アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

SBIアセットの新ファンドで「定率払出」が実現の方向へ第一歩か…但し、当該ファンド自体は微妙
SBIアセットマネジメントから、新たな投資信託の設定がEDINETに届けられています。
SBI世界高配当株プレミアムファンド(為替ヘッジあり)

詳細を確認します。

本ファンドは、高配当株式への投資を基本とするファンドです。
MSCIワールドインデックスを構成する銘柄(=先進国株式)を投資対象とし、時価総額上位1500銘柄の中から直近3か月の流動性が500万ドル/日かつ金融セクターを除く銘柄のうち配当利回り3%以上という条件で絞り込みます。
更に、クレディスイスの評価モデルに適合した銘柄かつ投資に対するキャッシュフロー比率上位30銘柄を抜き出して投資します。
基本的に、かなりの部分を客観的基準・数値的基準によって銘柄選定を行うことになるため、株式運用としてはスマートベータに近い運用と言ってもいいかもしれません。

ただし、株式運用と同時に、保有する各銘柄のコールオプションを売るカバードコール戦略をも行うことになっています。
このため、株価が上昇しても利益はオプション料に限定されることになります。

尚、運用はケイマン籍ファンドを通じて行うFoF形態です。
信託報酬は、ケイマン籍ファンドのコストも含めて年率1.4692%程度です。

設定予定日は8月17日、販売会社はSBI証券となっています。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


投資信託 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/20(金) 02:33 ]
[ 最終更新:2018/07/20(金) 02:33 ]

ファンドラップでインデックスファンド……何のための「低コスト投資」?
インデックスファンドの純資産の拡大につき、ファンドラップの貢献が大きくなっているという記事が出ています。
パッシブファンド、意外なけん引役

インデックスファンドの純資産額のシェアが、「一般向け」「ファンドラップ専用」「DC専用」の分類別にグラフで示されており、特に2014年ころからファンドラップ向けが大きく伸びている様子が分かります。
なお、「一般向け」の純資産額を見てみますと、2008年6月では3.3~3.5兆円程度?(全体の純資産が4兆円余り、シェアが80%強)、2018年6月では4.1兆円程度(全体の純資産が9.1兆円、シェアが45%)と、意外に伸びていません。この間の円安・株高によって評価益が出ているであろう影響も鑑みると、純流出入という観点ではどうなるんでしょう…?
今後はつみたてNISAの影響で純資産残高ベースでも着実に伸びていくことを期待したいところではありますが、さて…


記事中では、「コスト意識の高まりからDCやラップに裾野が広がっている」としています。
 確定拠出年金では2017年1月の「iDeCo」スタートが初心者でも運用しやすいパッシブファンドへの注目を高めるきっかけになったほか、ファンドラップではコスト意識が高まる中でパッシブファンドが関心を集めている。委託会社のコスト引き下げ競争などから一般向けのパッシブファンドの方が注目を集めることが多いが、低コスト投資の裾野が確定拠出年金やファンドラップなどに着実に広がっていると言えるだろう。

そして実際、楽天証券の楽ラップを代表に、インデックスファンドを組み込み対象とするファンドラップは増えています。
大手証券や銀行などでも、インデックスファンドを中心とするコースが用意されていたりもするようです(アクティブファンドを使うコースより諸経費が低廉だったり最低投資額が小さかったりする場合もあります)。

ただ、低コストを志向するのなら、そもそもファンドラップでインデックス投信を利用すること自体にいささか不整合な感は否めません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


ラップ系(ロボアド含む) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/19(木) 02:13 ]
[ 最終更新:2018/07/19(木) 02:13 ]

SPDRポートフォリオETFが国内証券会社に本格参入! 米国ETFでも国内投信と同様に極限でのコスト革命が
ステートストリートの運営する、SPDRポートフォリオシリーズ(当ブログでの紹介記事)が、日本国内で取引可能になるべく金融庁への届け出が7月12日付でなされました。
分散ポートフォリオを構築するための超低コスト・コアETF、国内届出を完了

早速、12日からマネックス証券が、13日からSBI証券が取り扱いを開始しています。
話題の超低コストポートフォリオETFがついに日本へ
米国ETF 超低コスト海外ETF(株式型・債券型)を含む合計18銘柄の取扱開始!(7/13~)


新たなコスト革命の担い手がとうとう日本にやってきました。
国内証券会社に来そうな気配は、2月の段階で既にありましたが、早くも実現です。
既に過去記事で紹介したとおり、低コストで知られるバンガードの同資産クラスの商品より軒並み低コストとなっています。
例えば、全世界株式をバンガードのVTI5割+VEA4割+VWO1割で合成すると総経費率は0.062%。これに対して、ステートストリートのSPTM5割+SPDW4割+SPEM1割で合成すると0.042%と、およそ3分の2の水準になります。
但し、それぞれベンチマークが異なるため、分散度合いや地域・業種・銘柄の構成比が異なる事には一応注意が必要です(どうせ市場の広範囲ですから、致命的な差にはならないとは思いますが)。
例えば、VTIが3637銘柄投資なのに対し、SPTMは2784銘柄と、分散度合いに多少なりとも差異が出ています。


低コストといえばバンガード、というイメージでしたが、それをも凌ぐ低コストの商品が出てきた現状は、emaxis slimの登場によりコスト争いの次元が一気に大きく下がった国内投信の情勢をもほうふつとさせます。
もとよりバンガードも、継続的に経費率が下がっていくことはご案内の通りで、コスト水準の競争は容易に決着がつくものではなさそうで、また両運用会社ともに一層コストを低下させようとする意識も刺激されるかもしれません。
投資家にとっては、このような競争によるコスト低下などの利益を得られることは大助かりです。
米国の運用会社各社には、是非今後とも投資家の利益につながるような競争に力を入れてほしいものです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


外国株・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/14(土) 01:51 ]
[ 最終更新:2018/07/14(土) 01:51 ]

インデックス投資ナイト2018のコメントが掲載。投資の広がりの好循環を端的に示す
QUICKにて、先日のインデックス投資ナイトの記事が掲載されています。
著名ブロガーも金融庁職員も熱く語った 「インデックス投資ナイト」盛況

私も取材を受け、コメントを載せてもらいました。
内容的には、ほぼ当ブログで述べたのと同様です。リスクとの付き合い方に視点を据えた企画が置かれた点を指摘させてもらいました。

それにしても、今回の記事はコメントの数が半端ありません。
登壇者、実行委員、一般参加者を合わせ、実に37名です。
投資系イベントで一度にこれだけ多くのコメントが掲載されるのを見た記憶がありません。
コメントごとに、各者各様の着目点や角度からイベントを分析されており、読みごたえは十分です。
中でも、初心者への広がりを示すコメントが目立ちます。「一生懸命メモを取っている」「ブログ記事を読み込んで勉強しつつ、始めて参加している」等々。

QUICKでは、最近つみップやつみフェスなどの投資イベントに積極的に取材に入り、コメントを記事にして配信しているようです。
それが、金融庁含む主催者や登壇者、一般投資家等の考えを世に広めることに繋がり、そこからまたその考えに触れて投資に入って来る人を呼び込めているのかもしれません。今回の初心者の多さはその象徴でしょうか。
イベントが参加者内部で完結するのでなく、このようにメディア経由で世間に広まるようになっていったのは(少し前までは、インデックス投資ナイトでもこんな事はなかったはず)、投資の認知→新規層の誘引→次のイベント等でコメント発信→…という好循環の一翼を担っているかもしれません。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


QUICK | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/12(木) 01:50 ]
[ 最終更新:2018/07/12(木) 01:50 ]

QUICK資産運用研究所の記事に掲載
7月10日付けで、日経新聞サイト内の投信コラムにインタビュー記事が掲載されました。

安房さん、華麗なタッチで実況中継(投信ブロガー)


見出しだけでは何の記事やら分かりませんがw、投信ブロガーを対象にした、QUICK資産運用研究所の取材によるものです。
過去にも様々なブロガーが登場しています。
私も投資年数がそれなりに長くなってきたり、イベントでの実況中継ツイートなどの活動が目に付いてきたためか、ここに呼ばれ名を連ねることになりました。
主に投資経験やスタンスなどについて、(要するに「資産クラスも分散、地域も分散」というスタンスを言っているだけなので特に目新しさはないが)述べていますので、笑覧下さい。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


QUICK | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/10(火) 12:12 ]
[ 最終更新:2018/07/10(火) 12:12 ]

2018年の #インデックス投資ナイト はリスクにも注目。初心者の増える頃合で時宜を得た企画か
今年も7月7日にインデックス投資ナイトが実施されました。
近年の傾向の通り、今年もチケットは発売開始当日に瞬間蒸発に近い勢いで売り切れてしまいましたが、なんとか自力で獲得に成功して参加することができました。
2014年の回以来、5回連続で参加できています。

いつものように速報ツイートをまとめておきます。



なお、togetterも作成されています。
インデックス投資ナイト2018~年に一度のインデックス祭りにみんな集まれ!!~ #インデックス投資ナイト #カルカル

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


インデックス投資ナイト | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/09(月) 07:00 ]
[ 最終更新:2018/07/09(月) 03:33 ]

楽天バンガードが初めて地銀に進出(栃木銀行)
栃木銀行が、7月2日から楽天VT楽天VTIの2ファンドを取り扱い開始しています。
投資信託新商品の取扱い開始について

楽天バンガードの商品は今までネット証券&ネット銀行での取扱しかなく、地方銀行に進出したのはこれが初の事例となります。
楽天バンガード販売会社
↑販売会社一覧。このラインナップで「栃木銀行」は色々と異彩を放っています。

栃木銀行側での取り扱いは、ネット限定の取り扱いとなる一方、つみたてNISA対象外、課税口座での取り扱いのみという意外な形です。
栃木銀行のつみたてNISAでは、たわらノーロードシリーズとひふみ投信・コモンズ投信がラインナップされていますが、そこに追加する対応は取られていません。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天バンガード | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/06(金) 01:24 ]
[ 最終更新:2018/07/06(金) 01:24 ]

楽天バンガードからバランスファンド登場。バランスファンドを席巻か
楽天バンガードシリーズに、3本のバランスファンドが登場します。
楽天・インデックス・バランス・ファンド 株式重視型均等型債券重視型

詳細を確認します。

ベンチマーク:FTSEグローバル・オールキャップインデックス70/50/30%、ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル総合浮動調整インデックス30/50/70%
運用スキーム:2本のファンドによるFoF
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】
バンガード・インベストメント・シリーズ・ピーエルシー - バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンド - インスティテューショナル円ヘッジシェア
信託報酬:0.1296%+組入れファンド0.115/0.125/0.135%程度=0.2246/0.2546/0.2646%程度
販売会社:楽天証券、マネックス証券、SBI証券
運用開始:平成30年7月20日



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


楽天バンガード | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/03(火) 18:07 ]
[ 最終更新:2018/07/03(火) 18:07 ]

SMBC日興証券がemaxis slimを導入→fatを停止! 顧客の利益を向上させる英断
SMBC日興証券が、6月29日からemaxis slimシリーズの取り扱いを開始しています。

【ダイレクトコース限定】eMAXIS Slimシリーズなど10本のファンドを取扱開始!

オンライントレード限定で取引を行える「ダイレクトコース」の利用者は積立買付・スポット買付ともに可能となり、店頭取引も可能な「総合コース」でも積立買付のみ可能となります。
ネット専業の証券・銀行を除いた販売会社では、emaxis slimの取扱がなされるのは初めての事例となります。野村も大和も取扱い未開始、グループ企業である三菱UFJモルガンスタンレー証券でも取り扱っていません(それでいいのかMUFG……)。

一方で、思い切った決断もしています。
現在、当社にて取り扱いがある「eMAXISシリーズ」のうち8ファンドが、取扱いを開始する「eMAXIS Slimシリーズ」と同一の投資対象となります。当該8ファンドは、「eMAXIS Slimシリーズ」と比べ、保有コストである信託報酬が高いため、新たに保有されるお客様の運用コストを考慮して、「新規買付」および「投信つみたてプランの新規プラン設定」を停止させていただきます。

なんと、従来型のemaxis(俗にいう「emaxis fat」)の取り扱いを終わらせてしまいます。
slimを取り扱っている販売会社でも、大抵はfatの販売も継続しており、極めて異例の対応と言えます。
類似の対応としては、ゆうちょ銀行がemaxis fatの取り扱いを止めてつみたてんとうシリーズを導入した事例くらいでしょうか。
emaxis slimは現状ではつみたてんとうよりも低コスト、すなわち販売会社の収益の薄い商品になっており、しかも継続的に更に低下していく商品ですから、ゆうちょよりもさらに思い切った決断とも言えます。

他の販売会社のように、fatとslim(もしくはつみたてんとう)が併存している状況は、投資家にとって何らか意義のあるものではありません。
運用そのものは全く同一でコストだけが違うのですから、高コストなfatを購入する理由は全くなく、単に商品選択の紛れが増えるだけです。
また、三菱UFJ国際投信も、「fatはフェーストゥーフェイス、slimは資料もできるだけ省略して徹底的に低コストなネット販売向け、つみたてんとうは税制関連の資料を充実」といった位置づけをしており、今回のようなネット販売向け商品をslimに切り替える動きはこれに沿うものと評価できます。

SMBC日興証券は、4月にも<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドを取り扱い開始しており、このところネット取引では投資家の利益を重視する姿勢が出てきているようです。
野村や大和などと同様の従来型証券ということで、低コストを追求する層からはあまり注目されない会社だったと思いますが、意外と評価を高くしてよさそうな気がします。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


販売会社 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/07/01(日) 23:18 ]
[ 最終更新:2018/07/01(日) 23:18 ]

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania