fc2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

ありそうでなかった「米国除く全世界株式インデックスファンド」楽天VXUS誕生! 米国株式ファンドとの組み合わせ運用が可能に
楽天投信から、「米国除く全世界株式」に投資するインデックスファンドが登場します。
詳細を確認します。

名称ベンチマーク信託報酬現在(または予定判明済み)の最安ファンド
楽天・全世界株式(除く米国)インデックス・ファンドFTSEグローバル・オールキャップ(除く米国)インデックス0.202%程度なし
※新製品

設定日は12月22日となっております。

愛称として「楽天・VXUS」という名称を用いることがありますという注意書きがあり、楽天VXUS(楽天+ETF名称)という呼び方が公認されています。
楽天バンガードシリーズの他のファンドだと愛称として「楽天・バンガード・ファンド(【全世界/全米/米国高配当/新興国】株式)」という名称を用いることがありますといった形になっているので、意外にもETF名を直接愛称として公認したのはこれがシリーズ史上初めてのようです。

ところが、運用手法は意外にも名が体を表さない可能性を留保しています。
というのも、投資対象ETFとして、バンガード・トータル・インターナショナル・ストックETF(VXUS)のほか、どういうわけかバンガード・FTSE・デベロップド・マーケッツETF(VEA)も挙げられており、特に両ETFの配分割合の高低についても触れられていません。
言うまでもなく、VEAは米国除く先進国の指数にしか連動しない(連動対象指数はFTSEデベロップド・オールキャップ(除く米国)インデックス)ETFであるため、VEAが組み込まれれば組み込まれるだけ「楽天VXUS」本来の連動対象であるFTSEグローバル・オールキャップ(除く米国)インデックスからは(新興国の有無の分)乖離する可能性が高まります。
VXUSの中で新興国は25%程度を占めているため、これを含むか含まないかではかなり大きなずれを起こす可能性が高そうです。

信託報酬の計算上は、すべてVXUSに投資したものとして計算された数字が使われているようですから、VXUSが投資先の大半を占めることを想定しているのだろうとは思いますが、なぜこのような設計にしているのかはよくわかりません。VWOも記載されているなら「VEA+VWOという合成(経費率は0.0575%程度となり、VXUS単体の0.07%より低廉になる)も想定されている」と考えることができるのですが……。

念のため、運用実態が触れ込みと幾分異なるものになるリスクがあることには留意がいりそうです。

とはいえ、「米国除く全世界株式」というファンドは今までETF以外の投資信託ではありそうでなかったところで、そこに切り込んできた新味あるファンドであることは確かです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天バンガード | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2022/11/29(火) 07:00 ]
[ 最終更新:2022/11/29(火) 07:00 ]

楽天バンガードから債券ファンド登場。使い道的には「楽天インデックスバランスファンド(オリジナル比率・オリジナル組合せ)」の組成くらい?
楽天バンガードから、全世界債券に投資するインデックスファンドが登場します。
楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド

詳細を確認します。

ベンチマーク:ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合浮動調整インデックス(円ヘッジベース)
運用スキーム:「バンガード・インベストメント・シリーズ・ピーエルシー - バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンド - インスティテューショナル円ヘッジシェア」に投資するFoF
信託報酬:0.1296%+組入れファンド0.15%程度=0.2796%程度
販売会社:楽天証券・SBI証券・マネックス証券・岡三オンライン証券
運用開始:2019年2月15日


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天バンガード | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/01/30(水) 02:18 ]
[ 最終更新:2019/01/30(水) 02:18 ]

楽天VTが損保ジャパン日本興亜DC証券で取り扱い開始。年金で全世界分散低コスト投資が普及?
楽天VTが、11月1日から販売会社に損保ジャパン日本興亜DC証券を追加しています。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

損保ジャパン日本興亜DC証券は、その名の通り確定拠出年金を専門に取り扱っている業者です。
個人型では自社で独自に運営管理機関としてプランを持っているほか、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントのプランの事務も受託しています。
その他、企業型も勿論運営しています。
SOMPOグループ統合報告書によりますと、2018年3月末現在で加入者数は28万6千人となっています(個人型・企業型併せてでしょう)。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天バンガード | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/11/01(木) 23:55 ]
[ 最終更新:2018/11/01(木) 23:55 ]

楽天バンガードが高コストなのかどうか、実は判断ができない。開示方法が揃ってくれないと…
楽天バンガードシリーズの運用報告書が公開されています。

その内容を見て、「実質コストが高い!」という声が上がっています。

実際に見てみますと、確かに、楽天VTの場合でこの通り。
費目発生1年分に引き直し
信託報酬0.098%0.1296%
売買委託手数料0.167%0.2208%
有価証券取引税0.000%0.0000%
その他費用0.039%0.0516%
合計0.304%0.4020%

実際には、これに年0.10%のVTの経費率が加算されるわけですから、年間ベースですと0.5020%になるわけで、「信託報酬+VT経費」の0.2296%に比して0.2724ポイント、2倍以上に上る負担となります。こう見るとたしかに意外な高負担という印象になります。

また、全世界株式の投信として例えば野村つみたて外国株ですと以下のような調子ですから、ますますもって楽天VTの負担の高さが印象付けられます。(なお、emaxis slim全世界株式などはまだ報告書が出ていません)
費目発生1年分に引き直し
信託報酬0.126%0.2052%
売買委託手数料0.004%0.0065%
有価証券取引税0.007%0.0114%
その他費用0.017%0.0277%
合計0.154%0.2508%


このような比較を理由に、楽天投信に対して相当強い懸念や批判の声、あるいは恰も「楽天バンガードは見掛け倒し・期待外れである」「楽天バンガードへの投資を待ったのは正解だった」かのような論調も散見されるようになっています。

ただ、このような考え方は、完全にというわけではなくても早計な面があるかもしれません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天バンガード | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/09/23(日) 03:44 ]
[ 最終更新:2018/09/23(日) 03:44 ]

楽天バンガードが初めて地銀に進出(栃木銀行)
栃木銀行が、7月2日から楽天VT楽天VTIの2ファンドを取り扱い開始しています。
投資信託新商品の取扱い開始について

楽天バンガードの商品は今までネット証券&ネット銀行での取扱しかなく、地方銀行に進出したのはこれが初の事例となります。
楽天バンガード販売会社
↑販売会社一覧。このラインナップで「栃木銀行」は色々と異彩を放っています。

栃木銀行側での取り扱いは、ネット限定の取り扱いとなる一方、つみたてNISA対象外、課税口座での取り扱いのみという意外な形です。
栃木銀行のつみたてNISAでは、たわらノーロードシリーズとひふみ投信・コモンズ投信がラインナップされていますが、そこに追加する対応は取られていません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天バンガード | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/06(金) 01:24 ]
[ 最終更新:2018/07/06(金) 01:24 ]

次のページ
copyright © 2024 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania