FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

emaxis slim先進国株式が0.1%割れ水準へ。受益者還元型とも相まって覇権確立か、追随する者もまだいるのか
emaxis slimが信託報酬の引下げを告知しています。(最近こんな記事ばかりで忸怩たるものが…)
業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

詳細を確認します。

名称ベンチマーク信託報酬(改定後)従来(予定判明済み)の最安ファンド
emaxis slim先進国株式インデックスMSCIコクサイ0.107892%ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.107892%)
※最安値同点


改定実施は6月25日からとなります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/06/09(日) 01:13 ]
[ 最終更新:2019/06/09(日) 01:13 ]

ニッセイが久々にトップを奪還に来る
ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズが信託報酬の引き下げを予告しています。
<購入・換金手数料なし>シリーズ6ファンドの信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬(改定後)従来(予定判明済み)の最安ファンド
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドMSCIコクサイ0.107892%自身、emaxis slim(0.11772%)
※最安値更新
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンドFTSE世界国債インデックス0.1512%emaxis slim(0.1512%)
※最安値同点
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドNOMURA BPI総合0.1296%emaxis slim、Smart-i、iFree(0.1296%)
※最安値同点
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドTOPIX0.1512%emaxis slim、iFree(0.1512%)
※最安値同点
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)合成0.1512%自身(0.17172%)
※最安値更新
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド日経平均0.1512%emaxis slim、iFree(0.1512%)
※最安値同点


いずれも6月27日からの実施となります。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


ニッセイ<購入・換金手数料なし> | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/05/24(金) 02:57 ]
[ 最終更新:2019/05/24(金) 02:57 ]

emaxis slim、いよいよ米国ETFとの終わりなき戦いに突入
emaxis slimがまた信託報酬の引き下げを発表しています。
業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬(改定後)従来(予定判明済み)の最安ファンド
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)S&P5000.162%自身(0.1728%)
※最安値更新
※楽天VTI(CRSP USトータルマーケットインデックス)が0.1596%


今回の改定は6月14日からの実施となります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/05/24(金) 01:28 ]
[ 最終更新:2019/05/24(金) 01:28 ]

iFreeが信託報酬引き下げ。前回引き下げより僅か半年程度と、信託報酬引き下げの戦線に本格復帰か
iFreeシリーズの一部ファンドが信託報酬引き下げを予告しています。
運⽤管理費⽤(信託報酬率)の引き下げについて

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬(改定後)従来(予定判明済み)の最安ファンド
iFree日経225インデックス日経2250.1512%emaxis slim(0.1512%)
※最安値同点
iFree TOPIXインデックスTOPIX0.1512%emaxis slim(0.1512%)
※最安値同点
iFree日本債券インデックスNOMURA BPI総合0.1296%emaxis slim、Smart-i(0.1296%)
※最安値同点


信託報酬改定の実施予定日は、日経225とTOPIXは6月13日、日本債券は8月24日です。
特にファンドの決算日というわけでもなく一見中途半端ですが、有価証券届出書の更新タイミングに合わせているようです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


iFree | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/05/20(月) 03:59 ]
[ 最終更新:2019/05/20(月) 03:59 ]

emaxis NYダウがつみたてNISA対応…も、競合ファンドのスケジュールを考えると流入確保はせいぜい2,3年程度か? これがslimならなあ…
5月7日、つみたてNISA対象ファンドとしてemaxis NYダウインデックスが追加されました。

つみたてNISA対象商品に「eMAXIS NYダウインデックス」を追加

つみたてNISAにインデックスファンド枠で採用される対象となる指定インデックスは、米国株式の分野ではS&P500とCRSP USトータルマーケットインデックスの2つに限られています。
従って、NYダウに連動するインデックスファンドは、つみたてNISAに限ってはアクティブファンドとしての採用要件を満たすルートを取らざるを得ませんでした。
emaxisのNYダウは2013年8月に設定されており、設定以来最低5年を要求されるアクティブファンドのつみたてNISA採用要件を満たしたことから、今般晴れてつみたてNISAの対象になったものです。
この辺りの事情は、exe-iグローバル中小型株式が採用されたときと同様です。

つみたてNISA向け商品でダウが投資対象となるものは初めてとなります。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/05/10(金) 02:16 ]
[ 最終更新:2019/05/10(金) 02:16 ]

次のページ
copyright © 2019 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania