アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

つみたてNISAフェスティバルの紹介記事
つみたてNISAフェスティバルの記事が、早くもQUICKにて配信されています。
攻めのイベント「つみフェス2018」、ピンク色の会場に250人

ドレスコード"something pink"がやたら強調されていますがw、私もひっそりとネームプレート(ブロガー名刺を入れている)のネックストラップを普段の青からピンクに変えて参戦していました(が、気付いた人はたぶんそんなに多くない)。

ブロガーなどの感想が多数紹介されており、私も一言載せて頂いています。
「時間が短いのが勿体ない」という声は尤もであり大いに共感するのですが、これ以上長くなると実況が死ぬので非常に悩ましいところ……w (今回でも既に拾い切れていない部分が結構あります)
内容では、岡本和久氏の基調講演がかなり好評だったようです。
「お金をゆずる」とか「社会貢献云々」などという表現は、賛否両論ありうるかもしれませんが(私個人はSRIやESG投資的な考え方には関心がないので正直あまり…)、少なくとも、長い時間軸による価値の増殖を図る考え方はインデックス投資とも相性が良いことは確かですから、受け入れられやすいということでしょう。


「攻めたイベント」の甲斐あって、これだけ高評価なコメントが集まるのも大したものです。
次回以降も、是非今回同様に個人投資家目線の路線を貫いて盛況になることを期待します。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


QUICK | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/24(火) 01:19 ]
[ 最終更新:2018/04/24(火) 01:19 ]

つみフェス2018所感
書き残したつみたてNISAフェスティバル2018の所感などについていくつか。

広く知識を知らせようとする思い


前回は200人の会場でしたが、今回は増員して250人。それが4日程度で埋まったとのことです。
定員増加により参加できる機会を増やしたうえ、しかも、開会挨拶(政務官)の段階で「会場に来られなかった人の為にも、ハッシュタグを利用して気づいたこと等を投稿してほしい」と、情報拡散を促しています。
金融機関の利害から切り離された、個人投資家の資産形成に有益な話を、増員による参加機会の増加のみならずツイッター桟敷への速報を通じ、可能な限り広く伝播させようとする意識が見て取れます。

実際に、今回会場でお会いしただけでも、北は札幌から南は鹿児島・沖縄に至るまでから来られた方がおり、裾野は広いことが感じられます。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA Meetup & つみたてNISAフェスティバル | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/23(月) 12:52 ]
[ 最終更新:2018/04/23(月) 12:52 ]

つみフェス2018に参加
金融庁の開催したつみたてNISAフェスティバル2018に参加してきました。

このイベントは、実質的につみたてNISA Meetupの拡大バージョンでして、つみたてNISA・積立投資に関する講演やディスカッションなどの他、参加型のコンテンツも行われます(今回は、公式キャラクターの投票や、おすすめ書籍の投票など)

いつものように実況ツイートをまとめておきます。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA Meetup & つみたてNISAフェスティバル | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/22(日) 01:38 ]
[ 最終更新:2018/04/22(日) 01:38 ]

糖尿病向け保険が不採算のあまり不正会計。引受緩和型保険の不合理さが如実に表れた事例
糖尿病患者でも加入可能な点をアピールポイントにした医療保険・死亡保険を主力としている少額短期保険会社のエクセルエイドが、保険金支払いに関連して不正な会計処理をしていたことが発覚したそうです。

糖尿病の「ミニ保険」で粉飾 補てん強要 社員が証言

記事によると、会社が赤字だったために社員に保険金の支払いを肩代わりさせるという手段で費用計上を免れていたようです。
会社にカネが無ければ社員に押し付ければよい、とは、決算対策としてもコペルニクス的転回とも評すべき大胆不敵な策ですが、粉飾云々以前に明白なブラック企業の所業と言わざるを得ないでしょう(^^;



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


保険 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/20(金) 00:15 ]
[ 最終更新:2018/04/20(金) 00:15 ]

Funds-iが運用会社傘下で直販開始…利用するに足るメリットを出せるのかどうか?
モーニングスターによると、野村アセットマネジメントは、傘下のエイト証券でFunds-iシリーズを販売することを目指しているそうです。

野村アセットマネジメント、エイト証券を傘下に入れ資産形成層向けに「Funds-i」を直接販売

エイト証券は、もともとは米国株の幅広い取り扱いを売りにしていた独立系の証券会社でした。
その後、いつの間にか外国株式の取り扱いを終了したり、米国株を利用したラップ口座サービスをやっていたと思ったらいつの間にか新規口座開設ができなくなっているようだったり、いつの間にか東証上場ETFを利用したラップ口座サービスが始まっていたり、と、なかなか迷走していた感じの証券会社です。
それが、いつの間にか野村アセットマネジメントのグループ会社に収まっていたようです。
証券会社として激動の歴史を歩んできましたが、大企業傘下になったことでひとまず落ち着くでしょうか?

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Funds-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/19(木) 01:31 ]
[ 最終更新:2018/04/19(木) 01:31 ]

Firstradeが「短期売買ペナルティ付き」でETF売買手数料無料化。行動経済的に長期保有を誘導できそうな面白い仕組
米国のネット証券Firstradeが、いつの間にか、条件付きのETF取引無料化を実施しています。
ANNOUNCING Commission-Free Trading on 700+ ETFs

Firstradeにて取り扱いのあるETFのうち、同社の指定する700銘柄以上のETFが購入・売却ともに手数料無料。
但し、購入した同じ銘柄をその後30日以内に売却した場合には、2.95ドルの手数料がかかるというペナルティが課せられることになります。

同様の「売買手数料無料+短期売買にペナルティ」という建付けの制度は、TD Ameritrade、Fidelity、E*tradeといった証券会社でも実施されているようです。
もっとも、米国非居住者が口座開設できるという意味では、初の事例でしょうか?
銘柄数でもFirstradeが頭一つ抜けており、非居住者にとってはまさに願ったりかなったりです。

私もFirstradeに多少資金を入れており、日本で購入できないETF銘柄やDRIP(配当金自動再投資)の仕組みなどを目当てに利用しています。
とはいっても、資金を戻すのに手間ですし(現金化するまで売却で3日程度+米国から日本への送金が数日かかる)、不慮の事故があった場合に相続の手続きを考えるだけで頭が痛かったりしますし、所得税の申告も手間が増えますから、資金の余り大きな割合を入れようという気にはなれないのですが、それにしても、30日持ち切れば売買手数料無料となると少し利用を拡大しようかな? という気も出てきます。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Firstrade | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/16(月) 02:54 ]
[ 最終更新:2018/04/16(月) 02:54 ]

つみたてNISA 全世界株式時価総額比率ポートフォリオ比較(2018/4/6現在)
つみたてNISA向け全世界株式ポートフォリオを更新します。
今回の更新は、emaxis slimの株式バランスファンド2本がつみたてNISA対応になったことによるものです。

20年の長期運用となると、基本的には企業経済活動による利益を享受し続ける株式での運用が主眼となります。
また、資産配分としては時価総額の比率が一つの有力手法と考えられています。
つみたてNISAでのポートフォリオ案としてご検討ください。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA向け全世界株式ポートフォリオ | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/04/07(土) 19:19 ]
[ 最終更新:2018/04/07(土) 19:19 ]

未だに横行している「見た目だけ有利な利率の定期預金」。コストに目を向けて不利さに気づきましょう
インデックス投資家仲間のユーリさんが、『高金利』の外貨定期預金について記事にされています。
しばらく前にツイッターで紹介された商品で、その時に私が反応して説明したことを纏めていただいています。

年利4%のドル定期預金に乗せられた話 (ごきげん手帖)

ユーリさんの知人の方が勧誘された商品で、年利4.0%という表示が実にまぶしく感じられます。
チラシをよく見ると、「4.0%」というところにマーカーで丸が付けてあり、よほど熱心に利率の『有利』さを強調して勧誘されたのであろうことが推察されます。

正直言って、「まだあったんかいこんなもん」と、いっそ感動さえ覚えるような商品です。

もとより、4%というのはあくまで年率でして、この商品は2ヶ月定期ですから実際に貰えるのはその6分の1、さらにそこから源泉税を引いたものだけ。
実際に損益を計算してみると、記事中に示されているように、為替変動しない状態では結構な損失になってしまうありさまです。
短い期間で得られる僅かな利息が、為替手数料を補填するのにさえ足りていないためにこのような結果になります。
件の商品の場合、外貨預金と同時に円預金にも年率1.0%という有利な利率で預金できますから、それを利用すれば少しはましになります。
ただし、円預金も2ヶ月物である上に、外貨預金と同額以下しか預けられないという条件付きです。
今、ドル預金に100万円預けると、満期には8961円の損失という結論が出ています(チラシによると本来は3万ドル以上=300万円超の預金が必要ですが、そこは気にしないことにします)。
そこで円預金に最大限すなわち100万円預けるとして、得られる利息は100万円×1.0%×2÷12×0.8=1333円に過ぎません。
こういうのを「焼け石に水」といいます。

為替手数料と利息の比較は、下記のツイートのように簡便に計算ができるので、それさえ試してみれば(詳細な受取額の計算をしなくても)たちどころに実際には不利な商品である事が分かるかと思います。



今回は米ドルと豪ドルですから表示が4%程度でしたが、これがランドだとかトルコリラなどといった通貨になってくると、1ヶ月もので10%を超えるような利率(年利)が出てくることがあります。
しかし、そんな利率であっても、1ヶ月では受け取れるのは1%程度に過ぎないのに対し、そのような通貨では為替手数料が(優遇があったとしても)1%を大きく超えるのが通例であるため、トータルでは損失になったりします。

特に難しい計算ではないはずですから、コストについてちょっと頭を巡らせるだけで損失を回避できることがよく分かる事例であると同時に、それでもいつまでも横行しているところを見ますと、銀行にとって実においしい商売である(引っ掛かる鴨が恒常的に多数いる)であろうことが推察されます。


ユーリさんのように、不自然に有利そうな広告をきちんと怪しみ、損得を試算したり商品の特性・仕掛けを分析したりして正確な理解を得ようと試みる姿勢を持ちたいものです。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


やたら高コスト | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/05(木) 01:23 ]
[ 最終更新:2018/04/05(木) 01:23 ]

エイプリルフール。今のところは。
前回の記事で紹介したemaxis skinnyなるファンドは、勿論、エイプリルフールです。念の為。(・∀・)
収支を補填するために関係社員が身を削らされているというのも勿論事実ではありません。いくらなんでもそこまで社員に対して非人道的な会社ではないはずですw

尤も、今の段階ではあのような超々低コストファンドの登場はエイプリルフールネタですが、来年再来年だとどうでしょうか…?
「ここまでなら下げられる」という限界もきちんと見据えていて、そのラインまで現段階でギリギリという印象もなさそうですし、コストを安くする工夫(今回のネタとした「社員をいじめる」ではなく、真っ当な方策!)も今後ともしていきそうですから、あるいは…?

「日本のバンガードを目指す」という発言がありましたから、コストレベルも将来的にそのくらいに持っていく(実現性はともかく)意気込みや多少の成算くらいは無くもないのかもしれず。
是非、「嘘から出た実」になるよう期待しましょう!


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/01(日) 12:00 ]
[ 最終更新:2018/04/01(日) 12:00 ]

emaxis slimを更に凌ぐ低コストインデックスファンドシリーズを準備中!?
そういえば、先日のブロガーミーティングで小耳に挟んだ話で、さすがに驚愕を禁じ得ない話題がありました。
あまりにも衝撃的過ぎたので、脳から記憶が飛んでしまったのかレポートにも書き漏らす有様、誠に申し訳ありません。
ブロガーとしての不甲斐なさをお詫び申し上げるとともに、改めて報じさせていただきます。

なんと、emaxis slimシリーズより更に低水準な信託報酬を追求するインデックスファンドシリーズを準備中だというのです!
名付けてemaxis skinny(イーマクシス スキニー)!

emaxis slimは、「国内の公募投信の最低水準に追随する」ということを標榜しているファンドでした。
では今度登場する予定のemaxis skinnyは何をするかというと、低コストファンドの本場、アメリカのETFの最安水準に追随するというのです。
アメリカの最低水準に並ぶとなればまさに世界一安いファンドになるに相違ありません。日本一安いでは飽き足らず、世界レベルにまで乗り出すとは、その心意気にはほとほと感じ入るほかありません。
もちろん、世界一の低コストとなれば我々投資家にとっては世界一利益が増大することに他なりませんから、これほどの吉報はありません。

まず一本目として準備中のファンド、「emaxis skinny 先進国株式インデックス」は、MSCIコクサイを連動指数とし、信託報酬0.04%(税抜き)という水準を予定しているそうです。これは、SPDRポートフォリオ先進国株式【SPDW】の経費率に揃えてきた数値です。
ステートストリートの取締役が日本国内でのETF取扱拡大を明言したことがありましたが、それに先んじて同水準の国内投信が登場することになり、いきなり痛烈な先制パンチとなりそうです。もとより、これを機に国境を越えて熾烈な争いが勃発してその果実が投資家に落ちることになれば、これほど重畳極まりない話はありません。

さすがにここまで低信託報酬になると、扱ってくれる販売会社を探して色々調整するのも(slimとも比較にならないくらい)大変だそうで、登場するまでかなり時間がかかるかもしれないらしいですが、それにしても、これは首を長くして待つだけの価値はありそうです。


それにしても、こんなに安くなるとさすがに気になります。訊いてみました。
「slimでさえ、印刷物を発行しない・人件費のかからないネット専売などと極限までコストを削って、なお採算度外視なんでしょう? それ以上に安くしちゃって、やっていけます?」
そうすると、驚くべきからくりが明かされました。

重要な続報があります。必ずご覧ください。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/04/01(日) 00:00 ]
[ 最終更新:2018/04/01(日) 16:35 ]

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania