FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

つみフェスの参加者アンケート回答。より的確・実践的な投資知識が広まることを祈って
つみたてNISAフェスティバルの終了後、金融庁から送られてきた参加者アンケートに回答しました。
主に、「投資の情報源として利用する/しないもの」、「各プログラムごとの感想」、「今後開催するイベントに期待する内容」を訊かれています。

今後も個人投資家イベントを内容ブラッシュアップの上で開催するということで、その意欲には期待が掛かります。


「私が考える活用法」推し


プログラム別の感想では、特に「私が考えるつみたてNISAとidecoの活用法」のプログラムが非常に良かったと思うので、今後も同様の調子で続けるよう推しておきました。
このイベントは、個人投資家が自分なりの投資法(積立額、購入商品、考え方等)を発表し、それについてプロのFPなどが講評・助言するものです。
  発表者の資料

講評・改善案の指摘については、
・税制優遇口座内では期待リターンの高い資産を置くのが合理的であること
・アクティブファンドの将来にわたる良否を見抜くのは困難であり、低コストのファンドを選ぶことが適切な可能性が高いこと
・各口座内だけでポートフォリオを考える意味はあまりなく、保有資産全体でのバランスを主に考慮すべきこと
など、まさに長期投資の基本やアセットロケーションの考え方を示すものとなっていました。

長期投資においてどのような考え方を持てば合理的であり良好な成果を挙げられる可能性が高まるかは、優良な筆者の書籍や記事を読めば書いてあることも多いですが、やはり一般論として書いてあるだけでは今一つイメージがつかみにくい場合もあるかもしれません。
今回のように、具体的な投資手法案を叩き台として何をどのように改善するべきか、といった形で指摘されると、よりイメージは掴みやすくなるでしょう。しかも、今回の講評者(特に岩城みずほ氏)は、良い箇所も駄目な箇所もはっきりと「良い」「駄目」と明言してくれる人でしたから尚更です。
また、今回は「idecoでリスク資産を忌避して全部元本確保型にしながらNISAで外国株式に全力という、控えめに言って支離滅裂な人」の次に「全体の資産構成の中でideco及びNISA内で株式を優先的に買付け、残りを課税口座内で買い付けるというアセットロケーションを完璧に実践する人」が登場するという、かなり好対照をなす人選であったことから、投資手法の合理・不合理がより印象的に伝わるものとなりました。このあたりは金融庁による選考の見事さを讃えるばかりです。

「NISA制度が拡充するためには、制度の実態が良いものとなって活用される実績が必要」というのが今回のイベントの中で金融庁担当者の発言としてあったものです。
そのためには、各投資家ができるだけ合理的・効果的な投資手法を身につけ実践し、良好な果実を得ることが必要でしょう。投資家があまり下手ばかり打って、ろくに利益も出せず税制の恩恵が画餅になってしまうようでは、拡充どころか制度の存在意義に疑問が呈されかねません。
そのために、合理的な投資手法の何たるかを具体的なイメージをもって伝えられる今回のプログラムは、今回同様に「ぶれず、はっきりした」講評者のもとで是非続けてもらいたいものです。






なお、本プログラムの講評について、「具体的に家計状況も把握せず単純にリスクの高い資産を買うよう勧めるのはよいのか」などとする批判も散見されます。
しかし、講評者は単純にリスクを積み増させようとしているわけでは断じてありませんでした。
そのことは、例えば、「値下がりが怖いのであればそれはリスクの取りすぎということで、投入額を減らすべき」という助言をしていたり、「所得やライフステージに応じて積立額を見直す」という発表者に賛同する講評をしていたことなどからも明白です。
税制優遇口座内では高リスク・高リターンの資産に集中しつつも、そこへの投入額自体を調整することで保有資産全体でのリスクはきちんと制御する発想であり、「何が何でもリスク資産に全力」などという考え方とは異なるということをきちんと見分けなければなりません。
このように、全体を通して見れば講評者に何の問題もないばかりか、きちんと長期投資の真髄とリスク管理を余すところなく両立させるバランスの取れたものだったのですから、次回以降も変わらず続けるべきだと考えます。


「やってはいけないこと」の解説や討論等を要望


次回以降のイベントに期待することとして、「投資においてやってはいけないこと」に関するコンテンツ(講義でも発表会でも)を要望してみました。
今回のイベントのパネルディスカッションの最後のほうで、「投資において、『学び尽くしてから始める』などという必要はない。投資に正解はない。ただ、『やってはいけないこと』は確実にあるので、学ぶならそこ」という趣旨の発言がありました。
そこで、次回はこれを掘り下げて、何が「やってはいけないこと」なのかを具体的に示し、注意を呼びかけるものです。「やってはいけないこと」とは駄目な商品である場合もあるでしょうし、投資手法・投資行動が駄目というパターンもあるでしょう。

「やってはいけないこと」に手を出すと、常識的には投資パフォーマンスを抑制したり、場合によっては損失を発生させる結果になる可能性が高まると思われます。
そうした際、成績不振に嫌気が差して投げ出すようなことがあればもちろん本人にとっても著しい損です。また、仮にその不振なものを塩漬けにしたとしても、やはり本人にとっては勿体ないことであるばかりか、税制優遇制度の実績の伸び悩みにも繋がるとなっては制度拡充要望にも支障をきたすかもしれません。
そこで、やはり、予め「やってはいけないこと」を知らしめて、寄り付かないように注意を喚起して禍根を断つことが、投資家を保護する上でも制度拡大要望の前提としての実績作りの面でも有益だと思います。
ある意味で、これは「実践的な投資教育」の最も重要な一歩をなすことになるのではないでしょうか。

おわりに


官公庁主催のイベントで、このように開催後すぐの段階でイベント内容改善のためのアンケートを行うというのは極めて本気度が高いことをうかがわせます。
個人投資家側の意思表示により次回のイベントの内容に影響が及ぼせるのであれば、より投資家の利益に寄り添ったイベントを自ら作り上げることができるのに近く、「投資家本位」の実現に繋がるものと言えます。

金融庁の次回イベントでのパワーアップにも大いに期待したいと思います。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


つみたてNISA Meetup & つみたてNISAフェスティバル | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/09/15(金) 02:03 ]
[ 最終更新:2017/09/15(金) 02:09 ]

<<野村AMからつみたてNISA向け日本株&日本除く外国株のインデックスファンド登場。ACWI除く日本の最低コスト! | ホーム | 惜しくも出遅れたステートストリートのS&P500インデックスファンド>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/411-a0865d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2020 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania