FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

三菱UFJ国際アセットのブロガーミーティングに参加
3月27日に実施された、三菱UFJ国際投信のブロガーミーティングに出席してきました。
同社のブロガーミーティングは過去にも何回か実施されていたのですが、参加はできておらず。
昨年からつみップの実況をしたり運用会社の中の人と名刺交換をしたりが増えてブロガーとしての存在感が漸く出てきたせいか、今回は募集開始に先立って開催の案内を頂くことができ、無事参加申し込みができました。

今回は、「emaxisシリーズの商品展開」をテーマに、三菱UFJ国際投信の代田取締役のほか、山崎元氏とイボットソンアソシエイツの小松原宰明氏を交えてのトークイベントでした。
また、懇親会でも代田取締役から色々ファンドの運用などに関する興味深い裏話を聞くことができました。

山崎氏にとっては「今までグロソブをはじめとする旧国際投信のファンドを散々批判してきたので、その血を引く三菱UFJ国際投信の敷居を跨げる日が来るとは思わなかった。emaxis slimのような低コストの良ファンドが出てきたおかげでここに来ることができ、歴史的な和解の日になった」ということです……w

オフレコにしなければならない話も多く、なかなか厄介ですが、話題のいくつかをまとめます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


MUAMブロガーミーティング | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/30(金) 01:53 ]
[ 最終更新:2018/03/30(金) 01:53 ]

「地雷はだいたい除去されている」≠「地雷はない」
つみたてNISAの対象ファンドには、ご案内の通り、投資信託の構成や信託報酬など、厳しい要件が定められています。
その為、「金融庁により地雷のほとんどが除去されている」と評されることもあります。
つみップやコツコツの会などでも、「つみたてNISA対象ファンドに含まれている商品であれば、だいたい問題ない」などと初心者に勧めるためのベンチマークのように扱う人もいるようです。

確かに、極端に酷いファンドは概ね除かれてはいます。
ただ、つみたてNISAのフィルターをもってしても、全ての地雷を除去できているわけではなく、中にはとても推奨できないファンドも混じっています。
あくまでも、「足切り水準をクリアした」というのに過ぎず、有利不利は厳然としてありますから、なお個別ファンドを詳細に検討することを忘れてはいけません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/26(月) 12:51 ]
[ 最終更新:2018/03/26(月) 12:51 ]

emaxis slimシリーズが直販!?
emaxis slimシリーズが信託約款を変更しました。
今回の約款変更は、なんと、運用会社による直販を可能とするものです。

「eMAXIS Slim」約款変更のお知らせ

平成30年度中にemaxis slimシリーズのファンドを対象にネット直販を予定しているそうです。
なお、列記されているファンドの中に、全世界株式(除く日本)全世界株式(3地域均等型)の名がありませんが、殊更にこれらだけを除け者にする理由があるとも思えませんから、単純にこの2ファンドはまだ設定手続き中だからというだけでしょう。運用開始次第、同様の約款改正がされるのではないかと思います。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/03/20(火) 03:09 ]
[ 最終更新:2018/03/20(火) 03:09 ]

インカム重視のSMT日米インデックスバランス、繰上償還提案……
SMTインデックスシリーズを構成するSMT日米インデックスバランス・オープンが、繰上償還のための書面決議を提案する旨発表されています。
2018年03月16日 「SMT 日米インデックスバランス・オープン」信託終了(繰上償還)(予定)のお知らせ

当ブログで本ファンドの登場を報じたのが2017年の2月8日。僅か1年ちょっとで繰上償還を報じる記事を書くことになろうとはこの世の無常を感じざるを得ません。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/19(月) 04:05 ]
[ 最終更新:2018/03/19(月) 04:05 ]

つみップ参加。投信あるあるネタを斬る会
3月16日に実施されたつみたてNISA Meetupに参加しました。

今回は投信の基礎の説明・つみたてNISA制度の説明のほか、投信あるある104としてツイッター上で募集された「投信をめぐってありがちな誤解」についての解説という企画でした。

いつもの通り、モーメントを貼っておきます。


※「配当抜きTOPIX」云々のところはまさかの私に説明の指名がありました。えっと、私は登壇者枠ではないんですけど?Σ(゚Д゚;≡;゚Д゚)

インデックスファンドの運用現場が必ずしもコストが劇的に低いわけじゃない(アクティブファンドが何倍も高コストになるわけじゃない)、という話が出ていますが、インデックスファンド運用現場の実態についてはほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド の中で現役ファンドマネージャーが語っています。(2015年の全面改訂版ではなく、2010年の初版の方です)
指数に連動させるため、何種類ものシステムを整備していないと運用ができないということで、詳細な企業分析などをするアクティブファンドとは違った方面で意外にコストがかかっていそうだということが分かります(「我々は運用そのものと同じくらい、ITに投資しています。私どもはIT産業でもあります」と強調する運用会社もあるそうです)。
そういう実情があるわけですから、「アクティブファンドは企業調査コストがかかるから信託報酬が高くても仕方がない」という思い込みは単なる錯覚かもしれない、というのが「アクティブファンドが高いのは宗教的なもの」という事の意味です。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA Meetup & つみたてNISAフェスティバル | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/18(日) 00:19 ]
[ 最終更新:2018/03/19(月) 01:06 ]

emaxis slim 8資産均等が大幅に信託報酬引き下げ。「安定型」に合わせてきた!
emaxis slimバランス(8資産均等型)が、4月11日より信託報酬の引き下げを実施します。
業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

名称ベンチマーク信託報酬(改定後)従来(予定判明済み)の最安ファンド
emaxis slimバランス(8資産均等型)8資産均等の合成ベンチマーク0.1728%自身(0.22572%)
※最安値更新

※8資産均等ベンチマーク:以下を8分の1ずつ
 TOPIX
 MSCIコクサイ
 MSCIエマージング
 NOMURA-BPI総合
 FTSE世界国債(除く日本) ※旧「シティ世界国債(除く日本)
 JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)
 東証リート指数
 S&P先進国リート指数(除く日本)

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/16(金) 18:52 ]
[ 最終更新:2018/03/16(金) 18:52 ]

emaxis slimから均等配分の株式ファンドが登場
emaxis slimシリーズから、日本・先進国・新興国を均等配分する株式インデックスファンドが登場します。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

詳細を確認します。

ベンチマーク:TOPIX:MSCIコクサイ:MSCIエマージング=1:1:1
運用スキーム:ファミリーファンド方式
信託報酬:0.15336%
運用開始:平成30年4月3日
販売会社:SBI証券、楽天証券

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/16(金) 18:13 ]
[ 最終更新:2018/03/16(金) 18:13 ]

クレディセゾンがバンガードやストックポイントと組んで永久不滅ポイントを使った運用サービスを拡大
クレディセゾンは、永久不滅ポイントを利用して疑似的に資産運用を体験するサービスを拡大すると発表しました。
運用プラットフォーム「運用口座」を構築 新たなポイント運用サービスの提供を開始

クレディセゾンでは、既に、永久不滅ポイントをMSV内外ETF資産配分ファンドの基準価額に連動して「運用」するサービスがありましたが、今回はその連動対象にTOPIX指数及びバンガード®・S&P 500 ETF【VOO】を加えるものです。

既に「運用口座」にはログインできるようになっていますが、どうやら、従来のMSVファンドでの運用とは別々の画面での操作になるようです。(今後、統一される可能性はあります)

バンガードは、MSVの運用会社の出資者のうちの一社でしたが、今回は直接自社の商品を運用対象として提供しており、よりダイレクトなコミットメントを見せています。
わざわざCEOがコメントまで寄せてきており、楽天バンガード設定に際してのコメントから一貫して、長期投資を根付かせようとする意思が見て取れます。

また、4月以降はSTOCKPOINTとの提携により、個別株が運用対象に加わるようです。
ポイントが1株分まで貯まったら現物株に引き換えも可能ということで(1株ということは、単元株にまでは至らなくてもよいということでしょうか?)、かなりユニークなサービスです。
なお、対象となる現物株はアンケートで選定されるということで、候補として以下の銘柄が挙がっています(どういう基準で選定したのかは謎ですが、概ね消費者に身近な企業という傾向です)


なお、更に積立サービスも追加されるようで、もちろん積立投資の体験という意味で有意義な試みではありますが、一方で当然セゾン・UCのクレジットカードや永久不滅ポイントモールをそれなりに継続的に利用していかないと積み立てるべきポイントそのものが手に入りません。
従って、セゾンカード系サービスへの囲い込みとしても機能しそうです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/14(水) 00:01 ]
[ 最終更新:2018/03/14(水) 00:01 ]

SBI証券、「分配金健全率」と称する指標を削除。より資産形成のために的確な方向に評価軸をシフト
SBI証券が、投資信託の「分配金健全率」「余裕月数」と称する指標をコンテンツから削除することを発表しています。
分配金の健全率・余裕月数および銘柄比較チャートの廃止のお知らせ

2018/3/23(金) 18:00(予定)より、以下の理由により投資信託の分配金の健全率・余裕月数の情報開示および銘柄比較チャートを廃止させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。

分配金の健全率と余裕月数 - 健全率・余裕月数のデータ処理を行うサーバーの管理期間の終了、およびファンドの健全性を個別ファンドのトータルリターンの大きさによりご判断いただく方針とするため


投資家に、投資信託の選択基準を改めるための働きかけということです。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


販売会社 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/12(月) 03:20 ]
[ 最終更新:2018/03/12(月) 03:20 ]

ネット証券大手も立会外取引のサービス参入を発表
既に記事にしたスマートプラスによるサービスと前後して、SBI証券と松井証券も東証の立会外取引(ToSTNeT)を利用できるサービスの導入予定を発表しています。

「SBBO-X(エスビービーオークロス)サービス」提供開始!
株式の「夜間取引」および「価格改善サービス」開始のお知らせ

各社で微妙に仕様が異なる部分もあるようですが、取引所より有利な価格になる機会が提供されるというのは投資家の利便性向上に他なりません。
SBI・松井ともに、もともと手数料の低廉さから個人投資家の人気は高かっただけに、その顧客層が立会外取引にアクセスすることができるとなると、普及という面でのインパクトは大きくなり、流動性向上(もともといた機関投資家の規模が大きいはずなので、影響は僅かでしょうが…)にもいくばくかは資するでしょう。

SBI証券のサービスは預かり資産1000万円以上が対象ということですから全員が利用できるわけではありませんが、投信や外国株の残高が含まれるのであれば私もクリアはできるので、東証ETFを売買するときなど利用機会がありそうです。

まずは、新規サービスを提供した両社に賛意を表明しておきたいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


国内株式・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/03/11(日) 19:08 ]
[ 最終更新:2018/03/11(日) 19:08 ]

次のページ
copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania