FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

期待通り、一挙にマイナスコストでの運用に舵を切れそう
SBI証券での米国株の貸株サービスは、貸株金利が付与されるのは9月26日からですが、サイト上では既に銘柄ごとに金利が確認できるようになっています。(実際に貸し出されないわけですから、現段階ではあくまで参考数値になりますが…)
米国貸株金利照会01
この画面でティッカーコードを入力すると、該当銘柄の日ごとの適用金利が表示できます。

ためしに検索してみましょう。
米国貸株金利照会02
これは凄い。経費率0.14%のVTが、貸株金利0.3%もつきます。
差引き年率0.16%もの差益が出る勘定でして、3年程度長期保有してしまえば買付時の手数料(0.45%)を取り返すことができます。
(貸株金利は雑所得として課税されるので実質的な利益としてはもう少し下がること、金利は日々の時価に掛かるので株価動向によって金額が動くこと、利率自体も日々変動の可能性があること、に留意する必要があります)

他にいくつかのファンドをまとめてみます。
銘柄連動対象経費率貸株金利差引きコスト
VEAFTSE先進国オールキャップ(除く米国)0.09%0.10%▲0.01%
VWOFTSEエマージングマーケッツオールキャップ(含む中国A株)0.15%0.10%0.05%
VXUSFTSEグローバルオールキャップ(除く米国)0.13%0.30%▲0.17%
VSEMSCI USインベスタブルマーケット生活必需品25/500.10%0.30%▲0.20%
VHTMSCI USインベスタブルマーケットヘルスケア25/500.09%0.30%▲0.21%
VIGNASDAQ USディビデントアチーバーズセレクト0.09%0.30%▲0.21%
VOOS&P5000.05%0.05%0.00%
VTICRSP USトータルマーケット0.05%0.10%▲0.05%
VYMFTSEハイディビデンドイールド0.09%0.20%▲0.11%
BNDバークレイズ米国総合浮動調整0.06%0.10%▲0.04%
BNDXバークレイズグローバル総合(米国除く)浮動調整RICI0.15%0.30%▲0.15%
IVVS&P5000.07%0.10%▲0.03%

結構な数のファンドが、差引きでマイナスのコストになってしまっています。
また、S&P500に関しては、バンガードのVOOよりiシェアーズのIVVの方が低廉になる逆転現象も起こっています。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


外国株・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/09/11(日) 02:22 ]
[ 最終更新:2016/09/11(日) 02:22 ]

セゾン投信が楽天証券の個人型DCに参加するそうだが…セゾンのフィールドはそこでいいのか
楽天証券の個人型確定拠出年金にセゾン投信のファンドがラインナップされるとの報道があり、話題になっているようです。
楽天証券が個人型DCでセゾン投信と組む理由 (東洋経済オンライン)

東洋経済によりますと、
そして、楽天証券の個人型DCにおける注目点は、セゾン投信が設定・運用している2本のファンド、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」を選べることだ。

ということで、既にセゾン投信が直販で販売している2ファンドと同じものに投資できるようです。

今まで「分散投資が1本で実現する」「コストが低い」ということで人気のあった直販ファンドがDCでも買えるようになるということで、界隈は沸き立っているようです。
ただ、実際問題これがどこまで歓迎するに足る話なのかというと、さほどのものではないという気がします。
楽天証券でDCを始めようと考えている方々は、あえてその中でこのファンドを買う必要性があるのかどうか。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


独立系 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/09/08(木) 03:36 ]
[ 最終更新:2016/09/08(木) 03:36 ]

たわらシリーズ、DCに進出か?
たわらノーロード日経225及びたわらノーロード新興国株式の2ファンドにつき、訂正有価証券報告書が提出されています。

その中で、気になる追加記述が登場しています。


(6)【申込単位】
<訂正後>
※確定拠出年金制度によるお申込みの場合は、1円以上1円単位となります。


わざわざこんな追記をするというのは、近いうちにDCへの登場があるのでしょうか。

特にたわら新興国株式は、DCに使われるファンドの中でもexe-iに次ぐ低コスト、純粋なインデックスファンドとしては最安です(新登場予定のファンダメンタルインデックス型のifreeもありますが……。)
これが税制優遇のあるDCで使えるとなるとかなり強力なインパクトを持つ可能性があります。

また、他の資産クラス、さらに言うとたわらplusまで広がってくると、より面白いことになりそうです。

販売会社として名前のある中でDCの扱いがある(予定がある)のはSBI証券と楽天証券ですが、さて、どうなるんでしょう。
淡い期待を持ちつつ見守りたいと思います。




にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


たわら | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/09/06(火) 13:18 ]
[ 最終更新:2016/09/06(火) 13:18 ]

内外の最小分散ファンドが登場……一般販売しないのかなぁ
ステートストリートグローバルアドバイザーズが、9月5日付で新規ファンドの有価証券届出書を提出しました。
概要は以下の通りです。

ファンド名ステート・ストリート日本株式最小分散インデックス・オープンステート・ストリート先進国株式・低ボラティリティ・アルファ・オープンステート・ストリート先進国株式・低ボラティリティ・アルファ・オープン(為替ヘッジあり)
資産クラス国内株式先進国株式先進国株式
主要投資対象東証一部上場銘柄
(ベンチマーク:日本株式最小分散インデックス)
先進国株式(除く日本)
(ベンチマーク:MSCIコクサイ)
先進国株式
(ベンチマーク:MSCIコクサイ円ヘッジ)
設定日平成28年9月21日
決算日11月15日
信託報酬(税込)0.3672%0.5616%0.5832%程度
申込手数料(税込)なし
販売会社楽天証券


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


ステートストリートMA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/09/06(火) 01:15 ]
[ 最終更新:2016/09/06(火) 01:15 ]

小型バリュー系の低コストアクティブファンド登場?
楽天投信投資顧問が、9月2日付で3本のアクティブファンドの有価証券届出書を提出しました。

概要は以下の通りです。
ファンド名楽天グローバル株式ファンド楽天エマージング株式ファンド楽天・世界債券(為替ヘッジ付)ファンド
資産クラス先進国株式新興国株式先進国債券
主要投資対象ディメンショナル・ファンズ・ピーエルシー・グローバル・コア・エクイティ・ファンドディメンショナル・ファンズ・ピーエルシー・エマージング・バリュー・マーケット・ファンドディメンショナル・ファンズ・ピーエルシー・グローバル・ショート・フィクスト・インカム・ファンド
設定日平成28年9月21日
決算日9月10日
信託報酬(税込)0.6608%程度0.9208%程度0.5908%程度
申込手数料(税込)上限3.24%
販売会社楽天証券


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天DFA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/09/03(土) 02:31 ]
[ 最終更新:2016/09/03(土) 02:31 ]

前のページ
copyright © 2021 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania