FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

Smart-iのバランスファンド登場。リスク別バランスファンドとしての最低水準コストで、シリーズの巻き返しなるのか
Smart-iインデックスシリーズから、リスク水準別のバランスファンド3本が設定されます。
Smart-i8資産バランス安定型/安定成長型/成長型

詳細を確認します。

名称安定型安定成長型成長型
国内債券NOMURA-BPI総合28.5%15.5%7%
先進国債券FTSE世界国債16%8%4%
ヘッジ付き先進国債券FTSE世界国債(円ヘッジ)28.5%15.5%7%
新興国債券JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド2%4%5%
国内株式TOPIX8%19%26%
先進国株式MSCIコクサイ10%21%28%
新興国株式MSCIエマージング3%7%10%
国内リート東証リート指数2%5%6%
先進国リートS&P先進国リート指数2%5%7%
国内38.5%39.5%39%
先進国56.5%49.5%46%
新興国5%11%15%
債券75%43%23%
株式21%47%64%
リート4%10%13%
信託報酬0.1728%0.1944%0.216%


なお、資産配分はリスク水準維持のため、定量データに基づき年1回見直されます。
また、新興国債券についてはETFを利用する場合があり、その場合はETFの経費により0.0088%/0.0176%/0.022%程度信託報酬が増加することになります。

設定日は3月27日となっています。
販売会社はりそな銀行の名前しかなく、おそらく自己設定用の販売会社でしょうから実際の販売窓口は未定と思われます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Smart-i | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/03/10(土) 19:24 ]
[ 最終更新:2018/03/10(土) 19:24 ]

SBI証券にて米国株式の積立導入。期待ほどのインパクトではないが今後の更なる発展に期待
SBI証券が、来る3月10日より米国株式(ETF含む)の定期買付サービスを導入します。
米国株式/米国ETF定期買付サービス開始のお知らせ(3/10~)

株数指定と金額指定があり、円貨決済・外貨決済いずれにも対応しています。
ただし、金額指定の場合は、その金額で買える株式数を買うという形になり、指定金額に合わせて端株(小数点以下)を買えるわけではないようです。(カブドットコム証券のプチ株積立と同様のイメージ)
また、手数料については明らかではありませんが、「外国株式取引に関する説明書」の改定においても特に手数料に関して改定の形跡が見られないところをみますと、おそらく通常の注文と同様になるのでしょうか。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


外国株・ETF | トラックバック:1 | コメント:0
[ 2018/03/07(水) 18:47 ]
[ 最終更新:2018/03/07(水) 18:47 ]

東証マネ部にてインデックス投資の実践談が掲載
日本取引所の個人投資家向け特設サイト「東証マネ部」にて、私がインタビューを受けた記事が掲載されています。
20代からインデックスでこつこつ資産形成 インデックスブロガー・安房さん「利益を挙げ続ける、世界中の企業全体に期待」

主にインデックス投資を始めたきっかけや、なぜ株式クラスを持つべきなのかに関する考え方などを話しています。

これから投資を始める人向けの記事ということで、あまり細かく難しい話にならないよう、うまくまとめて頂いています。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


東証マネ部 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/07(水) 02:40 ]
[ 最終更新:2018/03/07(水) 02:40 ]

立会外取引を利用した売買手数料無料のサービスが登場。機関投資家の使っていたサービスがまた一つ個人に開放されつつあるか&意外なところに波及的好影響もある…か?
株式会社スマートプラスというところが、国内上場株式の売買サービス「STREAM」をスタートさせると報じられています。

サービスの詳細についてはわかま屋さんが報じています。
株式の売買手数料無料が常識になる日も近い:スマートプラスの株取引アプリSTREAM (ストリーム)が登場 (一方通行投資で気楽に資産形成。)

本サービスの特徴の要点としては、
(1)東証立会外取引を(有利な場合に)利用する
(2)立会外を利用した場合にのみ売買手数料が発生する

ということになります。


立会外取引については、日本取引所のサイトに詳細が説明されています。
主に大口の取引や複数銘柄のバスケット取引、自己株式などの売買を、通常の市場に影響を及ぼすことなく実行するための取引です。主に機関投資家の利用が多いと思います。
本サービスでは、通常の市場と立会外取引との条件を比較して有利な方に発注するということになっており、SBI証券のSOR注文と似たような仕組みになっています(SBIのSOR注文は、取引所とPTSでの比較)。

この判定において立会外が有利となった場合に限り、その有利になった差額の半分が手数料として発生することになります。
今まで、国内株式の発注手数料が無料になるサービスとしては、SBI証券のアクティブプラン(1日の約定代金10万円以下)、松井証券(1日の約定代金10万円以下)、カブドットコム証券のフリーETF(特定銘柄)などがありましたが、これらよりも確実に有利になることになります(銘柄にも金額にも制約がなく、代金+手数料の合計額で同等【通常市場】またはそれより安く【立会外】なる)。
この条件だと、仮に、蓋を開けてみたら通常市場の方が有利な取引ばかりだった…なんてことになったら、スマートプラス社の利益が皆無になってしまうわけですが、いくらなんでもそんなことにはならない程度のことは事前に検証しているでしょうから、それなりの頻度で立会外の方に発注されることになる(そして有利幅もそれなりに大きい)ことになるのではないかと期待してよいのでしょう。
利用者として有利に取引ができる可能性が高まるのであれば有難い限りです。

立会外取引は、個人投資家がアクセスできるサービスとしてはSBI証券の立会外トレードが最近始まったところですが、あれは個別に指定された銘柄及びスケジュールに限った取扱でした。
本サービスのように、銘柄も日次も制約なく利用できる(可能性がある)のは恐らく初でしょう。

インデックス運用などの投資セオリーの実践は、機関投資家にとってはずいぶん昔から超低コストで可能でした。
一般の投資家までが可能になったのは、かなり最近になってインデックス投信・ETFの登場、及びここ数年の超低コスト化によって漸くといったところでした。
今回のスマートプラスのサービスによる立会外取引へのアクセス機会の提供は、それに続いてまた一つ、機関投資家の利用していたサービスが個人投資家に開放され、両者の条件の差がなくなっていく事の表れになるのかもしれません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


国内株式・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/05(月) 09:02 ]
[ 最終更新:2018/03/05(月) 09:02 ]

系列販売会社向けのつみたてNISA用ファンドの様子
販売会社と同系列の運用会社が、その販売会社向けにつみたてNISA対応ファンドを設定した例がいくつかありました。

信用金庫向けのつみたてNISAインデックスファンドが登場したが…
JAバンク向けのつみたてNISAインデックスファンドも登場したが…… 系列向けにと無理して作らずに既存の優良ファンドを引っ張ってきた方が……
JP投信から基本4資産の均等バランス登場。もしや郵便局でバラつみ可能に?

つみたてNISAがスタートしてから2ヶ月が経過しましたが、資金の集まり具合はどんなものでしょうか。
幸い、各ファンドとも日次の純資産総額&基準価額が運用会社サイトからダウンロードできますから、口数の推移を算出して様子を見てみます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/04(日) 02:12 ]
[ 最終更新:2018/03/04(日) 02:12 ]

emaxis slimから全世界株式(除く日本)が登場
emaxis slimシリーズから、日本を除く全世界株式のインデックスファンドが登場します。

詳細を確認します。

名称ベンチマーク信託報酬従来の最安ファンド
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)MSCI ACWI(除く日本)0.15336%野村つみたて(0.2052%)
※最安値更新
【参考】EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド:0.150%程度


なお、設定日は3月19日、販売会社には楽天証券の名があります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/02(金) 13:15 ]
[ 最終更新:2018/03/02(金) 13:15 ]

SMTインデックスシリーズが2000億円到達。これからの立ち位置はスマートベータなどに活路を見出す方針?
SMTインデックスシリーズは、純資産が全体で2000億円を突破したそうです。
モーニングスターに紹介されています。

SMTインデックスシリーズは、低コストインデックスファンドシリーズの走りとして2008年に登場したファンドでした。
私の投資スタートが2008年秋でして、暫くの間は本シリーズが投資資産の主力を占めていましたから、流石に感慨を覚えます。

もっとも、本シリーズは、販路の広がりではemaxisの後塵を拝し(emaxisの2000億円到達は2015年8月と、かなり先を越された)、コスト面でもニッセイ<購入・換金手数料なし>以降の水準にはついて行けずと、かなり中途半端な立ち位置になっているのが現状です。

モーニングスターの記事によると、今後は「低コスト」の追求はi-SMTシリーズで担っていくようです。
確かに、i-SMTはそれなりに競争力のあるコスト水準まで戻してきてはいますが、emaxis slimに比べると「最低コストをコミットしているわけではない」「ラインナップ追加のタイミングも今までのところ微妙」といった印象で、現状のままだと果たして決定打になりうるか微妙な気はします。
もっとも、SMT世界経済インデックス・オープンの需要にも注目しているようですから、仮に「i-SMT世界経済インデックス・オープン」というのが信託報酬0.2%台くらいで登場したりすれば、この価格帯でのバランスファンドは〇資産均等型を除くと三井住友DCつみたてNISA世界分散ファンドくらいですから、それなりに面白い存在になってくるかもしれません。

一方で、従来型のSMTシリーズでは、スマートベータ型を中心に拡充を図ると言っています。
独自色を志向するインデックスファンドでは、emaxisのJAPANクオリティ150、地域別(米国/欧州/豪州)リートやコモディティなど、あまり人気が出ている感じがありませんし、i-mizuhoの大量償還などの例もあり、結構諸刃の剣な面もありそうです。
とはいえ、既にある増配(配当貴族)はそこそこ資産を集めていますし、「最小分散」「高配当」「イコールウェイト」など、投資セオリー自体が良さそうなのだが商品が無かった…というものも結構ありますから、活路がありそうなのは否定できません(「投資対象自体で奇をてらう」のではなく、「通常のインデックスと同様の広く分散された投資対象の中でセオリーを変える」という形での独自性)


ともあれ、投資信託の時代を切り開いてきたのは確かな本シリーズですから、今後とも新たな立ち位置を切り開いて、生き残りを続けてほしいものです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/02(金) 01:37 ]
[ 最終更新:2018/03/02(金) 01:37 ]

前のページ
copyright © 2019 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania