FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

Smart-iに漸く販売会社が付く。これでコスト競争に本格参戦
Smart-iインデックスシリーズが、SBI証券で一般販売を開始しました。

販売会社の追加について

本シリーズは、設定当時にはemaxis slimをも脅かす低コストでの登場となっていました。
ところが、どうしたことかいつまで経っても販売会社が付かず、僅かにつみたてNISA限定での取扱予定がアナウンスされるのみでした。

今回、SBI証券が販売会社になり(同社も既につみたてNISAでの取扱予定は発表していましたが)、課税口座・現行NISA口座も含めて買付が可能になりました。
販売会社が付かないでいる間にemaxis slimやニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ等による更なるコスト低下があり、やや不利な立場に変化させられてしまってはいますが、それにしても、手数料順でソートするといずれのファンドも結構上位に現れますから、訴求力を全く失ったわけではありません。
特に、リートにおいては、国内・先進国とも、従来の最安ファンドからの安値更新幅が大きく、しかもその後の他社のコスト低下も緩やかであったため(つみたてNISA対象外であるためでしょう)、現在も大差をつけて最安値を堅持しています。この分野においては当面優位性は維持できるでしょう。

また、新設ファンドであるため資産規模も気になりそうなところですが、本シリーズはいずれもマザーファンドをバランス(ラップ型)ファンドやファンドラップ専用ファンドと共有しており、マザーファンドレベルではそれなりの残高があるようですから、安定性には一定の期待をしてよいと思われます。


私も、リートに関してはSmart-iに切り替える手続きを行いました。

コストに敏感な投資家層が多いであろうSBI証券で、今後資産の積み上げが続くことを期待したいと思います。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


Smart-i | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/11/29(水) 02:22 ]
[ 最終更新:2017/11/29(水) 02:22 ]

<<大和証券がつみたてNISAにETF3本を導入 | ホーム | 「金融庁からの講師派遣制度」を利用した勉強会に参加>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/468-faca52c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania