海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

年1回決算型へのシフト。今は言うほど大きなものではなさそうだけど……
モーニングスターの記事によると、投資信託(ETF、ラップ、DC含む)の決算頻度が毎月決算型から年1回決算型にシフトが進んでいるそうです。
 加速する年1回決算型へのシフトチェンジ

記事によると、
2016年、2017年は毎月決算型がそれぞれ1兆6,447億円、7,132億円の流入超過となる一方、年1回決算型がそれぞれ6兆3,478億円、4兆9,427億円の流入超過と、投資家の年1回決算型への支持が拡大した。

 ランキング上位にETFが入ったことは、近年の低コストへの意識の高まりも反映された結果だと言え、今後も同様の傾向が続く可能性が高い。

ということです。

分析の通り、「低コストへの意識の高まり」の要因によるものであれば、まことに喜ばしい限りです。

ただ、注意すべきは、日銀のETF買いという要素の存在です。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



投資信託 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/24(土) 19:17 ]

銘柄投票は米国ETFの金額買付に期待
OneTapBuyにて実施の銘柄選挙の予備投票にて、VTに投票しました。
 OneTapBuyで新規採用銘柄投票を実施

今回は実際に選考対象となる選択肢を絞り込むためのノミネートという位置付けで、今回投票された銘柄の中から決選投票の候補が決められることになります。

VTのようなETFは、言うまでもなく1銘柄で分散投資ができる分、長期積立に適しており、少なくとも現行取扱の「情報技術セクターと一般消費財セクターにばかり集中している銘柄群から選ぶしかない」(=特定セクターが崩れるような相場環境になるとユーザーがみんな損失になりかねない)という体たらくよりは確実に長期的な成功体験に繋がるでしょう。
まさに、同社が目指す長期積立投資の本道でもあります。

1000円から金額指定で購入できるということになれば、米国ETFとしては最低水準の買付単位になり、海外ETFへの入口として極めて有用となります。
(1000円で買えるとなれば、積立NISAにも対応可能になりますね。現行NISAにさえ対応していない状況なので、実現するかどうかは…ですが)


本日6月21日に投票が締め切られ、その後で決選投票に進出する候補が選定されることになりますが、まずはなんとか最終候補に残ってくれることを期待したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



OneTapBUY | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/21(水) 22:26 ]

「あんしんスイッチ」…目先は安心かもしれないが
アムンディ・ジャパンは、損失を一定限度に限定する投資信託を設定するようです。

EDINETの有価証券届出書(6月15日付)によると、SMBC・アムンディ プロテクト&スイッチ・ファンド(愛称:あんしんスイッチ)と名付けられたこのファンドは、世界の株式・債券にETF経由で投資するバランスファンドであり、かつ、資産配分を機動的に変更することとされています。
一方で、基準価額の最高値の9割(設定当初から基準価額10600円までは9000円、基準価額10600円から11111円までは10000円)の「プロテクトライン」なるものを設定し、このプロテクトラインを割り込むと繰上償還になるということです。
なお、繰上償還時にはクレディ・アグリコル社の保証により、プロテクトラインを割り込まずに償還されることとなっています。これは、プロテクトライン到達から保有証券売却完了までの間の相場変動による損失をヘッジするものとして機能するものと思われます。

投資先及び償還について類似した方針のものとして、アムンディ・ダブルウォッチがあります。
ダブルウォッチでは、90%のライン(こちらでは「フロア水準」と表現)を割り込んだところで繰上償還となるまでは同じですが、特に保証契約はないため、証券売却の間の値下がりリスクには晒されています。両ファンドの違いはそのくらいでしょうか。


さて、このファンド……果たして購入するに足る商品なんでしょうか。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



ダメ商品 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/19(月) 03:43 ]

資産形成の始め方・続け方
馬渕治好・岡本和久・竹川美奈子・大江英樹4氏によるセミナーミッションフォー 資産形成の始め方・続け方に参加しました。

この4人は、昨年夏にもセミナーを開催しています。
 惑わされない資産運用(1)
 惑わされない資産運用(2)
また、最近も共著を出しているところです。
 「投資の鉄人」のアドバイスは軸を確立させるための基礎教養

今回も、過去の著書・セミナーで担当したのと同様、「情報」「相場」「商品」「自分」のそれぞれに惑わされずに資産形成を始め・続ける要諦についての講演でした。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



セミナー | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/15(木) 02:33 ]

結局私たちはどうすればよいのか → 変に先を読んだりしようとせず定時積立
6月9日に実施の、サムライズプロジェクト主催第27回サムライズ勉強会『結局、私たちはどうすればよいのか。資産形成の最も重要なポイント』~個人投資家が「黄金の波」に乗る知の技法~に参加してきました。

今回のセミナーは龍谷大学の竹中正治氏の講演で、乱暴に要約すると「変な先読みやトンでも論に惑わされずに長期積立を中心に」というようなものです。
参加者ブログ  学びの機会は さまざま(お金と 「爽やか」に付き合って 人生を楽しむ。)

以下、内容をまとめます。

・相場の先行きを予想することは矛盾を含む。みんなが傘を持って出かけると晴れる。
→来週暴落という予想があると今週中に売られて下がってしまい、来週は下手をすると買戻しで上昇する


・長期投資では、年率換算でのリターンは単年の数値と比べて収斂する。しかし、価格変動の大きさ自体は変わりない。
 1000の資金を例えば年率5%で運用すると、30年後には4322になっている。しかし、ここで4分の1くらいの下落(3243まで下落)に見舞われることは当然ありうる。しかし、この場合、年率利回りとしては5%だったのが4%に下がったに過ぎない。
 よく言われる「歳を取ったらリスク資産の割合を減らそう」というのは、これが老後に起こった場合の絶対的な損失額の大きさにより生活設計が狂ってしまう可能性に着目したもの。一方で、資産運用を子々孫々まで引き継いでいくつもりであれば、「今こそ買い増すとき! 子孫よ、後は任せた」と言い残して死んでいくというのもあり。


・相場をチェックする回数が多いと、投売りや「やれやれ売り」など、利益を小さい段階で確定したり損失回復を待てなかったりすることになる場合が多い。長期投資には「鈍感力」が必要。

・手数料が高い投資信託は、リターンのばらつきが大きくなるだけで、リターンそのものは向上しない。
 横軸に信託報酬、縦軸に年率リターンを取って日本株投資信託の実績をプロットすると、期間を5年で取っても10年で取っても、右肩上がり(信託報酬が高いとリターンが高まる)といった傾向は見られない(中心線はほぼ水平)。
なぜか資料の信託報酬2%近辺の位置で1ファンドだけ名前を挙げられている某戦略ファンドには涙不可避です(^^;

 このような真実には、ワシントンDC駐在時代にジョン・ボーグルの講演を聴いて知った。
言わずと知れたバンガードの創業者。ここで名前が出てくるとは流石。


・日本株への投資において、海外投資家は一般的なイメージほどうまく行っているとも言えない。
 「海外投資家が買い越した月にはTOPIXが上がり、売り越した月には下がる」という傾向があることから、海外投資家は相場にうまく乗っているようなイメージがある。
 ところが、2000年1月から2017年1月の期間で海外投資家の投資パフォーマンスを推計し、一方でそれと同じ累計投資元本になるように毎月定額積立投資をしてみると、後者の定額積立の方が勝っていた。
この実験結果を日経の田村正之氏に話すと、田村氏の手による記事になり、さらにそれが岩城氏の目に留まって本日のセミナー依頼となった。
 なお、竹中氏のHPを見てみると、竹中氏自身による雑誌記事もありました。


・最強の投資法はS&P500への定額積立。2000年1月から2016年2月までで取ると円ベースで年率9.9%程度(配当を2.0%とする)となった。期間をもっと長くしてもだいたい似たようなところに収斂している。
よって、確定拠出年金などで長期積立するにはもってこいなのだが、残念ながら定期積立ができるような投信が見当たらない。
 と竹中氏は言っていましたが、i-mizuho米国株式インデックスならS&P500に積立投資が可能になります。信託報酬が0.6156%と若干割高なのが惜しいですが……。
 ちょっと妥協してダウでもよければ、iFreeNYダウインデックスがあります。これだと信託報酬が0.243%と低コストである上、SBI証券の個人型DCにもラインアップされています。
 さらに、Funds-i フォーカス 米国株式配当貴族(S&P500配当貴族指数、信託報酬0.54%)という選択肢もありでしょう。
 これらの選択肢はもっと知られるべきかもしれません。

米国株式の指数は近年乱高下しているように見えるが、長期で期間を取って対数目盛りで見ると実はかなり一直線に近い形になっている。ベースとなる指数の数字自体が大きくなっているのだから、変動率を的確に見るには対数でないといけない。
従って、変動値(特に下落幅)の大きさによってリスクが高いとか米国が凋落したとか見るのは的を外している。しかし、リーマンショックの時には米国凋落論を煽る本が出てきて、困ったことに竹中氏の本(オーバーシュートした暴落時こそ投資のチャンスと主張)より売れた


・定額積立投資の長所として、高値掴みを回避できる反面、時価総額が大きく下がるリスクは積立だろうが何だろうが変わるわけではない。評価損が中期に亘って発生することは覚悟すべき
割高・割安方向にオーバーシュートしたときに逆張り的に調整する(過去の移動平均より一定程度大きく上方乖離したときに追加売り、下方乖離したときに追加買い)という方法でパフォーマンス改善することが考えられる。一時的にラフに突っ込んでもいずれフェアーウェイに戻ってくる(竹中氏の表現)。


・外為相場のトンでも論。高金利通貨で高リターンとか、長期低成長だから円安になるとか。
高金利通貨は金利差の分下落する。学部で国際金融論の授業でも必ず出てくる程度の常識。(ただし、そのことを学部で試験問題に意外に書けていない学生もいるが…
投信運用会社で高金利通貨の債券ファンドを組成している人も、実際にはそんなに有利な商品でないことくらいは分かっているはずだが、何故そんなものを作るのか。もちろん商売のためである。なお、末端で売っている人は本気で良い商品だと信じていたりする。

経済成長率と通貨高・通貨安とはあまり関係がない。名目為替レートと両通貨の物価指数を使って計算される「実質相場指数」である程度乖離具合が分かる。 → 詳細な解説記事がこちらにありました。
これも、「ラフに突っ込んでもいつかフェアーウェイに戻ってくる」思考。竹中氏は、個人資産の運用でも為替の乖離が大きくなり出してきたと思ったら為替にヘッジをかけている。一気にではなく、相場の推移を見つつちびちびと。



1時間半程度という限られた時間の中で、長期投資への向き合い方の要諦に触れられるセミナーでした。
特に、「長期投資がリスクを軽減するのか、しないのか」という論点について、「長期間を通しての年率リターン値に関してなのか、リスク顕在化時点での絶対的なポジション額に対する変動幅の話なのか」という視点の立て方による違いだという風に整理されていたのは納得しやすいところでした(「長期投資だろうがリスクは変わらない」論者の山崎元氏も、懇親会の席上でこの点につき理解の発言をしていました)。

話し方も過去の為替ディーラーとしての経験も織り交ぜつつユーモラスなもので、飽きさせないものだったと思います。授業も同様であるならば、寝ている学生は勿体ない(^^; (為替のトンでも論者の例としてとある有名人の名前が出てきたときはさすがの私も笑いました)

次回のサムライズ勉強会は秋ごろ、岡本和久氏が講師の予定だそうで、こちらにも何とか都合があって参加可能となれば参加したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



セミナー | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/10(土) 19:01 ]

OneTapBuyで新規採用銘柄投票を実施
スマホ証券OneTapBuyユーザーに、メールにてお知らせがきました。
ヤフー【YHOO】を新規買付け停止すると共に、新規銘柄を取り扱うこととし、その採用銘柄を決めるユーザー投票を行うというものです。

YHOOは、6月8日の株主総会にて、主要事業を売却することを可決しました。
今後はヤフージャパンとアリババグループの株式などの資産を保有するだけで、自ら行う事業は無くなるとの事です。
この結果、「成長性が期待できる銘柄」という趣旨を外れるということで、新規買付けを停止ということになったそうです。6月9日17時をもって新規買付けが停止されます。
ヤフージャパンやアリババが成長すれば当然にヤフー改めアルタバも連動して価値が上がるわけで、それに期待する向きにとっては必ずしも納得はいかないものもあるかもしれませんが、S&P500からも外れるとあってはOneTapBuyの少数精鋭から外されるのもやむなしでしょうか。
尚、新規買付けは停止されますが、保有継続はできるようです。


そして、これに合わせて入れ替わりで新規採用を行うようですが、これがユーザー投票というユニークな試みです。
6月15日から21日まで銘柄要望を聞く予備投票、27日から7月3日まで決選投票という二段階のプロセスを踏むそうです。

OneTapBuyは、銘柄選定においては非常に偏りが大きいなど、正直言って不十分な面が小さくないところでしたが、こうして投票プロセスが入ることで、もしかすると改善の契機になるかもしれません。
OneTapBUYに銘柄拡充と自動買付を要望
米国株纏め買いというが……わかりやすさや金額のお手軽さと合理性は別のお話。
現段階で何銘柄が新規採用か(1銘柄だろうと思いますが)、どういう投票方法になるのかなど詳細は明らかでありませんが、自由にノミネートできるなら何か候補を上げていきたいと思います。
積立分散投資の王道としてETFをノミネートするか、それともセクターとして空白になっている素材・金融・電気通信・公益のいずれかを挙げるか……。少なくとも、情報技術や一般消費財はこれ以上要らないでしょう。
YHOOから事業を譲り受けるのはベライゾン【VZ】のはずですから、VZを組み入れてくれれば銘柄の連続性もある程度保たれつつ電気通信セクターも埋まり、いい落としどころかもしれません。

いずれにせよ、一般的な要望調査に留まらず直接今後のサービスをアンケートで決めるというのはなかなか画期的かもしれません。
これを機に、よりユーザーの投資環境改善(銘柄拡大のほか、NISA対応やDRIPなどのシステム面、他の国の株式など色々あると思います)に進捗を見せてほしいものです。




にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



OneTapBUY | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/09(金) 13:18 ]

「人生にお金はいくら必要か」は金融教育の教科書として是非使いたい
「人生にお金はいくら必要か―超シンプルな人生設計の基本公式」(山崎元・岩城みずほ)を読みました。

本書は、日常の家計管理・資産形成術・長期プランニングまで網羅したものとなっており、「金融教育のための教科書として一冊でOKといえるものを挙げろ」と問われたらその候補に挙げてよいものだと思います。


本書はプロローグとエピローグを除き3章構成になっています。
各章ともに、既存の刊行物あるいは筆者の活動などのエッセンスが纏まったものになっています。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/09(金) 01:39 ]

ANAホールディングスの会社提案に一部反対してみる。
国内個別株の数少ない保有銘柄の一つ、ANAホールディングスから第72回株主総会招集通知を受領しました。

今回は会社提案のみ5議案があり、電子投票にて議決権行使を済ませました。
今回は議案のうち1つに反対票を投じています。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



株式 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/06(火) 23:57 ]

上場アジアリート登場。……どうやって使おう?
日興アセットマネジメントが、FTSE EPRA/NAREITアジア(除く日本)リート10%キャップ指数に連動するETFを6月29日より東証に上場することになりました。
 上場インデックスファンドアジアリート

ファンドの仕組としては、同指数に連動するシンガポール上場のETFに投資するという、ファンドオブETFs形式をとることになっています。
そのため、組入れ先ファンドで掛かる分と合わせて0.708%の信託報酬が掛かることになります。ETFとしては高目な印象です。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



国内ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/06/06(火) 02:34 ]

またしてもソーシャルレンディングが処分。情報開示が整っていないスキームの恐ろしさは変わらずだし、やはり処分歴の情報も重要かも
証券取引等監視委員会は、日本クラウド証券株式会社につき不適切な行為を認定して、金融庁に行政処分を勧告しました。
 日本クラウド証券株式会社に対する検査結果に基づく勧告について

日本クラウド証券は、クラウドバンクという名でソーシャルレンディングを行っている会社です。
委員会の指摘によりますと、勧誘の際に示していた貸付先が虚偽であったり、担保の内容や存在そのものが虚偽であったり、キャッシュバックを払う気もないのに払うと言っていたりと、およそ考えつく限りの不正行為を尽くしていたようです。

……って、あれ?
似たような紹介文を暫く前にも書いたことがあったような……。まだ継続案件だったんだっけ?

過去記事を遡ってみたら、前回は「みんなのクレジット」で、今回とは別の案件でした。
 みんなのクレジット処分。運用実態の明らかでない投資対象は駄目だし、明らかにできないような規制も駄目でしょう
詳細を見てみると違うところも色々ありますが、要約してしまうと結構似たようなことをやらかしています。
みんなのクレジットの場合は私的流用やら資金循環やらもありましたから、それがないだけ今回の案件はまだまし……なんでしょうか?(^^;

それにしても、みんなのクレジットとクラウドクレジットといえばソーシャルレンディング分野での代表格だったはずで、2社ともこんなことで捕まってしまうとは。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



ダメ商品 | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2017/06/03(土) 02:08 ]

次のページ
copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania