海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

emaxisの最安は新規ファンドで。ここで新しいファンドに対応できるかどうか、販売会社も投資かも試される
emaxis「常に業界最安」へにて取り上げたemaxisのコスト引き下げにつき、2月10日付で三菱UFJ国際投信からリリースが出ました。

  『eMAXIS Slim 国内株式インデックス』『eMAXIS Slim 国内債券インデックス』『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』『eMAXIS Slim 先進国債券インデックス』募集・設定について
  インデックスファンド『eMAXISシリーズ』に、業界最低水準の運用コストをめざす新たな仲間、『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』を追加[248KB]


事前の情報では、既存のemaxisのファンドの信託報酬を改定するイメージでしたが、結局は新ファンドの設立という形でした。
信託報酬が相対的に高コストな従来のemaxisと、最低水準に連動するemaxis slimとが並存することになります。
従来のemaxisの保有者は、高コストに甘んじて保有を続けるのか、課税を甘受して売却・買い替えをするのか、選択を迫られることになります。

現段階では、emaxis slimの販売会社は主要ネット証券に限られています。
今後他の販売会社への広がりがあるのかどうか、という点に注目が移ることになりますが、ここで扱いを開始するかどうかで販売会社は真価を問われることになりそうです。
なにしろ、emaxisもemaxis slimも全く同じマザーファンドにほぼ全額投資するわけですから、運用の品質そのものは全く変わりようがありません。
変わりがあるのは、ひとえに運用会社・販売会社・信託銀行に落ちる費用、その裏返しである投資家の利益の悪化度合い。ただそれだけです。
ここで、あえて高コストなemaxisだけを取り扱うというのであれば、それはまさに「手数料収入の獲得を重視するあまり」投資家の利益を二の次にした販売活動をするものであり、「高い手数料を支払っていては、満足のいく投資リターンは期待できません。」という危惧を現実化させるものです。現在の金融庁長官の考える問題意識に真っ向から反する態度ということになるでしょう。

一方で、投資家の側も、(紛らわしくて困りますが)emaxisではなくemaxis slimの方を取り扱っている販売会社を選び、間違えないように買い注文を出す必要があります。
信託報酬分、確実にemaxisは不利なわけですから、あえてemaxisを選ぶのは確実に自分自身の資産運用の失敗として返ってくるわけですし、またそのような不利な商品しか取り扱わない販売会社を相手にするのではなく、投資家に有利な商品を扱う販売会社で有利な商品を購入することが、投資家にとって有利な商品を定着させる道であるのは当然です。

その意味で、今回の動きは、販売会社・投資家ともに厳しい課題を投げかけられる話になったといえます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/02/11(土) 02:57 ]

<<OneTapBUYに銘柄拡充と自動買付を要望 | ホーム | 米国高配当株投資に参戦。銘柄選びはETF頼み。& ETFの組入銘柄の調べ方紹介。>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/304-11433e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania