FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

銭洗弁天での会話
先日、鎌倉の銭洗弁天に出かけた時の一コマ。

休日で天気も良かったためか結構な混雑で、本殿に参拝する前にかなり並ばされました(行列は敷地外のかなり遠くまで伸びていたほど)。
そんな中、行列で近くに並んでいたカップルの会話が結構興味深いことに。










NISAなどという単語が出てきたところには内心色めき立ってしまいました。制度としてはそれなりに知られているということでしょうか。
「分からないうちからでも、分からないなりに始めてみる」というのは極めて重要でしょう。金融庁も、
金融庁参事官の油布志行氏は「多くの国民には『投資は貯めてからするもの』との思い込みが染みついている。実際のところ、それでは将来の資産形成は難しい」との考えから、マインド(意識)を「投資しながら貯める」に変える政策の意味合いを説明。来年からスタートする「つみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)」を通じた資産形成への取り組みの広がりに期待を寄せた。
「投資しながら貯める」資産形成の背中を押すフィンテック ―QUICK資産運用討論会FIN/SUM(フィンサム)スペシャル―
と、問題意識を述べているところです。
幸いにして、今は口座開設機関を選べば100円からでも買付はできますし、千円単位程度まで広げればかなり金融機関選択の幅も広がります。
投資方法にしても、バラつみ投資をはじめ、投資に関する高度の知識などなくても実践可能な方法が提唱されている状況です。
資金面・知識面ともに小さい、早いうちから経験しておいた方が将来の資産形成にとって有益なのは間違いないでしょう(小規模資金のうちから資産の騰落を体感できるメリットもあります)。

おそらくこのような方々にはつみたてNISAの適合性がかなり高いのではないかと思われますので、是非そのような情報にたどり着いて頂きたいと願うところです。
金融庁のつみたてNISAガイドブックのような資料、あるいは金融機関によってはすでに独自で横浜銀行のように結構良い解説資料を作っていたりもします。
住所移転やら改姓名やらといった「生活の節目」には金融機関を訪れることが多い以上(くだんのカップルも話の流れから察するに何かありそう?)、そうしたタイミングでこうした資料がきちんと提供くらいはされ、マネープランの契機になる程度の取り組みは金融機関に期待したいところです。

私のようなブロガーとしても、つみたてNISA MeetUpへの参加および速報など、的確な情報発信に努めることで広く支援をしていきたいとの思いを新たにしました。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/13(金) 01:48 ]
[ 最終更新:2017/10/13(金) 01:48 ]

日経平均20年ぶりの高値。「長らく低迷して高値更新」となると、思い出す話題は…
10月11日の日経平均株価が終値で20年超ぶりの高値を更新しました。
TOPIXも10日に10年ぶりの高値を更新しており、株価の回復がかなり顕著になっています。

さて、その陰で、あるアクティブファンドも歴史的な高値を抜いてきています。
ノムラ日本株戦略ファンドというのがそれです。
このファンドは、2000年2月のITバブルの頂点近くで設定された日本株アクティブファンドで、設定直後に最高値を付け、そのあとは基準価額10000円を割り込んだ推移を延々と続けていました。最安値に至っては3000円台まで達しています。
「1兆円ファンド」と言われながら運用成績はこのありさま、それでいて信託報酬も税抜き1.9%とべらぼうに高く、純資産も今や800億円を割り込むなど、長らくネタ枠の代表的地位を占めている投信でした。
その日本株戦略ファンドもこの度の日本の株高に釣られ、て上がっていき、10月10日に至ってついに2000年2月28日以来17年半ぶりというタイミングで基準価額の設定来高値更新です。さらに11日にも高値を付けています。

さて、こういう風に「長らく低迷を続け、いつの間にか高値を抜いた」となると、気になるのは「積立投資」です。
いったい日本株戦略ファンドを設定直後から積み立てて今まで継続していたら…・・・?

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


投資信託 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/12(木) 03:35 ]
[ 最終更新:2017/10/12(木) 03:35 ]

質問コーナー「ドルMMFの利回り差は」 …リスクの取り方がファンドごとに違うので跳ね返ってきます
米国市場の株式やETFに投資していると、買付資金の余りや配当金など、ドル現金が手元に残ることがあります。
そうした場合、外貨建MMF(ドル)が便利です。
MMFとは、非常に大雑把に纏めると、「流動性が高く、安全性が高い短期の債券系の資産に投資する投資信託」です。基本的に株式や不動産には投資しないというように目論見書で定めています(新株予約権付社債からの転換など、例外的に株式を持つことは許されている場合があります)。
「安全性が高い」「短期」とは具体的にどういう基準かはファンドによって具体的に投資方針や投資制限として目論見書等に記載されていますが、これらの特性により、元本割れのリスクを相当程度排除した上で、いつでも購入や売却が可能という預金に近い特性の商品になっています。
通常の投資信託だと売却注文から現金化まで3営業日以上かかるのが普通ですが、MMFだと概ね翌営業日に現金化されるようになっています。組み込まれている資産が安全性・流動性の高いものに限られていることにより可能となっている特性でしょう。


さて、そんなMMFでは現在の利回りはこのようになっています。


基本的に、投資先の債券等の実績利回りをそのまま享受することになるので、銀行におけるコストを事実上差し引かれてしまう外貨預金よりは概ね有利な数字になりますが、こうしてみると同じドルでもファンドによって結構異なる利回りになっていることがわかります。
これについて、
各社の金利の差って何なんでしょうか?(*´Д`*)
という質問をツイッターで頂いています。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


投資信託 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/10(火) 03:43 ]
[ 最終更新:2017/10/10(火) 03:43 ]

質問コーナー「つみたてNISAが40万円な件」
ツイッターで質問をいただきました。

つみたてNISA は1ねんに40万円つみたてられるとききました。
12か月でわりきれないのですが、
どうしてですか


たしかに、割り切れないのは以前からツッコミの対象となっていました。

なぜこんな金額になったのかというと、一にも二にも、財務省との折り合いをつけた結果という以上でも以外でもないでしょう。
つみたてNISAというのは所得税の免除制度でして、枠を広げれば広げるほど、配当所得や譲渡所得に対する税収を取り損なうという事になりますから、歳入を預かる財務省としては渋りたくなるのも当然です。
一時は「40万円10年」で決まりかけたところ、森金融庁長官が出て行って説得したことでようやく「40万円20年」になったという噂もあります。
総投資額をベースにすれば例えば「60万円10年」になるよりは有利なわけで、ぎりぎりの妥協点だったと推測されます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/08(日) 04:19 ]
[ 最終更新:2017/10/08(日) 10:28 ]

ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズが予想通り信託報酬引き下げ
ニッセイアセットマネジメントの<購入・換金手数料なし>シリーズが信託報酬の引き下げ予定を発表しています。

<購入・換金手数料なし>シリーズ5商品の信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について

詳細を確認します。
名称信託報酬(改定後)改定日従来(または予定判明済み)の最安ファンド
【】内は購入可能な販売会社なし(記事執筆時点)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド0.15012%2017年11月21日emaxis slim、iFree、【Smart-i】(0.1512%)
最安値更新
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド0.18252%2018年2月16日iFree、野村つみたて、【Smart-i】(0.1836%)
最安値更新
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド0.17172%2018年2月21日三井住友DCつみたてNISA(0.1728%)
最安値更新
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド0.20412%%2017年11月21日iFree、emaxis slim(0.2052%)
最安値更新
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)0.23652%2017年11月21日【三菱UFJつみたて、JP】(0.2376%)
最安値更新

いずれも資産クラス別の最安値を更新してきています。

改定はいずれも決算に合わせての実施ということになります。
決算に合わせてとなると、収支の実績や次期見込みなどを勘案する都合上、シリーズの多くのファンドが決算をする11月20日に近い日での決定・発表になるのはごく自然なことで、毎年fund of the yearの投票期間に合わせての発表になってきているのは単なる偶然でしょう。

いずれにせよ、第3回意見交換会(つみたてNISA MeetUP)にて発言があった通り、「収益を利用者に還元する」という宣言が今年も有言実行されました。

今回は改定対象となった全てのファンドで最安値更新となっています。4資産均等は6資産均等が登場したときに「逆転現象になっているからせめて同水準までは値下げがあるのではないか」と予想しましたが、結果的にその通りになりました。
<購入・換金手数料なし>シリーズは新興国株式でも最安値を登場させる予定となっており、株式ファンドは最安値を独占する形になります。(JPX400もiFreeと同点で最安値)
最安値を更新といっても、更新幅は従来の最安値より0.00108%低い(100万円の保有で年間10円80銭の差異)というに過ぎませんから、「この程度の差を気にするなら、トラッキングエラーなど運用の質のほうにも注意したほうがよい」という指摘ももっともです。
しかし、運用の質が分かるのは毎期の決算が終わった後でしかなく、事前に判明している信託報酬率が「最安か、そうでないか」はインパクト面も含めると依然として選択基準としての重要性は低くありません。
何より、emaxis slimのような「最安値を目指す」と公言しているファンドは、追い抜かされた以上はなんとしても追随しないと言い訳が立ちませんから、遅かれ早かれ更なるコスト低下は起こります。
そうした意味で、今回のような小さな幅であっても、「低コスト化を目指すこと、競争により引き下げを加速させることをやめる気はない」という姿勢を示す象徴的な意味合いとして、この引き下げの意義はなお重大だと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


ニッセイ<購入・換金手数料なし> | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/07(土) 15:59 ]
[ 最終更新:2017/10/07(土) 15:59 ]

つみたてNISAの対象ファンド発表。良好な投資環境と投資商品の提供に関する、運用会社の本気と販売会社の本気が試される
金融庁のウェブサイトにて、つみたてNISAの対応商品が公表されています。
 運用会社別一覧
 対象資産別一覧

アクティブファンド枠の13本を含め、合計で103本がラインアップされています。

ざっと見てみますと、SMTやemaxis、Funds-i、<購入・換金手数料なし>、iFree、たわらノーロード、三井住友DCつみたてNISAなど、主要インデックスファンドシリーズは概ね網羅されています。
また、Smart-i三菱UFJつみたて野村つみたて楽天バンガードなど、つみたてNISA狙いの新シリーズも当然入っています。
ただ、三井住友DCつみたてNISA世界分散ファンドJP4資産バランスなど、入っていそうで入っていないものもあります。ただ、設定のタイミングといい内容といいこれらをラインナップに入れない理由もないと思いますので、手続が遅れているというだけでしょうか。

一方で、意外と参加していないシリーズもあります。
例えば、三井住友トラストのインデックスe(旧CMAM)シリーズ。かつてはSTAM(→SMT)やemaxisと並ぶ低コストインデックスファンドシリーズとして君臨し、投信ブロガーが選ぶFund of the Year2011では先進国株式ファンドが優勝を飾るほどの隆盛を誇ったものでしたが、会社合併でSMTシリーズと同じ会社に属することとなり影が薄くなっていましたが、とうとうつみたてNISAではエントリーもされず、半ば打ち捨てられた感があります。
また、日興アセットのインデックスファンドシリーズ(旧年金積立シリーズ)。STAMとほぼ同時期かそれより多少先行するくらいのタイミングで登場した低コストインデックスファンドシリーズだったはずで、今も新興国株式・新興国債券が楽天証券の確定拠出年金に採用されるなど地味に存在感は残っているかと思っていましたが、こちらも一覧表に名前なし。
さらに、ブラックロックのi-mizuhoシリーズも、意外なところではexe-iシリーズもありません。

運用会社の本気度の有無が表れる?


これらのシリーズは、たしかにexe-i以外は信託報酬が何世代か遅れた水準に取り残されていて競争力には乏しいかもしれませんが、それにしても、何ら梃入れもせず、投資初心者に大々的に売り込むつみたてNISAの場に参戦もさせないとは、事実上の戦力外通告、さらには運用会社自体も「そこまでしてつみたてNISAに関わる気はない、良好な投資商品を供給する気はない」という敵前逃亡の意思表示と捕らえる事もできそうです(インデックスeのほかにSMTを持っている三井住友トラストのような例は、敵前逃亡には当てはまらないでしょうが)。

運用会社がどの程度投資家本位の取り組みに本気で挑む意思があるか、ラインナップする・しないで差が見えやすくなりそうです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2017/10/03(火) 07:00 ]
[ 最終更新:2018/02/11(日) 18:07 ]

emaxis slim国内株式と先進国株式が有言実行の信託報酬引き下げ。確かに競争を続けていくということが示された
三菱UFJ国際投信は、emaxis slimシリーズのうち国内株式と先進国株式のファンドについて信託報酬の引き下げを発表しました。
 「eMAXIS Slim 国内株式インデックス」約款変更のお知らせ
 「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」約款変更のお知らせ

国内株式は0.1836%、先進国株式は0.2052%に変更になっています。
いずれも10月2日からの改定で、既に発効していることになります。

今回の引き下げは、Smart-iTOPIXインデックス及びiFree外国株式インデックスがemaxis slimの従来の信託報酬より安い水準まで下げてきたことに対応するものです。
「最低水準の信託報酬を目指す」と標榜してきたシリーズに、いよいよ実際に挑戦状が突きつけられるようになって、本当に値下げしてくれるのかが注目されましたが、まずは宣言どおり引き下げを実現してみせました。

ただし、国内株式は三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンドが9月21日からこれより更に低い信託報酬に引き下げ済みですから、宣言を守るにはもう一段の引き下げが必要になります。
また、新興国株式で<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンドが、バランスファンドで(emaxis slimの8資産均等とは構成比が異なりますが)三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド及びりそなつみたてバランスファンドがemaxis slimよりも低い信託報酬を発表していますから、これらへの対応も課題として残されています。
とはいえ、既に一度追随値下げをした実績ができた以上、今度も早晩実施されるものと期待ができそうです。

一方、他社ファンドも、つみたてNISA対応の本格化以来いまや実際にemaxis slim以下の信託報酬を提示する実例が出てきているのですから、emaxis slimの信託報酬水準を下限とすることなく、更なる引き下げをしてくれる可能性はあります。(他がやらなくても楽天バンガードはやるでしょう)

こうした実績の積み重ねにより、投資家からの信頼感を獲得し、更なる期待感を醸成し一層の競争を促すとしたら、これほど理想的な好循環もありません。
また、マネックスが確定拠出年金でダークホースから一挙に大本命にの記事及び引用ツイートで述べたように、マネックスの確定拠出年金プランの長所はemaxis slimシリーズが信託報酬を引き下げ、最低コストの位置を占め続けることに支えられており、信託報酬引き下げの宣言が履行されるかどうかがプランへの信頼性もemaxis slim自身への信頼性も支えている状況にありますが、その信頼性もひとまず実証されました。

今後とも、さらなる競争による投資環境の改善に大いに期待したいところです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/03(火) 00:51 ]
[ 最終更新:2017/10/03(火) 00:51 ]

確定拠出年金の引落対応金融機関が追加。資産形成に協力的な銀行を選んで積極的に利用したい
確定拠出年金の掛け金引き落としに、9月29日から楽天銀行およびジャパンネット銀行が利用可能になっています。
掛金の引落に利用可能な金融機関が追加されます

楽天証券のサイトのリリースで、追加されるのが楽天銀行で…となると楽天の囲い込みかと思いたくなるかもしれませんが、勿論そうではありません。
口座引落は制度の運営主体たる国民年金基金連合会と各銀行との契約によるので、当然、運営管理機関がどこであろうと(SBI証券であろうとマネックス証券であろうと)、問題なく楽天銀行からもジャパンネット銀行からも引き落としをすることができます。それは下記の国民年金基金連合会の資料からも明らかです。
 掛金引落金融機関について(平成29 年10月1日現在) (国民年金基金連合会 ideCoをはじめようの下のほう「加入手続きについて」より)



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/02(月) 01:00 ]
[ 最終更新:2017/10/02(月) 01:00 ]

楽天証券が確定拠出年金残高に応じて楽天ポイント進呈キャンペーン。新たな段階への競争に?
楽天証券が、確定拠出年金にて投資信託残高に応じて楽天スーパーポイントをプレゼントするキャンペーンを実施します。
個人型確定拠出年金(iDeCo)で保有する投資信託残高に応じて楽天スーパーポイントを最大300ポイントプレゼント!

2017年12月末及び2018年6月末の確定拠出年金内での投資信託の残高に対して各0.03%(最大各150ポイント)を付与することとなっています。

楽天証券は、以下の各記事でも紹介しているように、SBI証券やマネックス証券と、商品ラインアップでもコストでもいずれ劣らぬ大接戦を繰り広げています。
(記事では紹介していませんが、イオン銀行などもほぼ並んでいます)
 SBIと楽天の個人型DC手数料無料化。両社の使い分けを考える
 マネックスが確定拠出年金でダークホースから一挙に大本命に
「誰でも口座管理手数料無料(167円)」の口火を切り(それ以前から、「50万円以上」でSBI証券、無条件でスルガ銀行、もありました。ただしスルガ銀行は改悪しています)、信託報酬最安レベルの商品を並べたラインナップと相俟って、SBI証券とともに市場を席巻していました。
しかし、イオン銀行やマネックス証券の参入など、「口座管理手数料無料」も「最安信託報酬」も早くも半ば当たり前のスペックになってしまった感があり、競争条件は煮詰まっていました。
今回、ポイント還元という形での特典付与をスタートするのは、限界に達した「手数料」「商品」から離れて新たな競争分野を開拓したものと評価できます。

どうしても削減することができなかった「国民年金基金連合会&信託銀行の手数料」という負担が、楽天スーパーポイントを付与されることで実質的に軽減されることになります。
このため、楽天証券の確定拠出年金は再び魅力が頭一つ抜けてくることになります。
楽天スーパーポイントは通常の買い物に使うだけでなく投資信託の買付にも回せますから、再投資して更なる資産の上積みを図る事も可能になります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/10/01(日) 17:55 ]
[ 最終更新:2017/10/01(日) 23:43 ]

前のページ
copyright © 2020 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania