アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

Smart-iのバランスファンド登場。リスク別バランスファンドとしての最低水準コストで、シリーズの巻き返しなるのか
Smart-iインデックスシリーズから、リスク水準別のバランスファンド3本が設定されます。
Smart-i8資産バランス安定型/安定成長型/成長型

詳細を確認します。

名称安定型安定成長型成長型
国内債券NOMURA-BPI総合28.5%15.5%7%
先進国債券FTSE世界国債16%8%4%
ヘッジ付き先進国債券FTSE世界国債(円ヘッジ)28.5%15.5%7%
新興国債券JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド2%4%5%
国内株式TOPIX8%19%26%
先進国株式MSCIコクサイ10%21%28%
新興国株式MSCIエマージング3%7%10%
国内リート東証リート指数2%5%6%
先進国リートS&P先進国リート指数2%5%7%
国内38.5%39.5%39%
先進国56.5%49.5%46%
新興国5%11%15%
債券75%43%23%
株式21%47%64%
リート4%10%13%
信託報酬0.1728%0.1944%0.216%


なお、資産配分はリスク水準維持のため、定量データに基づき年1回見直されます。
また、新興国債券についてはETFを利用する場合があり、その場合はETFの経費により0.0088%/0.0176%/0.022%程度信託報酬が増加することになります。

設定日は3月27日となっています。
販売会社はりそな銀行の名前しかなく、おそらく自己設定用の販売会社でしょうから実際の販売窓口は未定と思われます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Smart-i | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/03/10(土) 19:24 ]
[ 最終更新:2018/03/10(土) 19:24 ]

Smart-iに漸く販売会社が付く。これでコスト競争に本格参戦
Smart-iインデックスシリーズが、SBI証券で一般販売を開始しました。

販売会社の追加について

本シリーズは、設定当時にはemaxis slimをも脅かす低コストでの登場となっていました。
ところが、どうしたことかいつまで経っても販売会社が付かず、僅かにつみたてNISA限定での取扱予定がアナウンスされるのみでした。

今回、SBI証券が販売会社になり(同社も既につみたてNISAでの取扱予定は発表していましたが)、課税口座・現行NISA口座も含めて買付が可能になりました。
販売会社が付かないでいる間にemaxis slimやニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ等による更なるコスト低下があり、やや不利な立場に変化させられてしまってはいますが、それにしても、手数料順でソートするといずれのファンドも結構上位に現れますから、訴求力を全く失ったわけではありません。
特に、リートにおいては、国内・先進国とも、従来の最安ファンドからの安値更新幅が大きく、しかもその後の他社のコスト低下も緩やかであったため(つみたてNISA対象外であるためでしょう)、現在も大差をつけて最安値を堅持しています。この分野においては当面優位性は維持できるでしょう。

また、新設ファンドであるため資産規模も気になりそうなところですが、本シリーズはいずれもマザーファンドをバランス(ラップ型)ファンドやファンドラップ専用ファンドと共有しており、マザーファンドレベルではそれなりの残高があるようですから、安定性には一定の期待をしてよいと思われます。


私も、リートに関してはSmart-iに切り替える手続きを行いました。

コストに敏感な投資家層が多いであろうSBI証券で、今後資産の積み上げが続くことを期待したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Smart-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/29(水) 02:22 ]
[ 最終更新:2017/11/29(水) 02:22 ]

Smart-iシリーズが信託報酬配分変更…販売会社の意識はまだこんなものなのか
りそなアセットマネジメントの低コストインデックスファンドSmart-iシリーズが、珍しい内容の訂正有価証券届出書を提出しています。
信託報酬の配分変更です。

詳細を確認します。

名称委託会社販売会社受託会社信託報酬合計
Smart-i日経225インデックス0.0864%0.0756%0.0216%0.1836%
0.081%0.081%0.0216%
▲0.0054%+0.0054%±0%±0%
Smart-i TOPIXインデックス0.0864%0.0756%0.0216%0.1836%
0.081%0.081%0.0216%
▲0.0054%+0.0054%±0%±0%
Smart-i Jリートインデックス0.0864%0.0756%0.0216%0.1836%
0.081%0.081%0.0216%
▲0.0054%+0.0054%±0%±0%
Smart-i先進国株式インデックス0.1188%0.0756%0.0216%0.216%
0.0972%0.0972%0.0216%
▲0.0216%+0.0216%±0%±0%
Smart-i新興国株式インデックス0.1944%0.1512%0.0216%0.3672%
0.1728%0.1728%0.0216%
▲0.0216%+0.0216%±0%±0%
Smart-i先進国リートインデックス0.1188%0.0756%0.0216%0.216%
0.0972%0.0972%0.0216%
▲0.0216%+0.0216%±0%±0%



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Smart-i | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/11/11(土) 23:05 ]
[ 最終更新:2017/11/11(土) 23:05 ]

りそなAMから8資産バランスインデックスファンド(日本重め)登場
りそなアセットマネジメントから、国内・先進国・新興国、株式・債券・リートの8資産に分散するインデックスバランスファンドが登場します。

つみたてバランスファンド

資産構成は以下の通り。
 国内株式(TOPIX) 30%
 先進国株式(MSCIコクサイ) 20%
 新興国株式(MSCIエマージング) 5%
 国内債券(NOMURA-BPI) 20%
 先進国債券(シティ世界国債除く日本) 5%
 新興国債券(JPモルガンGBI-EMグローバルダイバーシファイド) 5%
 国内リート(東証リート指数) 10%
 先進国リート(S&P先進国リート指数除く日本) 5%

いずれのクラスもSmart-iシリーズと同様のRAMマザーファンドに投資します。
実質的にSmart-iのバランスファンド部門と見てもよいでしょう。

信託報酬は0.2106%、消費税抜きでは0.195%と、この8資産が揃ったバランスファンドとしては初めて税抜き0.2%の壁を突破してきました。
やや資産構成が異なる三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド(信託報酬0.2268%、税抜き0.21%)をも凌駕しています。
ただし、本ファンドは新興国債券にてETFに投資する場合があり、その場合はETF込みで税抜き0.217%になるということですから、三井住友DCつみたてNISAに僅かに譲ることになります。
いずれにしても、emaxis slimバランス8資産均等型を凌いでおり、追随値下げがあるのか注目されます。

設定日は10月26日、販売会社にはりそな銀行の名前がありますが恐らくは自己設定用で、実質未定と思われます。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Smart-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/09/21(木) 10:47 ]
[ 最終更新:2017/09/21(木) 10:47 ]

Smart-iインデックスシリーズ登場。コスト競争再燃なるか、試されるemaxis slim
りそなアセットマネジメントが、低コストインデックスファンドシリーズ「Smart-i」を設定します。

設定ファンドの概要は以下の通りです。
名称ベンチマーク信託報酬従来の最安ファンド
Smart-i 日経225インデックス日経2250.1836%ニッセイ<購入・換金手数料なし>、【つみたて】(0.1944%)
最安値更新
Smart-i TOPIXインデックスTOPIX(配当込み)0.1836%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>、【つみたて】(0.1944%)
最安値更新
Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし)シティ世界国債インデックス(除く日本)0.2052%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.1836%)
Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)シティ世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ)0.2052%たわら(0.216%)
最安値更新
Smart-i Jリートインデックス東証REIT指数(配当込み)0.1836%ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.27%)
最安値更新
Smart-i 国内債券インデックスNOMURA BPI総合0.1512%emaxis slim、iFree(0.1512%)
最安値同点
Smart-i 先進国株式インデックスMSCIコクサイ(配当込み)0.216%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>、【つみたて】(0.216%)
最安値同点
Smart-i 新興国株式インデックスMSCIエマージング(配当込み)0.3672%emaxis slim、【つみたて】(0.3672%)
最安値同点
Smart-i 先進国リートインデックスS&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)0.216%三井住友DC(0.3024%)
最安値更新

※記事末尾に記述の通り、TOPIXは後に本表より更に安いファンドが登場しています。

いずれも8月29日に自己設定・運用開始となります。
販売会社は、いずれのファンドもりそな銀行の名のみが記載されています。もっとも、これはりそな銀行のみで取り扱うという意味ではなく、とりあえず当初自己設定用の販売会社のみを記載したということではないかと思います(りそなグループのみでの取り扱いだとしたら、埼玉りそな銀行や近畿大阪銀行の名が出てくるはず)。
おそらくは主要ネット証券が実際の販売を取り扱うことになるのでしょう。

また、債券やリートのファンドがあることから、必ずしも積立NISA向け(株式を含むことが必須)のみを念頭に置いたものではなく、現行NISAや特定口座での一般販売をするものと思われます(もっとも、DC専用やラップ専用の可能性は排除できませんが…)。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Smart-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/08/11(金) 14:31 ]
[ 最終更新:2017/08/25(金) 00:24 ]

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania