アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

楽天投信から、実質的にバンガードのETFへの積立投資が可能になる凶悪なインデックスファンド登場! 一般売りしてくれよ…?
楽天投信投資顧問が、全米&全世界のインデックスファンドを設定します。
詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬備考
楽天・全世界株式インデックス・ファンドFTSEグローバル・オールキャップ・インデックス0.1296%+組入れファンド分バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】に投資。
組入れファンドの経費率は0.11%
楽天・全米株式インデックス・ファンドCRSP USトータル・マーケット・インデックス0.1296%+組入れファンド分バンガード・トータル・ストック・マーケットETF【VTI】に投資。
組入れファンドの経費率は0.04%

ファンド設定予定日は9月29日、販売会社は楽天証券の名があります。

いずれのファンドもバンガードの米国上場ETFを購入するのみというファンドオブETFs形態です。
ベンチマークとされている指数は両方とも金融庁の指定インデックスに含まれていますので、つみたてNISA対応の資格は有していることになります。
仮につみたてNISAや通常口座にて販売されるとしたら、実質的に海外ETFを金額指定で100円から買い付けることが可能になるということで、極めて重大な意義を有する商品ということになります。特に、果たしてETFに対応する販売会社が現れるか懸念があったつみたてNISAで実質的にETFが購入可能となれば大助かりです。
投資対象としても、両ファンドとも小型株までカバーする設計になっていますから、全世界株式はステートストリート全世界株式インデックス・ファンドよりも、全米株式はiFreeS&P500インデックスファンドよりも広範に分散投資できることになります。それでいて、ETF分の経費を加えても既存ファンドよりも低廉なコストでの投資が可能となっています。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



楽天インデックス | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/09/13(水) 00:02 ]

copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania