FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

ズボラでも投資はできますし、資産管理全体の基礎知識も得られます
ズボラでも「投資」って、できますか?~元メガバンカーが教える お金を守り、増やす超カンタンな方法 (高橋忠寛)を読みました。


本書の著者は、銀行にて法人営業や富裕層向け営業を経験した後に独立して、「販売には関わらない立場」で金融商品のアドバイスをする事務所を立ち上げているという方です。
現在の立場は岩城みずほ氏や後田享氏に近いものになるでしょうか。

本書は、「ズボラな人」である相談者が高橋氏に相談に行き、資産形成・資産管理に関する教えを受ける体裁となっており、会話形式で話が進みます。
相談者は、
・35歳男性、子供一人
・世帯年収(夫婦合計)800万円
・月3万円貯金・残高累計200万円(いずれも見栄を張った数字)
・投資経験なし
という、実にどこにでもいそうなありふれた人物です(貯蓄に関する数字がその場で鯖を読んだものというのもなかなか卑近な感じを受けさせます)。
こういう人物(当然、事前の金融リテラシーは大して高くない)を会話相手として設定しているのですから、話す内容も当然基礎の基礎から、過度に高度な議論にわたらぬものになっています。まさしく「簡にして要を得た」といった仕上がりになっています。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/13(木) 02:33 ]
[ 最終更新:2017/07/13(木) 02:33 ]

SBI個人型DCに「米国株長期投資」のアクティブファンドが登場
SBI証券の個人型DCプランに、更なる新ラインナップ追加のお知らせです。
SBIBS_農林中金米国厳選

7月11日より、農林中金全共連アセットマネジメント<NZAM>の設定する農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドがラインアップに追加となります。

この商品は、米国上場の株式を投資対象とし、(1)付加価値の高い産業 (2)圧倒的な競合優位性 (3)長期的な潮流を備えた「構造的に強靭な企業」に投資します。
なお、売買回転率40%~50%を想定し、長期投資・コスト削減を図るとしています。
信託報酬は年率0.972%(消費税8%込み)です。

※ベンチマーク・参考指数は明記されていませんが、当然S&P500指数あたりと比較されるべきことになるでしょう。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/11(火) 00:49 ]
[ 最終更新:2017/07/11(火) 00:49 ]

インデックス投資ナイトは第10回にして、インデックス投資の市民権拡大が感じ取れる登壇構成に。「限られた仲間の中のイベント」とは言い切れなく
7月8日のインデックス投資ナイトに参加してきました。

今回で第10回になったイベントは、会場を渋谷に移しての開催です。
会の状況は、実況ツイートがtogetterに纏められていますのでそちらに譲ります。
 インデックス投資ナイト2017 #インデックス投資ナイト #カルカル

今回は開会の挨拶に金融庁、第2部の登壇者にGPIF、第3部の座談会に(直販系でない運用会社!)明治安田アセットマネジメントが登場するという、ある意味空前の強力布陣でした。

金融庁は、意見交換会でもお世話になっている政策課の今井利友氏が登壇。
「こういうイベントがあることを知り、是非一言挨拶させてほしいとお願いして今回の登壇となった」とのことで、金融庁側からの発意だったということにはさすがに驚きました。(実行委員のほうから依頼して快諾頂いたものかとばかり…)
挨拶の中では、「金融庁は3つの柱(顧客本位の業務運営・実践的投資教育・税制の後押し)によって資産形成を後押ししようとしている」という金融庁のスタンスを述べるとともに、第4回意見交換会の告知、さらに9月に金融庁主催でイベントを予定しているという予告がなされました。
金融庁側の意思によってこのように(イベントへの参加・イベントを自ら主催という手段を通じて)個人投資家と向き合うようになって来たのは(業者などのフィルターを通さずに直接意思疎通ができる点で)かなり大きな意味のある事態であり、敬意を持って受け止めたいところです。
なお、今井氏は投資ブロガーの記事などにも日頃から頻繁に目を通しておいでだそうで、生の声を拾おうとする情報収集の積極性・本気度が見て取れます。


また、GPIF・運用会社は、どちらも運用者の立場で思うところを述べてくれていました。いずれも話を聞くことは滅多にできないだけに、貴重な機会であったのではないかと思います。


今回のイベントの意義は、参加者の誰か(とよぴーさんだったかな?)が言っていた発言に象徴されると思います。
(客席にいる竹川美奈子氏を見て)「竹川さんが登壇せず客席にいるっていうのが、時代の変わり具合みたいな気がする」

たしかに、嘗てインデックス投資系のイベント(インデックス投資ナイトに限らず)は半ば閉じた世界の中で行っていたようなもので、ブロガー自身が登壇するほかは、有識者枠としては竹川氏をはじめ限られたメンバーになりやすいところでした。(そもそも、こちらの方向を向いてくれる専門家があまりいない)
ところが、今回は金融庁やGPIFといった官公庁系からも、投信運用会社からも人が来る。来るどころか、出演者側から「出させてほしい」という例もあるということで、これまでよりも広い世界から認知され、コミュニケーションやアピールの対象と認められるようになったということではないかと思います。

そう考えると、インデックス投資という世界がこの国の中で今までよりも確実に大きな市民権を取りつつある、そのような地殻変動を見て取ることができそうです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


インデックス投資ナイト | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/10(月) 02:17 ]
[ 最終更新:2017/08/20(日) 16:53 ]

そこそこ低コストの外国株サービスを切ってまでラップに集中するというエイト証券。投資家本位に逆行では?
エイト証券が、段階的に外国株取引を終了することを発表しています。

エイト終了01 エイト終了02

買い注文は7月31日、売り注文は9月29日までの受付となり、株式の預かり残高も9月29日までに出庫するよう求められています。

今後は、同社での証券取引は、東証上場ETFを利用するラップ口座サービス「クロエ」と、米国上場ETFを利用するラップ口座サービス「8Now!」のみとなります。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


ラップ系(ロボアド含む) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/08(土) 12:15 ]
[ 最終更新:2018/02/11(日) 17:37 ]

金融庁の意見交換会の記事がロイター通信に載りました
先日の金融庁の第3回意見交換会の模様が、ロイター通信に紹介されました。
 アングル:山は動くか 金融庁が「脱貯蓄」草の根プロジェクト

大変有難い事に、当ブログの記事も紹介されています。
 第3回金融庁意見交換会に参加。いろいろと興味深い発言が飛び出して今後が楽しみに…?

また、当日の参加者では他にあきんこさんと虫とり小僧さんが紹介されています。
 つみたてNISAに関する金融庁が開く「第三回 個人投資家の意見交換会」に行ってきた (あきんこの人生を楽しく過ごすためのお金ブログ)
 金融庁と個人投資家の意見交換会に行ってきました(第三弾・投信運用会社を招喚・6月29日) (いつか子供に伝えたいお金の話)

金融庁の取り組みに対するそれぞれの切り口での視点・感想が抜粋されています。
また、金融庁側の姿勢についても、森長官のインデックス投資ナイトへの激励コメントの紹介や、意見交換会の発案者たる金融庁職員のコメントなどを交えて紹介されています。
金融庁職員の
「こういう会は制度化してしまうとつまらないが、反応がある限りは続けたい」
というのは的確・有意義な意見を吸い上げる試みとして実に正鵠を射ている気がしており、楽しみになります。
制度として委員を決めて…というのではなく、その都度webで募集してという気楽な形ですからベテランのみならず初心者も入れて、意外な(ある意味生活感覚に密着した)提案が出てきたりします。(今回の「夫婦割」という提案がその典型)



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


ロイター | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/07(金) 23:44 ]
[ 最終更新:2017/07/07(金) 23:44 ]

退職・転職時に確定給付年金のお忘れ物ないように
6月中ごろから7月前半くらいまで賞与シーズンです。
私も7月頭に賞与を受け取ったところです。その過半は、さっそくETFや高配当株式の取得に回ってしまいましたが……。
一瞬とはいえ、預金口座に現金残高が大きく積み上がるのは毎夏冬のことながら壮観なものです。


ところで、もしかすると賞与を貰ったのを区切りに退職・転職という人もあるかもしれません。(別に賞与のタイミングでなくてもいるでしょうが…)
賞与を貰い退職一時金を貰うことは、誰しも忘れないでしょうが、もう一つ忘れてはならないことがある人もいます(全員ではありません)。
それが、DB制度(確定給付企業年金、厚生年金基金)の実施事業所における年金資産です。

DB制度は、法令により、規約により老齢給付金を受給する要件を満たす前に退職した者にも、脱退一時金を給付するよう定められています。
基本的に、長くとも3年勤続していれば脱退一時金の要件は満たします。
それ以下の年数だと、各企業の規約にもよりますが、脱退一時金の支給対象にならない場合もあります。
規約の確認が必要です。


この脱退一時金につき、どのように処遇するかは、各退職者が自分で考える事が必要です。
具体的にどのような処遇方法があるのか、ざっと概観します。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/05(水) 16:50 ]
[ 最終更新:2017/07/05(水) 16:50 ]

ウィズダムツリーのセミナー(マネックスのゼロETF保有者限定)第1回に参加
マネックス証券が主催の、ウィズダムツリーのセミナーに参加しました。

このセミナーは、マネックスのゼロETFプログラムの対象であるウィズダムツリー社のETF保有者限定で開催されたものです。

ゼロETF01

私も、ゼロETF開始時に「限定イベントがある」という情報に惹かれウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド【DGRW】を少し買っていましたので、参加することができました。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


マネックス(ゼロETFセミナー) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/07/02(日) 04:28 ]
[ 最終更新:2017/09/17(日) 17:03 ]

前のページ
copyright © 2021 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania