アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

松井証券「俺のPFセミナー」
松井証券主催の、俺のPFセミナーに参加してきました。
このイベントは、松井証券の投信工房サービスの紹介や活用例などのトークイベントです。
ZUUonlineの編集長濱田優氏によるロボアド概説、松井証券担当者によるサービス説明、投信ブロガー(吊ら男ASKybの各氏)による座談会、という3部構成でした。

当日の模様は、ツイッターにてハッシュタグ「#俺のPF」にて私も含む出席者により実況されています。



濱田氏のセッションでは、ロボアドについて、「投資のアドバイスを自動化することで低コストで利用可能にしたもの」と定義、「やってくれることは『アドバイスのみ』と『アドバイス+運用中の管理』の2パターンがある」と説明。
そして、ラップ口座とロボアドの違いについても言及していましたが、実際のところは「ラップ口座の入り口にロボアドでのポートフォリオ構築がある(楽ラップ、THEO、ウェルスナビetc)」という立て付けのものも多くなっており、今までの「ラップ口座は人間の営業担当者や運用担当者がポートフォリオの構築・管理をするもの」という時代とは違って、かなり実際の区別が曖昧になっている感はあるように思います。あえてサービスとして差を見つける実益は小さくなってきているかもしれません。

なお、松井証券の投信工房の場合は、一旦ロボアドでポートフォリオが提案されても、そこから自由に資産構成を変更できたり、購入するファンドを変更できたりもするようです。
すなわち、ロボアドの提案は本当にただの「提案」に過ぎず、決定権は完全に投資家の側にあることになります。
となると、あまりロボアドを前面に出してしまうと、却って「ラップ口座サービスなのか」という誤解を招きやすく(決定権の所在からして誤解以外の何物でもありませんし、またロボアド利用による信託報酬以外の追加コストも存在していません)、無用な拒否反応(ラップ口座=高コスト=せっかくの低コスト投信が台無し、という連想)を招いて損ではないかという気もします。
むしろ、サービス説明のセッションで触れられていた、「リバランス積立」という機能や将来シミュレーションの機能の方は間違いなく誰にも(ポートフォリオは自分で決定してコストを抑えたい層も)受け入れられるものですから、こちらを前面に出して強調した方がよいように思います。

なお、投信工房のメリットとして、「低信託報酬&利用料無料 徹底的に低コスト」という点が挙げられていましたが、折しもこのイベントの直前に、高コストなアクティブファンドが多数ラインアップに加わったとの情報もあり、整合性が問われそうです。
 参考:投信工房、ご乱心 (40代でアーリーリタイアしたおっさんがたわら先進国株でベンツを買うブログ)


ブロガー座談会では、登壇者3氏の現状のポートフォリオや投資方針(投信工房に関係なく、「投資」そのもののスタンス)、非登壇者(虫とり小僧菟道りんたろうkenzの3氏)を含めた6人の「もし投信工房を利用するなら」という仮想ポートフォリオ案が取り上げられています。
仮想ポートフォリオ案は、各人各様「まさに『俺の』PFといった感じ」(司会者談)であるものの、全般的に「株式が多め(ポートフォリオ外の現金保有でリスクをコントロール)、資産クラスごとに最安のファンドを選択」というのは共通しています。これはさすがに投信ブロガーなら誰しもそういう識見になるというところでしょう。
また、この中で「インデックス投信であれば、資金規模の多寡に関わらず誰がやっても同様の結果が導き出せる、再現性の高い投資」という指摘がybさんからなされており、これは投資の根本をなす重要な指摘として書き留めておきます。


セッション終了後、懇親会を経て、油断していたら締めの言葉のときにこんなスピーチがなされました。


これは、明らかに金融庁の問題意識とも合致するもので、投資家本位という方向性を宣言するものといえます。
前述のように高コスト投信がラインナップに追加されるなど、さっそく言行の一致如何に一抹の不安を抱かされるところではありますが、ともあれ問題意識を持っていること自体は確かなようですので、是非ともこの発言を忘れずに会社として取り組んでいただくよう期待したいと思います。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



セミナー | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/08/04(金) 00:59 ]
[ 最終更新:2017/08/04(金) 00:59 ]

<<ろうきんが低コスト投信の販売に参入。サラリーマン層に更なる投資環境の浸透か | ホーム | 「10年年金」スタート。広報もされており、きちんと読んでできるだけ有利なポジションを作ろう>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/383-facbc297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania