アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (9)
UBS (4)
ESG (2)

QUICKにてつみップRookiesの模様が紹介(コメント掲載あり)。会の模様がより広く伝わって影響が及ぶとよい
先日のつみたてNISA Meetup Rookiesの模様が、QUICK資産運用研究所にて紹介されました。
金融庁が初心者向け「つみップ」  先輩ブロガーに直球質問

私のコメントも一言ですが掲載されています。(内容的には当ブログでのレポートに書いた所感にも含まれています)
また、初心者側参加者のコメント(それぞれ生活感に密着した問題意識を持ったもの)や会の模様などが詳細に綴られており、雰囲気が感じやすいと思います。
ブロガーや専門家、金融庁職員らと率直に話ができた上、最後が口笛という「ゆるい」空気が伝わって、より参加しやすくなるとよいと思います。

また、
つみたてNISAの誤解が解けたとの声もあった。大学4年の女子学生は「一般NISAと併用不可なのを一般NISA口座の解約が必要と勘違いしていた。そうではないと分かったので、長期に寝かせるつもりで、地元に帰省した時に地方銀行でつみたてNISA口座を開設するつもり」と話した。
とあるように、疑問・誤解を解消する場になっていたことも確認できます。
現行NISA口座を解約しないとつみたてNISAが利用できない」(→実際は、過年度の現行NISAはそのまま5年の満期まで保有可能。今年度の購入分がつみたてNISAになるだけの事で、それぞれが満期になるまでは併存がありうる)とか、「満期までに売却しないと非課税の恩恵が受けられない」(→実際は、満期時の価格が取得価額とみなされ、課税口座に出た後の課税の基点となるので、NISA期間中に売らなくても満期までの値上がり分は非課税)などといった点は最も疑問や誤解の多い点で、制度の利用に二の足を踏ませるものでした。
今回は初心者向けということで特にこれらの疑問が狙い撃ちされて「FAQ」として配布資料中にまとめられたものでしたが、それ以外に疑問があっても、直接質問・解決ができそうだ(実際、できます!)という事は伝わると思います。
積立投資やつみたてNISAに関し疑問がある人も、是非この記事からそんな空気を読み取って次回以降に足を運んでくれるとよいと思います。
質疑応答の席上で良質問や素朴な質問が出たら私が拾って速報・モーメント・ブログ記事に纏めますから、正確な理解を広めることに貢献して頂けることになりますw

ところで、上記引用コメントでは「地方銀行でつみたてNISAを開設するつもり」とありますが、当ブログとしてはそれは明確に非推奨です。

地方銀行(都市銀行もですが)のつみたてNISAに碌な商品がないから…ではありません。
「投信の98%の地雷のうち、金融庁フィルターで97%が除去された」という発言が会の中であった通り、銀行を含むほとんどの販売会社ではつみたてNISAでは優良なファンドを取り扱っています。
つみたてんとう(三菱UFJつみたて)シリーズ・たわらノーロードシリーズなどは多くの銀行に採用されており、これらに代表される信託報酬が0.2%水準のインデックスファンドであれば、それ自体、文句のないラインナップです。
一部、SMTシリーズ(i-SMTではない)やemaxisシリーズ(slimではない)のような旧世代のファンドしかないような販売会社もありますが、そういうひどいところさえ避ければ大丈夫です。

問題は、既に当ブログでも何回か指摘したことがありますが、銀行ではつみたてNISA向けファンドがつみたてNISAでしか買えないというところが圧倒的に多い事です。
つみたてNISA以外では、同じインデックスファンドでも段違いに高コスト(=投資家にとって不利)なファンドしかないことが多く(ひどいところでは、そもそもインデックスファンドが日経平均やTOPIXくらいしかなかったりすることも)、そうなると、つみたてNISAで得た経験・知識をもとに資産形成の規模をより拡大しようとなった際に、買えるものがありません。
というか、そういう販売会社、20年の満期を迎えたり任意で払い出したりしてつみたてNISAから課税口座に出た場合、どうなるのでしょうか? 持ち続けることは許されるんでしょうかね…
無論、そうなったらネット証券など別の販売会社で格安の商品を買えばよいとは言えるのですが、それだったら最初からネット証券でつみたてNISAを買っておいた方が話が早い。
わざわざ銀行でつみたてNISAを開設するのでは、後でネット証券の口座を開く手間、さらに口座が増える分管理が煩雑になるなど、いたずらに手間暇が増大するだけです。
スルガ銀行やゆうちょ銀行、(厳密には銀行ではないが)労働金庫などのように、最安値近辺の商品(iFree、たわら、つみたてんとう等)をつみたてNISAのみならず課税口座でも買えるところも少数ありますが、基本的に一般の銀行で推奨できないのはこのためです。

さらに、ドアノックとして利用されるという危険性もよく指摘されるところです。
要するに、つみたてNISAをきっかけとして、その他に高コスト投信や仕組預金、高コスト保険など、銀行にとっての利益が厚い(=投資家にとっては大いに不利)な商品を売り込まれるリスクです。
つみたてNISA開設や商品購入の手続きに訪れた折にとか(これはネットバンキングで手続きすれば回避できますが)、投信商品を持っている(資産運用ニーズがある)ことからカモ候補として登録されてその後継続的にとか(これはカモ登録さえされていれば電話や郵便やメールなどを利用してやられる恐れがあります)、可能性はいろいろ考えられます。
そもそも、「コストが安いから長期投資に最適である」という触れ込みで選定しているはずのつみたてNISA向けファンドを、課税口座では提供しない(=第一の問題点)ということ自体が、本当は資産形成に寄与したいのではなく、つみたてNISAを単なるドアノックとして使いたい(=第二の問題点)という本音を持っている証左です。両問題点は強く関連しているものと考えられます。

ネット証券なら、最低コストの商品をつみたてNISAでも現行NISAでも課税口座でも選び放題ですし、余計な勧誘をしてくることもありませんから、これらの問題は回避できます。
つみたてNISAであっても、資産運用を始めるのならネット証券を最優先にすることを強く推奨します。
資産形成に向けて、追加投資に関する無用な制約や、無用な勧誘リスクに初心者が晒されることを避けるため、あえてコメントしました。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



QUICK | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/01/23(火) 00:57 ]
[ 最終更新:2018/01/23(火) 01:08 ]

金融庁の意見交換会の記事がロイター通信に載りました
先日の金融庁の第3回意見交換会の模様が、ロイター通信に紹介されました。
 アングル:山は動くか 金融庁が「脱貯蓄」草の根プロジェクト

大変有難い事に、当ブログの記事も紹介されています。
 第3回金融庁意見交換会に参加。いろいろと興味深い発言が飛び出して今後が楽しみに…?

また、当日の参加者では他にあきんこさんと虫とり小僧さんが紹介されています。
 つみたてNISAに関する金融庁が開く「第三回 個人投資家の意見交換会」に行ってきた (あきんこの人生を楽しく過ごすためのお金ブログ)
 金融庁と個人投資家の意見交換会に行ってきました(第三弾・投信運用会社を招喚・6月29日) (いつか子供に伝えたいお金の話)

金融庁の取り組みに対するそれぞれの切り口での視点・感想が抜粋されています。
また、金融庁側の姿勢についても、森長官のインデックス投資ナイトへの激励コメントの紹介や、意見交換会の発案者たる金融庁職員のコメントなどを交えて紹介されています。
金融庁職員の
「こういう会は制度化してしまうとつまらないが、反応がある限りは続けたい」
というのは的確・有意義な意見を吸い上げる試みとして実に正鵠を射ている気がしており、楽しみになります。
制度として委員を決めて…というのではなく、その都度webで募集してという気楽な形ですからベテランのみならず初心者も入れて、意外な(ある意味生活感覚に密着した)提案が出てきたりします。(今回の「夫婦割」という提案がその典型)



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



ロイター | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/07(金) 23:44 ]
[ 最終更新:2017/07/07(金) 23:44 ]

ヴェリタス掲載記事を確認
コツコツ京都に参加の旅路にあったりした影響でしっかり確認できていませんでしたが、記者さんから聞いていた予定の通り日経ヴェリタスに掲載されているのを確認しました。
日経ヴェリタスにデビューしました

9月18日~9月24日号の4面、「個人の資産配分、投信活用で工夫」という見出しの記事の中に登場しています。
資産配分の簡単な円グラフと一言コメントが載っていますね。

買い付けているファンドが15本という、随分多くの本数になってしまっていますが、基本的に個別資産クラスごとにファンドを購入しているので本数が膨らんでいます。
(国内、先進国、新興国)×(株式、債券、リート)の組合せで、新興国債券以外に投資しているので資産クラスが8個。
国内株式がTOPIXとJPX400、国内債券が普通の債券(野村BPI)と物価連動国債とあるのでファンドが2本増えて10本。(物価連動国債はMHAM物価連動国債ファンド【未来予想】で、本当はアクティブファンドですが…)。
さらに、EXE-i グローバル中小型株式ファンドが加わって11本。
以上がインデックスで、このほかにスマートベータが4本(ひとくふう日本株式ファンドひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略)加わり、合計で15本となります。

正直言って、TOPIX・JPX400・先進国株式・新興国株式・中小型株式の5ファンドは(買付手数料低下&貸株対象でマイナスコストでの運用になったことだし)VT1本に整理してしまおうかと思っていた矢先でしたが、取材で現行の構成を答えてしまったのでどうしようかと思っているところです(^^;



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



日経ヴェリタス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/09/21(水) 01:24 ]
[ 最終更新:2016/09/21(水) 08:05 ]

日経ヴェリタスにデビューしました
9月18日発行の、日経ヴェリタス9月18日~24日号に私が登場しています(しているはずです)。

このブログ記事を書いているのは16日深夜であるため、当然紙面を見ていないのですが、「資産配分の新潮流」をテーマとする特集記事の中のどこかに出ているはずです。

9月9日に日経新聞社の記者の方からメールフォーム経由で連絡があり、資産配分やスマートベータについて取材したいとのことでした。たわらプラスやひとくふうの記事を書いていたことから目を付けられたようです。
電話取材ということでしたが、事前に頂いた質問項目で口頭だと複雑になりそうなものもあったので(例えばアセットアロケーションなどは多岐にわたりますし)、メールで回答の概略を送っておいたので、電話そのものは割と簡単に済みました(それでも15分か20分くらい掛かりましたが)。

15日に確認用として頂いた原稿要旨(原稿そのものは規則上見せられないそうです)によると、購入しているファンド(資産クラスなのかな、ファンド名まで出てるのかな?)や、投資に関する基本態度、スマートベータに対する考え方などが書かれているはずです。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



日経ヴェリタス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/09/18(日) 08:00 ]
[ 最終更新:2016/09/19(月) 17:48 ]

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania