の維持・向上・提供を心がけます。
これにより、閲覧者ができる限り合理的・有利な資産形成・資産管理を実現できるように努めます。

3. 【利益相反の適切な管理】
当ブログは、閲覧者の行為に関連して収益を得る媒体とはしません。
「閲覧者の行為に関連して収益を得る」とは、「商品紹介リンク利用(リンク踏みあるいは購入)による収益を得る」「金銭の支払いや広告の閲覧を記事閲覧の条件とする」「相談料を請求したり、商品業者から紹介料を受け取る」等を典型としますが、これに限られません。
これにより、専ら個人投資家たる閲覧者の利益を図ります。

尚、本項はあくまで管理者が他に本業を持つ個人投資家という、閲覧者と同じ足場に立つものであることから来るもので、たとえば専門知識により相談を本業とするFP等の収益を得る営みを直ちに否定するものではありません。
また、メディア取材などブログ閲覧者と直接関係しない場面において(ブロガーとしての肩書によるものであっても)収益を得ることは直ちに否定しません。但し、その場合でも、提供する情報の質・スタンスは変えるものでないことを原則とします。

4. 【手数料等の明確化】
本ブログの閲覧に関しては、直接・間接に閲覧者に料金その他経済的負担を生じさせるものではありません。
ただし、ブログ外での活動に関しては、依頼者の定めに則って報酬を得る場合がありますが、その場合でも発信情報について基本的スタンスを変えるものではありません。
また、ブログサービスやパーツなどの利用に付帯して、管理者の手の及ばない広告が表示されることがあります。

5. 【重要な情報の分かりやすい提供】
商品間や制度間、販売会社間などの比較情報(手数料や商品特性などを含むがそれに限らない)、税制・法制など、できる限り多角的・深い分析の提供を心がけます。
単に既存の公開情報を流すだけでなく、自分なりの考察を加え、資産形成・資産管理の実践に当たって一助となる付加価値をつけることを目指します。

6. 【顧客にふさわしいサービスの提供】
「低コスト重視・税制優遇の最大限の活用・流動性の高さ(現金化の容易さ)の重視・合理的f合法的な節税」等、誰にとっても有益・適切と信じる情報の提供を心がけます。

7. 【従業員に対する適切な動機づけの枠組み等】
管理者のほかに従業員はいませんが、自分自身として、オフ会やイベント参加などの適度な楽しみにより、本原則の通りに運営を続けていくことのモチベーションの維持・増進を行います。



一ブロガーのくせにどう考えても大仰、明らかに冗談半分ですが、新年というタイミングだからネタとして投下しても多分許してもらえるでしょう(←そのスタンスが既にフィデューシャリーじゃないんじゃないか?)
また、DCやつみたてNISAで債券を排除して税制優遇最大限の活用を実践しておいたことで、一応の言行一致を付けておいたので、何とかここで宣言しても大丈夫かな、というタイミングでもありました。

まあ、方向性として大きく食い違うものではないとはいえほぼネタとして宣言しただけですから、この宣言によって特に堅苦しさを増したりすることもないはずなので、今年も従来通りお付き合いいただければと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/01(月) 00:00 ]
[ 最終更新:2018/04/15(日) 15:24 ]

2017年総括
いよいよ2017年も終わります。

今年は投資関係では特に動きの大きな年でした。
年明けから3,4月くらいまでは個人型確定拠出年金の加入祭りが目立つ程度でしたが、金融庁によるつみたてNISA Meetupの開催が始まって以降一挙に加速が強くなりました。
「低廉な手数料の商品を定着させる」「リスクを取りつつも安定的な資産形成を図る」という理念の下、夏ころから新たなファンドの開発や手数料の引き下げ競争が俄かに活発化しました。
商品開発ではステートストリート全世界株式インデックスにより日本含む全世界株式インデックスファンドというのが初めて登場し、株式100%のポートフォリオならある意味これで決定版か…と思ったら楽天バンガードが登場、今度こそこれで決まるかと思ったらEXE-iつみたてシリーズの登場。
さらには、「業界最安値」を標榜するemaxis slimシリーズが、Smart-i、三井住友DCつみたてNISA、ニッセイ<購入・換金手数料なし>などの挑戦に応じて実際に度重なる信託報酬引き下げを実施(これは敢えて挑戦を突き付けた他ファンドの功績も非常に大きい)、そしてついにはVTさえ不要になるかも?となるほどの低コスト化を見せ、楽天バンガードやEXE-iつみたてシリーズの牙城さえ脅かしかねないところまで来るに至っています。
考えてみれば、先進国株式クラスは昨年末と比べても半分程度、新興国株式に至っては3割か4割くらいの水準まで下がってきているはずで、その下がりっぷりには瞠目します。(昨年でも既にiFreeやたわらノーロードなどで低コスト化が大きく進捗した年だったはずなのに、です)


本来であれば、このような変革が監督官庁たる金融庁の音頭に刺激されるのは、手放しで喜んでばかりでよいとも言い切れません。
理想としては、取引当事者の合理的な選別により、「高コスト・劣悪なファンドにはどうしても資金が集まらない&関連機関の評判悪化による有形無形の損失が嵩む→低コスト・優良なファンドにシフト(そうしないと金融機関側が生き残れない)」という流れになるのが望ましいところです。
官庁が規制によってそれを無理やり実現してみせたというのは、投資家にはそれだけの合理的な行動力がないと見切られたということでもあり、見方によっては投資家として取引当事者としてなかなか恥ずかしい事態でもあります。
また、労せずしてこのような環境改善を手にしたことが投資家の育成という観点から完全にプラスなのかという疑問はなしとしません。

もっとも、金融庁がそこまで狙ったわけでもないでしょうが、投資家がシビアに試される局面もなくなったわけではありません。
「emaxis従来型」「emaxis slim」「つみたてんとう」のシリーズ併存に典型的なように、同じ投資対象でもコストが大幅に異なるような状況が現れていたり、つみたてNISAの枠内でも販売会社ごとにスタンス(割高な商品しかないのか割安な商品をおくのか、つみたてNISA限定販売なのか一般開放するのか)が大きく異なっていたりします。
どこの販売会社で、どういう商品選択をするかで資産形成の成果が大きく影響を受ける状況、これが今まで以上に強まりそうです。
投資家が望みさえすれば、情報さえ手に入れれば、いかようにも有利な運用ができるという度合いはこの低コスト化で強まっているわけであるからこそ、いよいよ投資家の自己責任は大きくなります。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/31(日) 21:00 ]
[ 最終更新:2017/12/31(日) 21:00 ]

不動産の選ばれ方取引のされ方が様変わりしている由。不動産投資の難しさが増してきそう
数日前の記事になりますが、マンションの取引のあり方がかなり変わってきているそうです。
マンション購入もスマホから わずか30分で即決も

記事によると、最近は、物件情報を不動産会社に行く前にネット上で十分比較検討して予め絞り込みをしてしまう人が多く、また、実際に内見するに際してもかなり細かくチェックするようになっているそうです。
まずネットの活用で買い手の検討の俎上に乗るまでが今までより狭き門になっているようですし、丁目単位や坂の有り無しなどに至るまでチェックされるのですから、個々の物件が成約に至るまでの道のりは従来に比べてもかなり大変になっているような気がします。


こうした潮流を踏まえますと、今後、不動産投資をするに際してもかなり難易度が上がるのではないかと思います。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/16(月) 02:59 ]
[ 最終更新:2017/10/16(月) 02:59 ]

銭洗弁天での会話
先日、鎌倉の銭洗弁天に出かけた時の一コマ。

休日で天気も良かったためか結構な混雑で、本殿に参拝する前にかなり並ばされました(行列は敷地外のかなり遠くまで伸びていたほど)。
そんな中、行列で近くに並んでいたカップルの会話が結構興味深いことに。










NISAなどという単語が出てきたところには内心色めき立ってしまいました。制度としてはそれなりに知られているということでしょうか。
「分からないうちからでも、分からないなりに始めてみる」というのは極めて重要でしょう。金融庁も、
金融庁参事官の油布志行氏は「多くの国民には『投資は貯めてからするもの』との思い込みが染みついている。実際のところ、それでは将来の資産形成は難しい」との考えから、マインド(意識)を「投資しながら貯める」に変える政策の意味合いを説明。来年からスタートする「つみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)」を通じた資産形成への取り組みの広がりに期待を寄せた。
「投資しながら貯める」資産形成の背中を押すフィンテック ―QUICK資産運用討論会FIN/SUM(フィンサム)スペシャル―
と、問題意識を述べているところです。
幸いにして、今は口座開設機関を選べば100円からでも買付はできますし、千円単位程度まで広げればかなり金融機関選択の幅も広がります。
投資方法にしても、バラつみ投資をはじめ、投資に関する高度の知識などなくても実践可能な方法が提唱されている状況です。
資金面・知識面ともに小さい、早いうちから経験しておいた方が将来の資産形成にとって有益なのは間違いないでしょう(小規模資金のうちから資産の騰落を体感できるメリットもあります)。

おそらくこのような方々にはつみたてNISAの適合性がかなり高いのではないかと思われますので、是非そのような情報にたどり着いて頂きたいと願うところです。
金融庁のつみたてNISAガイドブックのような資料、あるいは金融機関によってはすでに独自で横浜銀行のように結構良い解説資料を作っていたりもします。
住所移転やら改姓名やらといった「生活の節目」には金融機関を訪れることが多い以上(くだんのカップルも話の流れから察するに何かありそう?)、そうしたタイミングでこうした資料がきちんと提供くらいはされ、マネープランの契機になる程度の取り組みは金融機関に期待したいところです。

私のようなブロガーとしても、つみたてNISA MeetUpへの参加および速報など、的確な情報発信に努めることで広く支援をしていきたいとの思いを新たにしました。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/13(金) 01:48 ]
[ 最終更新:2017/10/13(金) 01:48 ]

次のページ
copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania