アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

ひとくふう新興国株式登場…だが、これはラップファンドですか?
EDINETにて、ひとくふうシリーズの第三弾「ひとくふう新興国株式」の有価証券届出書が提出されていました。

本商品はFoETFs形態、販売会社はSBIと楽天です。
詳細は夜にでも、本記事の編集により。
まずは取り急ぎ速報まで。



詳細を記述します。

ファンド名称:ひとくふう新興国株式ファンド
設定・運用開始日:平成28年7月29日
当初申込期間:平成28年7月15日~28日
継続申込期間:平成28年7月29日~平成29年11月14日
決算日:3月3日 *初回決算は平成29年3月3日
申込手数料:なし
信託報酬:0.324%(消費税8%込、以下諸経費につき同じ)+投資先ETFのコスト (総計0.464%~1.224%程度を見込む)
販売会社:SBI証券、楽天証券


ひとくふうシリーズとしては、ひとくふう日本株式ファンドひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)に続き3本目となります。
この先行の2ファンドはいずれも参考指数(JPX400、シティ世界国債)構成銘柄である株式・債券を対象に、リスク対比でリターンを高めることを目指す最小分散的な戦略のファンドでした。
それでいて信託報酬がいずれも0.27%と極めて低廉な水準を実現しており、まさにスマートベータ的投信の尖兵とも称すべく、私自身も限られた比率ですが両ファンドに投資していました。

ところが、今度のファンドはいささか様相が違うようです。



FoETFsの構成


この「ひとくふう新興国株式ファンド」は、実に8つもの戦略に基づく、22本のETFを対象に、FoETFsの形式で投資するということです。(8戦略すべて、22本すべてに投資するとは限りません)
8つの戦略とは、市場追随、最小分散、バリュー、小型株、モメンタム、マルチファクター、テーマ型の8つです。
モメンタムとは、いわゆるレラティブストレングス運用のようです。要するに12ヶ月移動平均より高値にいる銘柄に投資するようですが、より詳しくはこちらで紹介されています。 → レラティブ・ストレングスってナンだ!?  (関東在住福岡人のまったり投資日記)
マルチファクターとは、売上高や配当、キャッシュフロー、利益、PBRなどを勘案して投資銘柄を決める戦略で、適用する指数・ETFごとに着目する要素や銘柄選定過程は若干異なるかもしれませんが、たとえばモーニングスター・ファクター・ティルト・インデックスではファーマフレンチモデルなどを活用しているようです。
テーマ型というのは、要はセクターETFが使われているようです。

……なかなか複雑怪奇な仕上がりです。
これだけ多岐に亘る戦略を一緒くたにすると、各々の戦略やETFの間で重複や齟齬が出てきそうです。

船頭多くして船山に上る?


例えば、市場追随の中だけで見ても、MSCIがありFTSEがありS&Pがあり、投資対象たる新興国市場の定義からして微妙に食い違います。

また、市場追随の中でFTSEエマージングオールキャップやMSCIエマージングIMIといった小型株まで含んだ指数があるかと思えば、MSCIエマージングやFTSEエマージングといった小型株を含まない指数がある。そして、更にこれらと別に小型株戦略が組み入れられたりする。このあたりはもう少し整理のしようがあるように思えてなりません。

そもそも、こんなにたくさんの戦略を一緒くたにしてしまっては、運用成績の分析・評価をどうやってやるのでしょうか?
どの戦略が奏功したのか、どの戦略が失敗したのか、どの戦略やETFの比率を上げ下げしたのが良かったのか悪かったのか、そうしたことをわれわれ投資家は判断しようがありません。運用会社側は、我々に理解できるような簡明な分析を提供することができるのでしょうか?
また、戦略と戦略の間でお互いに打ち消しあったりするようなことはまさかないでしょうね?

結論


FoETFsという形態ですと、i-mizuhoシリーズやexe-iシリーズを連想するところです。
しかし、あの辺は戦略としても普通に市場連動一本ですし、本数も限られていました。投資家として運用の巧拙を判断するのも実に簡単です。
それに比べ、この複雑怪奇な、一体なにがどう基準価額に反映したのかを探すのも大変そうなファンドは、恐ろしくてとても資金を投じる気になれません。
戦略が絞られれば、あまり馴染みのないETFに投資できただけに投資価値もあったのかもしれませんが、こんな欲張りすぎ詰め込みすぎて出来損ないのラップ口座みたいな形になったのは残念でなりません。

現状では、新興国で目先を変えた運用がしたいのであれば、たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略に分がありそうです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



ひとくふう | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/06/29(水) 09:35 ]

<<金融機関もDCに本腰入れ始めた? | ホーム | メガバンク窓口に投資相談に行って感じたこと。一を聞いて(見て)十を考えられるか?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/190-1dfd0973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania