FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

たわらシリーズからラップ型バランスファンドが登場…そこまでする必要があるのかどうか
たわらノーロードシリーズから、顧問会社の助言によりリスク水準別にポートフォリオを編成するバランスファンドが登場します。
たわらノーロード スマートグローバルバランス

詳細を確認します。
なお、参考としてたわらノーロードバランスのデータも並べておきます。
名称スマートグローバルバランス(保守型)スマートグローバルバランス(安定型)スマートグローバルバランス(安定成長型)スマートグローバルバランス(成長型)スマートグローバルバランス(積極型)【参考】バランス(堅実型)【参考】バランス(標準型)【参考】バランス(積極型)
国内債券NOMURA-BPI57%30%21%12%3%36%17%3%
ヘッジ付き先進国債券シティ世界国債(ヘッジ)29%30%23%16%7%33%23%13%
先進国債券シティ世界国債4%7%4%0%0%3%4%1%
新興国債券JPモルガンエマージングマーケットボンドインデックスプラス8%6%3%
国内株式TOPIX4%5%6%9%12%4%7%13%
ヘッジ付き先進国株式MSCIコクサイ(ヘッジ)5%19%22%24%26%12%21%24%
先進国株式MSCIコクサイ0%1%6%12%18%0%6%16%
新興国株式MSCIエマージング1%2%3%5%6%1%1%2%
国内リート東証リート指数0%6%9%11%13%2%10%13%
先進国リートS&P先進国リート指数0%0%6%11%15%1%5%12%
国内61%41%36%32%28%42%34%29%
先進国38%57%61%63%66%49%59%66%
新興国1%2%3%5%6%9%7%5%
債券90%67%48%28%10%80%50%20%
株式10%27%37%50%62%17%35%55%
リート0%6%15%22%28%3%15%25%
信託報酬0.54%0.54%0.54%0.54%0.54%0.2376%0.2376%0.2376%


なお、スマートグローバルバランスの各ファンドの資産配分は、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社からの投資助言によって決定されることとなっており、年2回見直しが行われます。



設定時点での資産配分を並べてみると、リスクの水準としては
 ・バランス(堅実型)は、スマートグローバルバランス(保守型)と(安定型)の間くらい
 ・バランス(標準型)とスマートグローバルバランス(安定成長型)とがほぼ同じくらい
 ・バランス(積極型)はスマートグローバルバランス(積極型)と(成長型)の間くらい
といったあたりになってきそうです。

また、「バランス」は、特に資産配分の変更をするのかどうかについて明記されていませんが、「スマートグローバルバランス」は年2回、期待リターンや過去の標準偏差(リスク)実績などの定量データによって見直しを行うことが明記されており、リスクあるいはシャープレシオが長期的にある程度維持されていくことになりそうです。
定量データを用いて助言会社による助言を受けて見直すということで、見方によってはラップ運用に近いものがあるかもしれません。信託報酬0.54%(及びファンド内の実質コスト)だけでラップ運用をすると考えれば、ロボアドバイザーを用いたETFやインデックスファンドによるラップサービスよりも概ね低コストで有利ともいえるかもしれません。

このように、リスク水準が3段階しかない「バランス」よりも5段階ときめ細かく、定期的見直しによって時間経過による変化にも対応してリスク水準の調整もされるということで利便性が高まっているといえば高まっているのでしょうが、それにしても、そのために「バランス」の2倍以上にもなる信託報酬を掛けるかという疑問はあります。

また、目標としているリスク水準あるいはシャープレシオ水準が設定されているのではないかと思いますが、それが現段階では示されておらず、5本のうちのどれを選べばよいのかが判断しづらいのも難点です(今後、訂正有価証券報告書や交付目論見書などで情報が追加される可能性はあります)。

ラップ口座サービスを利用しようとする人に対案として出すのにはちょうど良いかもしれませんが、そうでないとすると、「バランス」を排除してまでスマートグローバルバランスを利用することを勧める理由があるかというと、うーん………
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


たわら | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2017/11/10(金) 02:23 ]
[ 最終更新:2017/11/10(金) 02:23 ]

<<SMTから欧州株配当貴族ファンドが登場! 増配世界分散インデックス投資がポートフォリオ組めるように | ホーム | emaxis slimが更なる信託報酬引き下げ>>

コメント
この管理運用費用の設定は
同様の先発商品であるeMAXIS 最適化バランスに横並びという感じですね
おそらくこれと簡単なアンケートで最適な商品を提案することで
これはロボアドですというつもりではないでしょうか。
URL | #- | 2017/11/10(金) 19:12 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> この管理運用費用の設定は
> 同様の先発商品であるeMAXIS 最適化バランスに横並びという感じですね
> おそらくこれと簡単なアンケートで最適な商品を提案することで
> これはロボアドですというつもりではないでしょうか。

たしかに同水準ですね。
あっちは目標リスクが明示されてるのに対し、こっちは何の情報もないので余計ブラックボックス感が漂います…
URL | 安房 #- | 2017/11/11(土) 16:05 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/456-c3d269ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania