アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

熊本コツコツに参加。資産運用オフに関する潜在的需要は高そう
5月19日開催の、コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ熊本に参加してきました。

羽田から飛行機に乗り、2泊3日の行程での旅行。コツコツだけでなく史跡巡り等もしていますあと乗り鉄
当日は、水前寺成趣園と熊本城を見学した後に会場入りです。


コツコツ熊本は、今年に入って設立されたばかり、まだ2回目です。
きしやんさんともう一人の女性の方が幹事をされています。
できれば初回に参加したかったところですが初回は日程が確保できず、2回目での参加となりました。

今回は幹事除き8人の参加枠が満席での開催。居酒屋での懇親会での開催でした。
参加者は半分程度が投信やidecoなどインデックスがメイン、もう半分程度が個別株に力を入れている方々と、割れていました。
同じ会社の2人連れという方もいました。

私からは自分の投資歴(2008年の、丁度STAMシリーズが登場して低コストインデックスファンド積立が可能になった時代からのスタート)や、各地のコツコツの様子などをお話しました。
その他、出た話は
 ・参加者のお一人の受講している株式投資セミナーが何段階もあって授業料が嵩む
 ・株式の銘柄の選び方
 ・(インデックスメイン組から)個別株式にも手を出したいが、財務諸表を読んだりPERやらPBRやら理解できるようにしたい
 ・NISA初年度分が満期になるが、途中の年度で証券会社の変更をしているのでロールオーバーができないとわかったというお困り(私からは、「来年のNISA口座が以前の証券会社で開設されればよいのではないか?つまり
もう一度証券会社変更をすればいけそう」とコメント)
 ・NISAの統一や枠の拡大・恒久化に関する希望(「イギリスでは無期限なのだし、いつか無期限にできないのか?」という声も)
 ・どこかのBSの番組でFPが推奨していた投信がひどかった(信託報酬1パーセント超のアクティブなど)
等等。

店の予約が詰まっていたようで2時間きっかりで退出というのが惜しく感じられるほど、時間がすぐに経過してしまいました。


希望者で2次会に行き、日本酒バーで少し話を続けました。
「特定口座と一般口座(会社員でなくなる場合は、特定源泉ありで『源泉徴収された額は諦めつつ、確定申告を避ける』のが社会保険料含めると最適になる可能性が高そうか?)の話」「親の世代までは働いてれば何とかなったがこれからはリテラシーが必要と痛感」などといった話があったのは覚えています。


翌日回る人吉での観光情報も頂くなど、親切に対応頂きました。
熊本コツコツは今後も奇数月に開催するとの事です。
私はそう頻繁に行くわけにはいきませんが、是非盛会が続いてほしいと思います。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/05/21(月) 01:51 ]
[ 最終更新:2018/05/21(月) 01:51 ]

コツコツ福岡に参加
10月21日に行われた、コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 福岡 Vol.34に参加してきました。
もちろん初参加です。
21日(土)当日に新幹線で現地入り、翌日に新幹線で帰宅という結構な強行軍でした(一応、福岡城やら元寇遺構やら博物館やら、観光らしきこともやってはいます)。


会場は路地の奥のかなり隠れ家な感じの建物で、2階の座敷を借り切りでした。
福岡の会は、回によってはかなり真面目な話の場になることもあるようですが、今回はかなり「ただの飲み会」然とした雰囲気でして(^^;、 
 ・参加者の転職や普段の仕事の話
 ・自動車の修理の裏話
 ・プロ野球クライマックスシリーズ
 ・自分や周囲の人の介護の話
 ・大型の台風が来ているけど私は翌日ちゃんと帰れるのか (※帰れました)
等々、あまり投資と関係ない話も花が咲いたりしました(介護はお金にも縁深いですが)。

とはいえ、よくよく思い出してみれば意外と投資の話もしていたような。
 ・インデックス投資(神戸製鋼や東芝みたいなのが入る)とESG投資の長短
 ・いわゆる「お宝保険」を解約して他の資金に回してしまうようなマネーリテラシーの人がいた…orz
 ・つみたてNISAなのか現行NISAなのか。自分で既にやっている分は現行継続だが新規に勧めるならつみたて?
 ・ひふみ投信が米国株をさらに増やす件
 ・NISAやDCの出口
等々…
既にリタイアに近い年齢の方もおり、「他の若い世代のブロガーよりも、Nightwalkerさんの考え方や実践が参考になっている」とのことでした。ブログに対する需要もいろいろあり、また各自なりに方向性をもって書いていれば見られて役に立つこともあるという例だと思います。

福岡のコツコツは創設以来隔月で欠かさずやっているらしく、幹事の笠氏曰く、「投資がうまくいかない環境の時にも、必ず集まって仲間と話ができるように」との思いがあるそうです。
たしかに、相場が悪い時に嫌気がさして売却・退場なんていうのが一番やってはいけないパターンですし、つみたてNISAフェスティバルでも「第一に続けること、第二に続けること、第三に続けること」という投資の秘訣があったところですから、良い時でも悪い時でも2か月以内に集まって投資家同士相談も激励もできる…というのは精神安定の意味で重要かもしれません。そう考えると、この会は極めて重要な場であると感じられます。

さすがにそう頻繁に福岡まで出かけるのも難儀ですから、いつ再訪があるかわかりませんが、是非今後とも長きにわたって継続することを願いたいと思います。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/27(金) 01:58 ]
[ 最終更新:2017/10/27(金) 01:58 ]

第1回ナナミ会参加
ナナミライさんが企画されたオフ会「ナナミ会」に参加してきました。
 ブロガー&投資家オフ会をはじめて主催しました!第1回ナナミ会『奇跡と情熱の出会い』 (知恵トクライフ)

第1部は、マンションの一室(貸し会議室として運用されている?)を利用しての座談会、第2部は居酒屋での飲み会でした。

第1部では、主にブログ運営に関する話題。
・SEO対策や「記事中の上のほうに目次を作って読んでもらいやすく」など、アクセス向上のための取り組みについて
弊ブログは何一つとして対策を取っていません(^^; この辺は全く意識の高さの違いが浮き彫りになります

・サーバー移転(独自ドメインの場合など)や有料サービスの利用について
有料の費用については、広告などの収益を得ている場合はそれで元が取れると判断、など。
また、「初期費用を払ってしまうと、もう後には引けないので書くモチベーションになる」という発想もあり、いろいろ考え方があるものだと思いました。
※弊ブログは完全無料&完全無収益での運用です(^^;

・逆アクセスランキングなどのツールについて
相手が設置している場合、「サイト名の表示によりお互いにアクセスを送りあう」ような使い方になる、とのこと
そのほか、アクセスアップとしてのキーワードについて、例えば株主優待記事に「桐谷さん」というキーワードを入れるとアクセスが伸びたなどというネタも披露されましたw

・執筆時間や更新時刻について
週末にまとめて何記事も執筆という人、通勤時間中にスマホでという人、ネタをLINEの「一人グループ」にメモしておくという人など、色々なやり方があるようです

・各参加者のブログをプロジェクタで映して最近の記事などについて色々
貸し会議室だからできることですね。
Dartmaniaさんの遠距離恋愛ネタが特に注目されていたようです。似た状況にある人などに向け、経験談など需要があるのでは、とのこと。


第2部では、投資歴やFP試験、積立NISA、健康保険や障害厚生年金と民間の就業不能保険について、など幅広く。
VALUなどの怪しいネタについても少し話題になったり、私からも某N氏の簡単な遍歴などを投下しておきましたw(話題提供用のネタになるという意味では便利です(^^; )


第1部で2時間半、第2部で4時間ほど、意外に早く過ぎました。
今回は初めて会う人が殆どでしたが、必ずしも普段のようなインデックス投資家ばかりということでもなかったこともあり、それだけに新鮮な刺激になったと思います。
2回目以降も開催を考えているということで、楽しみにしたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


ナナミ会 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/08/20(日) 18:48 ]
[ 最終更新:2017/08/20(日) 18:48 ]

ズボラ飲み会(両ズボラが揃い踏み)
8月4日に開催された吊ら男(つらお)「ズボラ投資」出版記念イベントに参加してきました。

毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資の出版を記念した、有志企画による祝賀飲み会です。
 ※レビュー:「ズボラ投資」。ズボラには作られてない、必要十分な知識量の入門書
なお、同書はこの会の開催の少し前に早くも重刷が決定したという報があり、期せずして重刷祝いをも兼ねることになりました。

今回は、ズボラでも「投資」って、できますか?~元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法の高橋忠寛氏も参加されており、なんとズボラ兄弟の揃い踏みとなりました。
 ※レビュー:ズボラでも投資はできますし、資産管理全体の基礎知識も得られます


今回は基本的にはただの飲み会ということですが、最初に後田享氏より吊ら男氏に対する簡単なインタビューがあり、また他の出版経験者からの祝辞が述べられました。

著者インタビュー


・出版までの経緯
出版社から、具体的な企画もなしに依頼が来た。
「夏頃出したい」ということで8月くらいに出せるように執筆しようというイメージでいたら7月出したいと言われた。

執筆は大体土日で書いたが、最後の方は子供をほったらかしたり、有休使って書いたりしていた。

相場が全体的に堅調な中、その勢いだけで売りたいというのが見え見えw
難しい本を書いても読まれないと思い、ざっくり書こうという方針で書いた。

・著者向けの見本が来たときに感動などがあったか
特に感動なし。本業のプロジェクトが尻に火がついてたのでそれどころでなく、届いた日に現物も見てない。

発売日には子供の世話で書店に行けず。翌日地元の某書店に行ってみたら在庫なく、N氏の本(しかもワインファンドが載っているもの)が平積みになっていた

amazon書評は見てない。一昨日別のイベントで登壇中に話を振られて初めて見た。

・本の出来は
出来は7割程度。例えばリバランスの話とか書いてない。仮に書いたとして、そういう話が目次に並んでるのを見たら多分自分が初心者だったら買わないと思った。


祝辞


水瀬ケンイチ氏


出版重版おめでとうございます。自分が共著書いたときもとにかく大変だった。初めてで、かつ単著で2ヶ月ちょいでの執筆で重版というのはすごい。
つらおが書き残したことは俺が書いてやるw
個人投資家が書くという事は今まで無かったので良かった。
現在執筆中の水瀬著書は12月に出る見込み。

高橋忠寛氏


売り手の立場だと限界あると思いFPとして独立した。後田氏はじめ先達に「相談じゃ儲からんからやめとけ」といわれるも、やってやろうと。実際、相談業務の需要あると感じている。
資産管理など簡単にできるということを(両ズボラ著書のように)伝えて行ければと思う。

山崎元氏


腹の中が黒い証券マンですw
本書は非常に良い本。世の中には難しい本、易しい本、商売っ気のある本、色々ある。そんな中で、投資家の為の本としてよい。
つまらないFPの書いた本(分からないのに初心者向けとか、気取って難しい本とか)、そんな中では上に突き抜けてる。
難しいことを除いたのは有益。そうでありつつレベルは高い。
こんな本が売れるのは良い事。これからも売れるように、今日は決起大会ということで!

田村正之氏


吊ら男氏と出会って5年くらい。かっこいい。歌もミスチル桜井を彷彿
ブログ見てもかっこいい。核心に迫ってる(ベンチマーク配当云々の話など、なかなか書けない話に突っ込んでる)。
こういういい本が売れるのは珍しいことで良かった。

その他


あとは単なる投資家飲み会ですw
話題としては、
・内閣改造や次期首相(誰になるか?)による経済政策
・地方銀行の営業姿勢
・保有してしまってる変な保険の始末
みんな大好きN氏の話題
などなど。

両ズボラ著者からも各著書にサインを頂くことができました。

19時から22時過ぎまでの会でしたが、その後2次会で徹夜及んだ人もいたようで(^^;
私は翌日も出掛ける用がありましたから参加せずに帰りましたが、次回(水瀬氏単著出版記念?)には…と思いますw


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


オフとか | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/08/06(日) 20:22 ]
[ 最終更新:2017/08/06(日) 20:22 ]

インデックス投資ナイトは第10回にして、インデックス投資の市民権拡大が感じ取れる登壇構成に。「限られた仲間の中のイベント」とは言い切れなく
7月8日のインデックス投資ナイトに参加してきました。

今回で第10回になったイベントは、会場を渋谷に移しての開催です。
会の状況は、実況ツイートがtogetterに纏められていますのでそちらに譲ります。
 インデックス投資ナイト2017 #インデックス投資ナイト #カルカル

今回は開会の挨拶に金融庁、第2部の登壇者にGPIF、第3部の座談会に(直販系でない運用会社!)明治安田アセットマネジメントが登場するという、ある意味空前の強力布陣でした。

金融庁は、意見交換会でもお世話になっている政策課の今井利友氏が登壇。
「こういうイベントがあることを知り、是非一言挨拶させてほしいとお願いして今回の登壇となった」とのことで、金融庁側からの発意だったということにはさすがに驚きました。(実行委員のほうから依頼して快諾頂いたものかとばかり…)
挨拶の中では、「金融庁は3つの柱(顧客本位の業務運営・実践的投資教育・税制の後押し)によって資産形成を後押ししようとしている」という金融庁のスタンスを述べるとともに、第4回意見交換会の告知、さらに9月に金融庁主催でイベントを予定しているという予告がなされました。
金融庁側の意思によってこのように(イベントへの参加・イベントを自ら主催という手段を通じて)個人投資家と向き合うようになって来たのは(業者などのフィルターを通さずに直接意思疎通ができる点で)かなり大きな意味のある事態であり、敬意を持って受け止めたいところです。
なお、今井氏は投資ブロガーの記事などにも日頃から頻繁に目を通しておいでだそうで、生の声を拾おうとする情報収集の積極性・本気度が見て取れます。


また、GPIF・運用会社は、どちらも運用者の立場で思うところを述べてくれていました。いずれも話を聞くことは滅多にできないだけに、貴重な機会であったのではないかと思います。


今回のイベントの意義は、参加者の誰か(とよぴーさんだったかな?)が言っていた発言に象徴されると思います。
(客席にいる竹川美奈子氏を見て)「竹川さんが登壇せず客席にいるっていうのが、時代の変わり具合みたいな気がする」

たしかに、嘗てインデックス投資系のイベント(インデックス投資ナイトに限らず)は半ば閉じた世界の中で行っていたようなもので、ブロガー自身が登壇するほかは、有識者枠としては竹川氏をはじめ限られたメンバーになりやすいところでした。(そもそも、こちらの方向を向いてくれる専門家があまりいない)
ところが、今回は金融庁やGPIFといった官公庁系からも、投信運用会社からも人が来る。来るどころか、出演者側から「出させてほしい」という例もあるということで、これまでよりも広い世界から認知され、コミュニケーションやアピールの対象と認められるようになったということではないかと思います。

そう考えると、インデックス投資という世界がこの国の中で今までよりも確実に大きな市民権を取りつつある、そのような地殻変動を見て取ることができそうです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


インデックス投資ナイト | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/10(月) 02:17 ]
[ 最終更新:2017/08/20(日) 16:53 ]

次のページ
copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania