アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

りそなAMから8資産バランスインデックスファンド(日本重め)登場
りそなアセットマネジメントから、国内・先進国・新興国、株式・債券・リートの8資産に分散するインデックスバランスファンドが登場します。

つみたてバランスファンド

資産構成は以下の通り。
 国内株式(TOPIX) 30%
 先進国株式(MSCIコクサイ) 20%
 新興国株式(MSCIエマージング) 5%
 国内債券(NOMURA-BPI) 20%
 先進国債券(シティ世界国債除く日本) 5%
 新興国債券(JPモルガンGBI-EMグローバルダイバーシファイド) 5%
 国内リート(東証リート指数) 10%
 先進国リート(S&P先進国リート指数除く日本) 5%

いずれのクラスもSmart-iシリーズと同様のRAMマザーファンドに投資します。
実質的にSmart-iのバランスファンド部門と見てもよいでしょう。

信託報酬は0.2106%、消費税抜きでは0.195%と、この8資産が揃ったバランスファンドとしては初めて税抜き0.2%の壁を突破してきました。
やや資産構成が異なる三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド(信託報酬0.2268%、税抜き0.21%)をも凌駕しています。
ただし、本ファンドは新興国債券にてETFに投資する場合があり、その場合はETF込みで税抜き0.217%になるということですから、三井住友DCつみたてNISAに僅かに譲ることになります。
いずれにしても、emaxis slimバランス8資産均等型を凌いでおり、追随値下げがあるのか注目されます。

設定日は10月26日、販売会社にはりそな銀行の名前がありますが恐らくは自己設定用で、実質未定と思われます。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



Smart-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/09/21(木) 10:47 ]
[ 最終更新:2017/09/21(木) 10:47 ]

Smart-iインデックスシリーズ登場。コスト競争再燃なるか、試されるemaxis slim
りそなアセットマネジメントが、低コストインデックスファンドシリーズ「Smart-i」を設定します。

設定ファンドの概要は以下の通りです。
名称ベンチマーク信託報酬従来の最安ファンド
Smart-i 日経225インデックス日経2250.1836%ニッセイ<購入・換金手数料なし>、【つみたて】(0.1944%)
最安値更新
Smart-i TOPIXインデックスTOPIX(配当込み)0.1836%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>、【つみたて】(0.1944%)
最安値更新
Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)シティ世界国債インデックス(除く日本)0.2052%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.1836%)
Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)シティ世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ)0.2052%たわら(0.216%)
最安値更新
Smart-i Jリートインデックス東証REIT指数(配当込み)0.1836%ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.27%)
最安値更新
Smart-i 国内債券インデックスNOMURA BPI総合0.1512%emaxis slim、iFree(0.1512%)
最安値同点
Smart-i 先進国株式インデックスMSCIコクサイ(配当込み)0.216%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>、【つみたて】(0.216%)
最安値同点
Smart-i 新興国株式インデックスMSCIエマージング(配当込み)0.3672%emaxis slim、【つみたて】(0.3672%)
最安値同点
Smart-i 先進国リートインデックスS&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)0.216%三井住友DC(0.3024%)
最安値更新

※記事末尾に記述の通り、TOPIXは後に本表より更に安いファンドが登場しています。

いずれも8月29日に自己設定・運用開始となります。
販売会社は、いずれのファンドもりそな銀行の名のみが記載されています。もっとも、これはりそな銀行のみで取り扱うという意味ではなく、とりあえず当初自己設定用の販売会社のみを記載したということではないかと思います(りそなグループのみでの取り扱いだとしたら、埼玉りそな銀行や近畿大阪銀行の名が出てくるはず)。
おそらくは主要ネット証券が実際の販売を取り扱うことになるのでしょう。

また、債券やリートのファンドがあることから、必ずしも積立NISA向け(株式を含むことが必須)のみを念頭に置いたものではなく、現行NISAや特定口座での一般販売をするものと思われます(もっとも、DC専用やラップ専用の可能性は排除できませんが…)。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



Smart-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/08/11(金) 14:31 ]
[ 最終更新:2017/08/25(金) 00:24 ]

copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania