アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

新社会人は貯蓄・資産形成の順序を間違えないように。マネー”ハック”のつもりが四苦”八苦”になりかねませんよ?
どうも変な記事というのは、出るときには立て続けに出るもののようです。
それにしても、新社会人向けを謳う記事においておかしな内容を書かれると,これから資産形成の第一歩を踏み出そうというところだけに悪影響が大きく、困ったものです。

貯蓄から投資へ 積立なら無理なく続けられる
この記事は、「貯蓄をマネーハック」と銘打ち、「自動的に積み立てを行う資産形成のスタイルは投資にも応用する」と謳っています。

投資を早い段階から少額積立で始めるべし、というのはその通りです。
少額のうちに相場の上げ下げを体感するのが有益なのは明らかですし(下手を打っても痛手は小さい)、また運用期間を長く取れる分だけ機会損失が少なくなります。
長期間であればリターンも理論値付近に収斂していく可能性が高くなっていくでしょうから、最終的なパフォーマンスに変なブレが及ぶ恐れは小さくなるとも考えられます。
スタートは早くするべきです。

ところが、その後の商品検討が全く面妖な話になっています。
持株会を有利な投資方法と持ち上げ、個人型DC(iDeCo)を後回しにするとは、全くもって話が逆さまというものではありませんか。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



変な記事 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/04/25(火) 03:29 ]

ファンドラップを擁護する論説に対峙しようと思ったら一番根本的な部分で認識の齟齬があったっぽい件
ファンドラップが初心者にお勧めだと主張する記事が公開されていました。
ファンドラップ人気は「作られた人気」 それでも総合的に考えるとファンドラップは投資初心者にはおすすめです


記事中で、まず、ファンドラップが「作られた人気」だというのはその通りでしょう。
・金融機関としては、手数料収入という動機があるため、ファンドラップのメリットを強調する方向でバイアスの掛かった宣伝情報を流し、
・投資家としては、「自力で考察・判断をせず楽をして投資ができる」という、自分にとって都合のいい話なので喜んでこの情報を受け入れる

といった構図で、商品としての本質とはやや離れた形で人気が形成されていっているという様相です。

ところが、その後、記事では不思議な論法でファンドラップを擁護しています。
これについて、
・非難されているのは、「証券会社が儲かるから」それ自体ではなく、そのことによって「投資家の利益が削り取られるという利益相反関係」ゆえであろう …とか、
・専門家だからといって、全財産状況やコストの発生見込みなど、必要な情報を全部知っているわけでもないのに最適なポートフォリオが作れるわけではなかろう …とか、
・日々の動向を気にする必要がないというのは(レバレッジの掛かっていない)長期投資スタンスであるならラップでなくても何であれ一緒じゃないか …とか、
・国内債券の比率を調整して安定性を高めるって、それ普通の投信を利用するだけでもっと低コストにきめ細かく実現できるはずだよね …とか、

どうにも基礎的な部分でおかしな話が多かったので、いちいち反論しようかと思ったのですが…

次の記載を見て一気に脱力しました。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



変な記事 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/04/24(月) 03:26 ]

DCをやらないほうがいい人……? あるのか、そんな話?
プレジデントオンラインの個人型確定拠出年金iDeCoをやらないほうがいい人という記事を読みました。

論旨としては、まず「DCのメリット」について、人によってはあまり大きなメリットにならないかもしれないと論じた上で、「利益が出るかどうかは不透明」「流動性がない」「投資商品が少ない」というデメリットを強調し、「お金持ちに向いている」「自分が制度に向いているかどうか考える必要がある」という結論を導いています。


正直言って、メリットを過小評価し、デメリットを過大評価している、公平性に疑義のある記事だと感じます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



変な記事 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/05(木) 03:21 ]

copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania