アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

つみフェスの参加者アンケート回答。より的確・実践的な投資知識が広まることを祈って
つみたてNISAフェスティバルの終了後、金融庁から送られてきた参加者アンケートに回答しました。
主に、「投資の情報源として利用する/しないもの」、「各プログラムごとの感想」、「今後開催するイベントに期待する内容」を訊かれています。

今後も個人投資家イベントを内容ブラッシュアップの上で開催するということで、その意欲には期待が掛かります。


「私が考える活用法」推し


プログラム別の感想では、特に「私が考えるつみたてNISAとidecoの活用法」のプログラムが非常に良かったと思うので、今後も同様の調子で続けるよう推しておきました。
このイベントは、個人投資家が自分なりの投資法(積立額、購入商品、考え方等)を発表し、それについてプロのFPなどが講評・助言するものです。
  発表者の資料

講評・改善案の指摘については、
・税制優遇口座内では期待リターンの高い資産を置くのが合理的であること
・アクティブファンドの将来にわたる良否を見抜くのは困難であり、低コストのファンドを選ぶことが適切な可能性が高いこと
・各口座内だけでポートフォリオを考える意味はあまりなく、保有資産全体でのバランスを主に考慮すべきこと
など、まさに長期投資の基本やアセットロケーションの考え方を示すものとなっていました。

長期投資においてどのような考え方を持てば合理的であり良好な成果を挙げられる可能性が高まるかは、優良な筆者の書籍や記事を読めば書いてあることも多いですが、やはり一般論として書いてあるだけでは今一つイメージがつかみにくい場合もあるかもしれません。
今回のように、具体的な投資手法案を叩き台として何をどのように改善するべきか、といった形で指摘されると、よりイメージは掴みやすくなるでしょう。しかも、今回の講評者(特に岩城みずほ氏)は、良い箇所も駄目な箇所もはっきりと「良い」「駄目」と明言してくれる人でしたから尚更です。
また、今回は「idecoでリスク資産を忌避して全部元本確保型にしながらNISAで外国株式に全力という、控えめに言って支離滅裂な人」の次に「全体の資産構成の中でideco及びNISA内で株式を優先的に買付け、残りを課税口座内で買い付けるというアセットロケーションを完璧に実践する人」が登場するという、かなり好対照をなす人選であったことから、投資手法の合理・不合理がより印象的に伝わるものとなりました。このあたりは金融庁による選考の見事さを讃えるばかりです。

「NISA制度が拡充するためには、制度の実態が良いものとなって活用される実績が必要」というのが今回のイベントの中で金融庁担当者の発言としてあったものです。
そのためには、各投資家ができるだけ合理的・効果的な投資手法を身につけ実践し、良好な果実を得ることが必要でしょう。投資家があまり下手ばかり打って、ろくに利益も出せず税制の恩恵が画餅になってしまうようでは、拡充どころか制度の存在意義に疑問が呈されかねません。
そのために、合理的な投資手法の何たるかを具体的なイメージをもって伝えられる今回のプログラムは、今回同様に「ぶれず、はっきりした」講評者のもとで是非続けてもらいたいものです。




続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



金融庁 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/09/15(金) 02:03 ]

つみフェス2017
金融庁の実施したつみたてNISAフェスティバル2017に参加してきました。

このイベントは、定期的に開催されている個人投資家との意見交換会の拡大版として実施されたものです。

9月14日に、イベントでの配布資料等が金融庁のつみたてNISA関係のページにアップされています。


イベントの内容について、実況ツイートを上げておきます。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



金融庁 | トラックバック:0 | コメント:5
[ 2017/09/11(月) 03:10 ]

つみたてNISAガイドブックに関する意見交換会に参加
「個人投資家との意見交換会 ~つみたてNISAのガイドブック~」に参加しました。

このイベントは、都内某所の会議室(金融庁外)にて、金融庁が作成中のつみたてNISAガイドブックのプロトタイプを提示され、それについて改善点など意見交換をするものでした。
意見交換の内容を幾分織り込んで(時間的に限界もあるようですが)、つみたてNISAフェスティバルにて配布されたり、金融機関にて商品販売時に配られたりもするようです。


プロトタイプの中身は、(あまり詳細に書くことはできないのですが)概ね長期投資・分散投資・積み立て投資それぞれの利点の説明、低コストの重要性、分配金が不利益であること、等について記述されていました。

私の方からは、「何故株式投資が(ギャンブルとしてでなく)長期的な資産形成に有利なのか、という本質論の説明を入れた方が良いのではないか」とコメントさせて頂きました。
つみたてNISAでは、債券やリートのみの商品では不可で、必ず「株式オンリー」または「株式含むバランス」である必要があります。
ただ、世間では株式を短期の値幅取りのトレーディング対象として見る傾向が強く、バブル以降日経平均が高値を更新しないという事実も相俟って、「何故株式を強制的に買わせるのか?」「ギャンブルに付き合わされるのか?」という(的を外れた)疑念を抱かれる惧れもなしとしません。
そのために、「株式は会社の割合的持分のため、発行会社が利益を上げるごとに本源的な価値は上がっていく(はずである)」「資本主義の成長を前提とすれば、市場全体としてみれば企業は利益を出し続ける(はずである)」等、株式投資の本質にまで遡って合理性を論証する箇所があったほうが、何故株式なのかを納得させられるという考えです。


他にも、参加者からは以下のような意見が出されていました。
・つみたてNISAの解説なのか、投資教育の教材なのかがどっちつかずな感がある。前者であるとしたら信託報酬云々や分配金云々の話は(そもそもその部分はスクリーニングされた商品しか入ってこないのだから)無くても大丈夫なのではないか。
・長期積み立ての結果を示すグラフがあるが、バブル時の最高値より前からのデータがあったほうが良いのではないか(それを超えてさえも黒字になっているとなれば安心感がある)
・せっかく金融庁が作るのだから、金融機関のパンフレットでは書かれないであろう情報を盛り込むことが重要。その意味で分配金や信託報酬の話は削らないでほしい
・「一定年数持ち続けたら利益が出ている」という実績のグラフはあるが、「その中で元本割れしていた期間はどれくらいあったか」というのも示すべきではないか(途中で軽々に売ってしまう可能性の問題)
・「信託報酬の重要さ」を示すグラフを作るくらいなら、それと同様に「税金の重要さ」の説明もあってよいのではないか。配当や売却益にどれだけ税が掛かっているか、非課税になることがどれだけのメリットであるかを示せば、NISAの優位性が目に見えて理解されるはず。意外とそのメリットが理解されていないかもしれない。
等々

実際には、「つみたてNISAガイドブック」のほかに一般的な投資教育の教材も別に作ることを考えているそうですので、今回の意見のうちのいくつかはその別資料のほうで実現することもあるかもしれません。

いずれにせよ、長期積立投資の真髄がうまく伝わるようになってくれれば良いと思います。

また、詳細を書くことはできませんが、今回聞いた話ではつみたてNISAフェス当日会場内のブースにてある面白い資料が展示・配布されるそうです。
このイベントでなければなかなか目に触れるものでもなさそうなので、是非見てみたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



金融庁 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/08/28(月) 02:22 ]

第4回金融庁意見交換会。ドアを叩かれても油断はしないように……
7月26日の第4回の金融庁意見交換会に出席してきました。

過去の参加記録
 前回:第3回金融庁意見交換会に参加。いろいろと興味深い発言が飛び出して今後が楽しみに…?
 前々回:金融庁セミナーに参加

今回は販売会社を交えての、各社の取り組み姿勢などを質す会となりました。

今回の主な発言は前回と同じようにツイッターのモーメントにしておきましたので、それを貼っておきます。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



金融庁 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/28(金) 01:36 ]

第3回金融庁意見交換会に参加。いろいろと興味深い発言が飛び出して今後が楽しみに…?
6月29日に金融庁にて実施された個人投資家向けの第3回意見交換会に出席してきました。
 参考:前回の参加 金融庁セミナーに参加

今回も前回同様積立NISAが主要テーマでして、今回は運用会社の人を呼んで各社の考え方や投入する商品などについての説明・質疑応答という形になりました。



前回は普通の机・普通の内装の会議室でしたが、今回は何か物凄い審議会とかが開かれそうな仰々しい部屋が会場となり、いきなり圧倒された感じです(^^;

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



金融庁 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/30(金) 01:28 ]

次のページ
copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania