FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

つみップ金沢&金沢コツコツのコラボ開催に参加
12月16日に、つみたてNISAMeetup(つみップ)が金沢で開催されました。
今回は「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ金沢」とのコラボ開催となり、両イベントに私も参加してきました。

コツコツ金沢への参加は2015年4月以来2回目、つみップの地方開催への遠征は初めてです。
実は今回の両イベントは、偶然同日に設定されたものでした。(それぞれ告知が出たのを見たときに、「おお、コラボか」と早とちりしたものでしたが…)
そこで、金融庁側の担当者から「コラボ開催にすることはできないか声をかけてみてほしい」旨依頼を頂いたので、私の方からコツコツの幹事の常有希さんに打診してみたところ、前向きに検討して頂けることになり、無事実現に至ったものです。
私は打診をしただけで、具体的な開催準備そのものは両主催者間で行われたわけですが、ともあれ話を繋いだ以上はそれっきり知らんぷりというのもどうかと思いますし、顔を出すことにしました。冬ですからもしかしたら雪の兼六園とかも見れるかもしれませんし。

今回は、まず「つみップ」、そのあと付近の中華料理店に移動して「懇親会=コツコツ」、という流れでした。
今回のつみップの流れは、まず金融庁の今井利友氏によるいつもの通りのつみたてNISAの趣旨説明、そのあと岩城みずほ氏による資産形成のステップについての説明でした。流れ的には、11月の女子部とほぼ同じですね(資料的には女子部の資料と変わりありません)。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA Meetup & つみたてNISAフェスティバル | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/19(火) 01:18 ]
[ 最終更新:2017/12/19(火) 01:18 ]

朝日ライフ「にぃにぃGo」がつみたてNISAに対応……って、どういう意義が…?(困惑)
朝日ライフアセットマネジメントの朝日ライフ 日経平均ファンド(愛称:にぃにぃGo)はつみたてNISA対象商品になったようです。
つみたてNISA対象商品に「朝日ライフ 日経平均ファンド」追加、区分別商品数は「8指数」型が最多

にぃにぃGoは、名称の通り日経225に連動するインデックスファンドです。
信託報酬は0.54%。国内資産インデックスファンドにおけるつみたてNISA要件の最大限度ぴったりです!

………まあ、確かに要件を満たしているに違いない以上、届け出れば受理されざるをえないわけですが…
それにしても、制度導入当初では「ぎりぎり要件を満たすようなファンドが横行するのではないか?」という危惧があった中、各社ともコスト競争を繰り広げて、今や最瀕値は上限の1/3、平均値は上限の半分になっているわけです。
そこへ、この期に及んで上限ぎりぎりのファンドを持ってくるとは…。
にぃにぃGoの販売会社のうち、SMBC日興証券とカブドットコム証券はつみたてNISA対応を発表していませんが、あとは楽天にSBIにマネックスですから、格段に低コストな商品から選び放題。とても本ファンドを選ぶ人がいるとは考えられません。
残る高木証券ですが、こちらもニッセイ日経225という嘗ての絶対王者(今は隠居の身というべきですが……)がいますから、やはり問題にもならないでしょう。
他の販売会社を開拓するとしても、少なくともつみたてNISAには多くの販売会社につみたてんとうかiFreeかたわらノーロードがあるような状況で、どう割り込めるのか…?

あるいは、当ファンドはやけに分配金を出しているようですから(大体基準価額が1万円を超えたら、超えた分を出しているような傾向)、分配金が欲しい人に訴求する狙いでしょうか?
……長期資産形成を趣旨とし、「分配金を出さない方がよい」と金融庁のガイドブックでも明記している制度で、ですか?
勿論、年1回という決算&分配回数は要件を満たし、分配金の額には制限がありませんから、こちらも形式上なんら問題はないわけですが…。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/16(土) 10:27 ]
[ 最終更新:2017/12/16(土) 10:27 ]

バンガード ブロガー限定懇親会
12月15日にバンガード・インベストメンツ・ジャパンの東京本社で開催されたブロガー限定懇談会にお声がけをいただき参加しました。

DSC_2415.jpg
↑オフィス入り口のロゴ。

まず現在作成中のバンガードの紹介ビデオ(バンガードの理念の紹介やオフィスの様子など)を見せてもらい(完成後にはウェブサイトなどでの公開があるのでしょうか?)、続いてバンガード社の詳細についてのプレゼン。プレゼン内容はETFカンファレンスの時とほぼ同様、低コストの構造についての説明や楽天バンガードの紹介など。
ここまででおよそ30分、そのあと1時間余りを質疑応答時間という流れでした。

質疑応答での模様は……「ブログなどにはアップしないでください」ということで、あまり詳しいことは書けないのですが(^^; 、話題としてはセゾン投信の位置づけ(楽天投信との分担など含め)、楽天投信で出すファンドの方針、マネックスセゾンバンガード関連、国際課税の問題、東証上場など国内での直接販売、などが話題となりました。
なにしろ遠慮のない参加者が集まっていますから、かなりきつい質問や答えづらい質問もあったかもしれませんが、(機密情報などで答えられないものを除いて)かなり真摯に答えてくれており、併せて運用・資産形成に関する思想・理想なども随所で伝えようとしてきていました。
このように腹蔵なく思ったままやり取りできる場が用意されたのは非常に貴重です。
今後も、機会があれば是非このような場に参加したいと思います。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


バンガードブロガーミーティング | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/16(土) 01:09 ]
[ 最終更新:2018/09/09(日) 01:51 ]

DCニッセイ信託報酬引下げ、楽天バンガード追加。個人型DCはネット証券が最適という事がより明確に
ニッセイアセットマネジメントは、14日付けで、「DCニッセイ」のインデックスファンドの信託報酬引き下げを発表しています。
確定拠出年金(DC)向けインデックスファンドの信託報酬率引下げ(投資信託約款変更)について

引き下げ後の信託報酬は以下のようになります。
 DCニッセイ外国株式インデックス:0.20412%
 DCニッセイ日経225インデックスファンドA:0.18252%
いずれもニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズの引き下げ予定と同じ水準まで引き下げることになり、一般売り最低コスト水準に達します。
いずれもSBI証券の個人型DCでラインナップされているファンドであり、SBI利用者には朗報となります。
<購入・換金手数料なし>シリーズは「運用会社側の利益なども鑑みつつ、コスト引き下げで受益者にも還元する」との言明が過去のつみたてNISA Meetupであった一方、DCニッセイには特に明示されたものがありませんでしたが、今回DCニッセイも同様の対応がなされました。


また、時を同じくして、楽天証券は確定拠出年金のラインナップに楽天バンガードシリーズを追加することを発表しています。
【iDeCo】2018年より年単位等でも掛金を支払うことができるようになります
なんと、DCの中で実質「DRIP付きVT/VTI」に投資できるという事になります。楽天証券ユーザーにはこの上ない朗報です。
バンガード社は、「長期積立の思想において共通するつみたてNISAを支援していきたい」との発言をしていましたが、同様に長期積立を旨とする制度であるDCにも参入してきました。無論、大いに首肯できます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


DC(確定拠出年金) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/15(金) 17:50 ]
[ 最終更新:2017/12/15(金) 18:43 ]

つみたてNISAの中だけでは良心的なラインナップでも……
早いもので、つみたてNISAのスタートも気が付いたらあと半月程度まで迫ってきています。

対象商品も出揃ってきており、各販売会社もつみたての設定ができる時期も近づいてきています(すでに可能なところもあるでしょうか)。
金融庁も、今月はつみたてNISAMeetUPを札幌→金沢→東京と3週連続で実施予定など、いよいよ普及に余念がありません。

いやが上にも空気の高まりを感じるのですが、その一方で、販売会社の方は、相変わらず、この制度の趣旨をどこまでまともに理解しているのか怪しいようなところが多いような気がしてなりません。

つみたてNISAの口座開設先を選択する際には、つみたてNISA内での提供商品ラインナップを見比べることも勿論ですが、つみたてNISA外ではどうなのかを同時に検討することが必要だと思います。
そこにこそ、当該金融機関がどれだけ顧客の資産形成を真剣に支援する意思があるかどうかのバロメーターがあると言えるためです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/15(金) 02:25 ]
[ 最終更新:2017/12/15(金) 02:25 ]

ETFカンファレンス2017に参加。国内ETFの復権を狙っているようだが成るのかどうか
12月9日開催のモーニングスター主催のETFカンファレンス2017に参加してきました。

実況ツイートをまとめます。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


モーニングスター | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/11(月) 03:30 ]
[ 最終更新:2017/12/11(月) 03:30 ]

インデックス投資の入門書決定版「お金は寝かせて増やしなさい」
お金は寝かせて増やしなさい(水瀬ケンイチ)を読みました。筆者より献本頂きました。

筆者については、いまさら説明するまでもないでしょうが、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーにて、インデックス投資の実践記録及び理論面において長らく執筆を続けている、インデックス投資家の代名詞的な存在です。
本書は、その筆者の15年に及ぶインデックス投資実践・12年3000記事以上に及ぶブログ記事の知見の中から、その要所を凝縮したものです。
個人投資家としての体験も踏まえたものになっていますから初心者からでも読むに堪えると思いますが、ある程度知見を持っている人にとっても復習用の便覧として手元に置いて使うに堪えると思います。


本書は全6章構成。
最初の3章は、インデックス投資の基礎知識、実践方法、非課税制度の活用等についてに充てられています。
この辺りは、内容自体は特段目新しいものではありません。ただ、
 ・スキームとしての投資信託のメリット・デメリット
 ・アクティブ投資に対するインデックス投資の優位性
 ・コストの重要性
 ・リスク許容度の考え方
 ・分散投資、アセットアロケーション、リバランス
等といった、インデックス投資の根幹をなす重要事項の一つ一つについて理論的・実践的な根拠づけがなされており、その内容は類を見ないほどに濃密です。特に初心者は、これからやろうとすることを正しく理解するためにも、必ず読んでおくべき部分です。

第4章以降は、長期間の実践者である筆者ならではの内容になってきています。
第4章は、インデックス投資の続け方について。
本書の想定するインデックス投資は長期継続しないと本領を発揮しないこと(∵ (1)短期的にはプラスにもマイナスにも大きくぶれる (2)長期には平均的なリターンに収斂していく (3)長期的にはプラス成長である)を説明し、更に「やめたくなった時にやめずに続けるための方法」について、いくつかの提案をしています。
つみたてNISAフェスティバルにおいても、「投資の秘訣は3つ。第一に続けること、第二に続けること、そして第三に続けること」という名言が登壇者から出ていますが、その理由を懇切に説き、更に自ら長期間の浮き沈みを経験してきたことを踏まえて具体的な「続け方」を挙げているのは極めて貴重な教えといえます。

第5章は、筆者のインデックス投資実践の歴史。
筆者の記録の残っている部分だけですがそれでも13年分、ほぼ日本におけるインデックス投資そのものの歴史といえるくらいの長さでしょう。
その間の損益記録はもとより、投資環境の変遷、相場を揺るがした事件、それに対する世間や筆者の反応等が克明につづられています。
年ごとの損益に関する一喜一憂の模様がつづられ、資産残高(累計評価損益)の推移もグラフと文章で示されているので、その間の実感が追えます。
筆者自身が「平均回帰性」を腹落ちさせるのに至ったのが意外と後の時期ですので、「本当はこれほど上げ下げを経験しないと分からないものなのか」と自戒する契機になりそうです(と同時に、文章を読むだけでそれを追体験できる読者はある意味チートとも言えます)。
また、様々なショックによる資産の減少から回復の過程が追えるのは、読者が「続けること」を実践するための鼓舞材料にもなるでしょう。
このような長期にわたって数字と心理を示した教材を出せるのは筆者のほかにいたとしても(特に個人投資家目線では)ごく限られた人だけでしょう。その意味で、本書の中でも特に貴重な章だと思います。

第6章は、出口戦略について。
出口戦略については、あまり情報がないと言われているようです(現時点でのインデックス投資家の年齢層の問題も一因。福岡コツコツでは、高めの年齢層向けの情報としてはNightwalkerさんに期待する声もあり)。
まとまった論としては、せいぜい、カンチュンド氏のバラつみ投資の中で、「山頂(リタイア時)から麓まで下りてくるように、一生かけて取り崩していく、そこまでが積立投資」(大意)としているのが目立つ程度でしょうか。
しかし、本書では、インデックス投資の本旨に照らすと、むしろ出口戦略とはある意味「ないものねだり」ではないかという点を指摘、その上で現実的な取り崩し方法をいくつか提案しています。
基本的には投資家はリスクのコントロールくらいしかできることはないという点において一貫しており、非常に納得感の強いものだと思います。

本書の本論は極めて濃密なものですが、エピローグにおいては「人の明るい未来を信じる」「欲望をエンジンとした資本主義経済の長期的発展に賭ける」と、本質を端的に纏めています。
また、章の合間には本論とリンクした漫画(長期インデックス投資の右肩上がり、実際の各種ショックによる損失と一喜一憂、回復による「続けること」の成果の実感、など)が描かれており、この数ページの漫画を読むだけでも本書の概略の概略くらいは掴めるはずですので、濃密な議論が辛いという人であっても理解のハードルは下がっていると思います。

まさに、長期的資産形成を図る個人投資家が読むべきインデックス投資の本の決定版とも言えるものだと思います。
ところで、件の漫画の最後にはこんな個所が…
DSC_2399[1]
つまり、たぶん筆者は次著があるということなんでしょうね。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/09(土) 03:04 ]
[ 最終更新:2017/12/09(土) 03:04 ]

「とってもやさしいお金のふやし方」。資産管理の一通りの知識を効率よく学ぶ入門書
貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方(竹川美奈子)を読みました。

「やさしいお金のふやし方」とは、楽して一攫千金みたいなイメージにもなりかねませんが、むろん、そのような安直な発想とは真逆のもので、生涯にわたる習慣づけで堅実に確実に資産を拡大させていくことを旨とするものです。

本書では、まず冒頭に、元本×運用利回り×時間という「お金を増やすための公式」が掲げられています。
本書で述べることは、究極にはこの公式に集約されると言ってよいかもしれません。

その公式の中で、まず「元本」を早く/大きく積み上げる(貯蓄や投資の原資を確保する)ことが最重要であることが指摘され、その後、具体的なステップの説明に移っていきます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


良書 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/08(金) 02:17 ]
[ 最終更新:2017/12/08(金) 02:17 ]

Fund of the Year 2017への投票詳細。本当に悩ましい中での5ファンド分散投票
Fund of the Year2017の投票期間は、去る11月30日24時の経過をもって終了しました。

今回は表彰式後の懇親会のチケットの売れ行きも非常に速いようで、やはり例年以上に関心が高まっているようです。
得票状況については知る由もありませんが、おそらく相当の接戦になっているのではないでしょうか。

混沌とした情勢になるであろうことを予想したため、投票報告の記事では具体的な投票内容については伏せましたが、もう投票期間が過ぎたことですから開示することにします。

投票報告時にも書いたとおり、5ファンドへの1票ずつの投票です。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Fund of the year | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/06(水) 02:58 ]
[ 最終更新:2017/12/06(水) 02:58 ]

JAバンク向けのつみたてNISAインデックスファンドも登場したが…… 系列向けにと無理して作らずに既存の優良ファンドを引っ張ってきた方が……
農林中金全共連アセットマネジメントから、つみたてNISA向けのインデックスファンドが登場します。

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬現在(または予定判明済み)の最安ファンド
農林中金<パートナーズ>つみたてNISA日本株式 日経225日経2250.378%ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.18252%)
農林中金<パートナーズ>つみたてNISA米国株式 S&P500S&P5000.486%iFree(0.243%)


いずれも12月19日の設定となっていあmす。
販売会社には農林中央金庫の名があります。実際には、全国のJAバンクが販売することになるのでしょう。
信用金庫向けにしんきんアセットが設定したしんきんノーロード日経225と同様、グループ内の販売会社向けに自前で作ったものと思われます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


農林中金<パートナーズ>つみたてNISA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/03(日) 01:20 ]
[ 最終更新:2017/12/03(日) 01:20 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2021 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania