FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

外国税額控除制度についておさらい (1)制度総論
既に年も改まってから日数も経ち、確定申告の準備を進める頃合になってきています。
有価証券投資をしていると金融機関からの年間取引報告書などの帳票の到着を待つ必要があったり、事業主の方であれば決算の作成にそれなりに時間を要したりする場合もあるでしょうが、準備くらいは取り掛かっている人も多いと思います。


さて、近年は特に海外への投資環境が改善してきています。
ネット証券の海外株式の特定口座対応や手数料引き下げ、あるいはONE TAP BUYTHEOといった海外株式・海外ETFを利用する新たな形態の資産運用サービスが登場してきており、今後はますますもって海外投資が身近になるであろうこと疑いありません。
更に、海外に現物不動産を保有するとか、海外籍の匿名組合を利用するとかいうような形態の投資も宣伝が多く、実際に購入を考える人もいるかもしれません。

それだけに、こうした国境をまたぐ資産運用について、税務処理の適正を図る必要があります。
そう、今までロジックの難解さや手続きの煩雑さから忌み嫌われていた、外国税額控除制度です。
従来の良くも悪くも「投資について滅茶苦茶詳しい人のためのツール」であった海外株式・海外ETFであれば、「税制が自己責任で研究・理解できないようであれば、無理して利用しないでもよい」というスタンスでも通じたかもしれません。
しかし、いまやラップサービスや積立サービスなど、初心者にもターゲットを向け敷居を低くしたサービスが定着してきているのですから、およそ投資をしようという者にとって「税制が分からないばかりに利用を断念する」という機会損失は大きくなってきます。
やはり、投資可能な商品の幅は広く取れるだけの知識は身に付けておきたいものです。

そこで、外国税額控除制度そのものについての理屈を解説したうえで、実際の控除計算の仕組みについても概観しようと思います。
今回は、そもそも外国税額控除制度とはなんぞやというお話です。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


外国税額控除 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/13(金) 02:45 ]
[ 最終更新:2017/08/21(月) 00:13 ]

2年前納の支払経路が増えて、工夫の余地が増えた。そして我が家は更に受給する際の工夫を考えるフェイズに移行…
国民年金保険料が今年から2年前納もクレジットカードで納付できるようになるそうです。
以下のブログ記事にて知りました。
 国民年金保険料の2年前納がクレカ払い可能に! (30代派遣でもインデックス投資でアーリーリタイアを目指してみる)

私の家では、母が60歳時点で480箇月に満ちていなかったため任意加入を続けており、私の資金から落としています。
2年前納という手段があったことは知っていましたが、今までは口座振替しかなかったため、付加保険料込みで40万円近くの資金を一括(ついでにポイント還元なし)で引き落とさなければならず、流石に資金負担が重く選択できていませんでした。
一方で、1年前納であればクレジットカードが利用できる上、私の利用しているカードでは「一括払いとしてwebに上がってきた明細を、2回払いに変更できる(当然、2回払いなので利息は掛からず、単に2等分されるだけ)」という機能が付いていたので、資金負担の平準化を重視してこの選択肢を採用していました。
3回以上の分割とか、リボ払いに変更できるカードは多いと思います。
ただ、それだと利息が年率12%とか15%とかいう水準で掛かってくることになるでしょうから、年率4%で計算した保険料の割引など軽々と吹っ飛んでしまい、まったく無意味な行動に堕することになります。
2回払い、あるいはボーナス一括払いといった方法に変更できる機能が重要な意義を持つ所以です。


今後は、2年前納のクレカ払い+2回分割に後から変更、というスキームで、保険料の割引と資金負担の抑制とを同時に享受できそうです。年金機構の制度改正に感謝したいと思います。
資金負担・クレジットカードのポイント・保険料自体の割引の大小、といった複数の観点で、納付回数や支払経路の組み合わせで損得が大きく変わってきます。
「逆に納付する余裕がない場合には、漫然と未納にするのではなく免除にして最低限の加入者資格を維持する」という点も含め、制度をよく理解したうえで各自の最も使いやすく利益を極大化できる方策を工夫したいものです。


……と、ここまで書いてよくよく考えたら、我が家の場合母の残りの加入期間は残り13箇月くらいしかないのでした(^^;
まあ、そういう場合には多分2年前納の申請をしたら残期間である13箇月分の保険料に所定の割引を適用して請求されるだけでしょう。一応、「1年前納+残り1箇月分」よりは得になるはずですから、2年前納の申請も出すだけ出しておこうと思います。

さて、これでともかく残期間を払い終えたらあとは受給を待つばかりなのですが、受給は受給で色々考えなければなりません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


公的年金 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/11(水) 03:40 ]
[ 最終更新:2017/01/11(水) 03:40 ]

「投げる税理士」に学びたい
広島カープに今オフのドラフトで指名され入団した加藤拓也投手が、確定申告の参考書を購入して今から研究に励んでいるそうです。

 「確定申告の本を持ってきました。勉強しようと思って」

 周囲があっけにとられる中、秀才右腕はサラリと言ってのけた。個人事業主であるプロ野球選手は、2月から3月の間に確定申告を行わなければならない。税法の仕組みは複雑だが、加藤は敬遠せず猛勉強中だ。昨年12月の新入団選手発表の帰りに「青色申告スタートブック」を購入。広島から東京まで新幹線に揺られながら一気に読破した。自宅に帰るとインターネット通販でさらにもう1冊を購入。間もなく手元に届くという。

 「もともと、自分でやろうと思っていて、勧められました。知識は必要。何も知らず、税理士に丸投げするのはイヤだったので。難しい?自分の中で必要なものだと思っているので苦ではないです」

 契約金1億円プラス出来高払い5000万円の年俸1500万円。いきなり大金を手にした。今後の活躍次第で年俸はさらに上昇する可能性があるが、夢を追いながら、現実もしっかり見据えている。

加藤 確定申告本持って入寮!ドラ1慶応ボーイは超しっかり者 (デイリースポーツ)


サンケイスポーツの記事では、「投げる税理士」などと表現されています。
流石に意識が(いい意味で)違います。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/09(月) 18:57 ]
[ 最終更新:2017/01/09(月) 22:57 ]

税の知識、マネーの知識を学ぼうとする切っ掛けとして漫画でも如何
珍しく、漫画の紹介です。
ゼイチョー! ~納税課第三収納係~(1)という本が、ヤフーニュースからリンクされて第一話の特別公開がありましたので、とりあえず1巻目をkindleでポチってみました。

主人公は市役所の税務担当女性職員で、指導担当らしき男性職員とタッグを組んで様々な滞納者の直面する生活上の問題に切り込みつつ、無事に納税していただけるように計らう、といった感じのストーリーです。
いちおう「女性コミック」というカテゴリのようですが、別に男性が読んでも特にどうということはありません。

さすがにかなりの短編ですから、各話ともにやけにあっさりと主人公の説得を登場人物が受け入れて問題が簡単に解決していき、雰囲気も「いい話」チックになりすぎている感もありますし、いくらなんでも「読むだけで税金の仕組みがよくわかる」(現代ビジネスのページより)とは言い過ぎな感が拭えません(そこまでのボリュームや体系をコミックに求めるのも酷でしょう)が、1話に1つ2つは納税者として知っておきたい税金の知識があるといった感じです。

特別公開されている第1話の「扶養控除や家族分の医療費・社会保険料を控除に入れることで所得引き下げ・税金還付」というのは本書の中では一番身近で重要な知恵でしょう。
そのほか、第3話での「寡夫控除」や第4話の「青色申告控除」なども、該当する人にとっては重要なコスト減をもたらし得る知識ですね。

一方で、法律的にちょっとどうなのかな? という点もないではありません。

第2話で、滞納税と借金とで首が回らなくなった菓子屋の親方(「社長」と呼ばれてましたから、店は法人組織なんでしょう)の打開策として「不動産(家と店)を売る」というのを主人公が提案しているシーンで、裁判所に申し立てる「競売」という選択肢を提示していましたが、租税の滞納があるのですから裁判所など通さずに市自身が「公売」の手続を取れるはずだろう…とか。

結局、主人公側は「任意売却」を推奨し、親方がその場でそれを飲んだところ、先輩職員がその場で馴染みの不動産屋に電話をかけて売却の仲介を指示していましたが、未払金の処理の過程でそこまでやっちゃうのって弁護士法との兼合いは大丈夫なんだろうか、とか。
(滞納整理については不勉強なので、実際の滞納整理の現場ではそのようなことが行われているのか、いないのか、よく存じませんが…)

親方にとってたぶん数少ない資産である不動産を売却してしまうのって、そもそも詐害行為取消権(民法424条)の行使を暗いそうだよなぁ、とか……
(他の債権者に弁済できるだけの売却額になって、実際に弁済をしてしまえば文句の付けようは無いわけですが…)


第3話で主人公が言っている通り、「制度などを知らないと控除が受けられない」という事実は厳然と存在します。
よく知らないばかりに、第1話での滞納者などは本来の税額は零にできるのにも関わらず、不要な税金を納め還付金は取り損ね日々の生活にさえ事欠く有様に陥っていました。
税金に限った話でもなく、同じ第3話に登場する市の保育課長は「一人親支援の制度も届いていない」ことに言及していますし、公的年金の各種免除・猶予制度、あるいは障害・遺族年金、付加年金・国民年金基金・確定拠出年金など、さまざまな制度につき「利用できるのかできないのか」「利用する/しないことそれぞれについてのメリットとデメリットは何か」など、知っておき判断できるようになっておけることが極めて重要な制度は多々あります。

自分がどのような経済的ポジションを持っている(あるいはこれから持てる)のかを十分に知悉しているかいないかで、将来の生活水準が大きく左右されることになることは明らかです。
その知識と判断力を備えるのは、基本的には各自が責任を持って学んでいくべきことも当然でしょう。自分の経済のためですし、他人には貴方のポジションは完全には見えないのですから。
本書で幾つかの知識に触れることによって、そのような学びを読者各自自分なりに始めていく切っ掛けになれば良いと思います。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/09(月) 01:01 ]
[ 最終更新:2017/01/09(月) 01:01 ]

ETFに委託会社の信用リスク……は、無いはずなんだが。
ちょっと気になる報告がツイッターに上がってきています。








ETFの銘柄によっては、委託会社の倒産によって信用リスクに晒され、投資家は純資産相当額の確保ができなくなる恐れがある、というのです。
信託制度の倒産隔離機能、そして投資信託という商品の根幹を揺るがす事態になりますが、どうなのでしょうか……?


関係法令を概観してみますと、やはり特にそのようなリスクはないのではないかと思います。
便宜上、基本的に「破産」の場合に絞って検討しますが(会社更生でも民事再生でもほぼ同様になるはずです)、委託会社が倒産しても投資家は純資産相当額の返還を受けられると認識します。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


外国株・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/07(土) 17:31 ]
[ 最終更新:2017/01/07(土) 17:31 ]

DCをやらないほうがいい人……? あるのか、そんな話?
プレジデントオンラインの個人型確定拠出年金iDeCoをやらないほうがいい人という記事を読みました。

論旨としては、まず「DCのメリット」について、人によってはあまり大きなメリットにならないかもしれないと論じた上で、「利益が出るかどうかは不透明」「流動性がない」「投資商品が少ない」というデメリットを強調し、「お金持ちに向いている」「自分が制度に向いているかどうか考える必要がある」という結論を導いています。


正直言って、メリットを過小評価し、デメリットを過大評価している、公平性に疑義のある記事だと感じます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


変な記事 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/05(木) 03:21 ]
[ 最終更新:2017/04/25(火) 03:37 ]

SBI証券のDC画面がリニューアル
SBI証券の確定拠出年金口座の管理画面は、非常に見難い事で利用者の評判が芳しくありませんでした。
このため、コストや運用商品ラインナップの質がほぼ同程度である楽天証券の登場により、「管理画面の使い勝手」も要因となって楽天との競争が不利に運ぶ恐れが無いともいえなかった状況でした。
従来のSBI証券の画面についてはこちらをご覧ください。
楽天証券iDeCoの管理画面の使いやすさは、ライバルを圧倒 (ノーロード投資信託徹底ガイド)


ところが、この1月1日の昼間に行なっていたメンテナンスが明けてみると、大きく画面が変わっていました。

SBI確定拠出年金画面01SBI確定拠出年金画面02

SBI確定拠出年金画面03

トップ画面の最上部には現在の資産評価額や損益のほか、掛金が次回拠出される日(銀行口座から引き落とされた資金が、実際に運営管理機関に着金して商品の買い付けに回る日)の記載が登場しています。
今までは、「引き落としのあった日から13営業日後」というルールを元に、カレンダーと見比べながら次にいつ買い付けられるのかを数えないといけませんでしたから、予定が一目で分かるようになったのは改善といってよいでしょう。

またその下には、現在の保有資産及び掛金の配分のそれぞれにつき、ファンド別の数字とともに「資産クラスごとの色分け円グラフ」が登場しています。
今までは、円グラフはありましたが、「投資信託」「現金(スイッチング中に現れる表示)」などといった表示しかなく、株式だろうが債券だろうが投資信託であれば全部「投資信託」という表示になっていたのでほとんど役に立たない代物でした。
新しい表示だと、より詳細に資産クラス別の状況が一目で分かりやすくなっており、ポートフォリオ管理の上で明らかな進歩といってよいでしょう。

SBI確定拠出年金画面04
運用商品一覧画面です。
画面左端に資産クラスが表示されているほか、アクティブとインデックスの区別も併記されています。
このような記載は従来は無かったもので、格段に分かりやすくなっているといえます。
なお、ここで記載されている資産クラスが、前掲の円グラフの色分けの元になっていると思われます。


DCの加入者拡大による初心者の増加を考えると、画面上で商品の売買スケジュールや保有資産の現状が視覚で分かり易くなっているというのは大きなメリットになります。
その意味で、今このタイミングで画面の改善を実現したのは大きな意義があると思います。


ただし、今回の改善で、問題点が全て無くなっているわけではありません。(追記あり)

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/02(月) 00:46 ]
[ 最終更新:2017/01/04(水) 00:22 ]

2017年に当たり
新年明けましておめでとうございます。

旧年2016年は、実に個人投資家のプレゼンスが高まったことが感じられる年でありました。

2月にはittin氏の著書の発売という大事があったのを皮切りに、FISCOへの寄稿をする人が複数(虫とり小僧氏夢見る父さん氏すぱいく氏など、外部発信が急増した感があります。雑誌掲載の例にいたっては枚挙に暇がありません。

また、資格試験や自主セミナー開催などの動きが増えてきたのは最近も紹介した通りです。
知見の獲得やその再生産などが、今後の投資界の発展に有用なのは言うまでもありません。。

金融庁も、森信親長官の就任以来、より個人投資家の利益を重んじる政策をとるように態度をシフトしてきているようです。
(もとより、これが実効性を帯びるかどうかは、投資家側がきちんとした意識と知識をもって金融商品と金融機関に相対することができるかどうかにもかかってきますから、個人投資家側に課せられたものも重いと言えます)
投資商品の展開としても、インデックス投信の信託報酬低下の更なる激化が起こったとともに、アクティブファンドにも低コスト商品(ひとくふうシリーズたわらノーロードplusシリーズiTrustシリーズノーロード明治安田アクティブシリーズなど)の流れが生まれ、更にはSMTによる配当貴族ファンドなど潜在ニーズの高かった商品類型も登場に至り、個人のニーズにあった有効な投資戦略の選択の幅が広がっています。


個人的にも、当ブログのアクセス数は近時に上昇を見せ、12月には1万PVを達成するに至りました。
また、9月には日経ヴェリタスへの登場を果たすに至っています(未だ2度目のメディア登場はありませんが……)。
更に、札幌・東京・京都・大阪の「コツコツ投資家がコツコツ集まる」や、インデックス投資ナイトなどリアルでのイベントやオフ会出席を通して、地域を越えた交流も広がっています。


2017年は、いよいよ個人型DCの対象者拡大が実現するなど、更に個人投資家の出る幕が増えてきます。
それだけに、個人の側での商品の活用態度や情報発信に関する取り組みも投資環境の良化に向かって一層意義深くなってくると考えられます。
当ブログも、そのための一翼を担う存在として、より良質な情報・考察の提供に努めたいと思います。

イベント参加は…本州のコツコツは横浜女子部(まさかここへのゲスト枠招待がメディア掲載より後まで課題として残るとは思わなかった)を除いてコンプリートしてしまっていますから、今年は函館か福岡あたりを狙いますか、それとも金沢あたりを再訪しますか。


今年1年も、オンライン・オフラインとも何卒ご贔屓を願います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/01/01(日) 00:00 ]
[ 最終更新:2017/01/01(日) 00:03 ]

前のページ
copyright © 2021 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania