FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (4)
ESG (2)

i-SMTに2ファンド追加。……どちらも一歩遅いのが残念
i-SMTインデックスシリーズに、TOPIXと新興国株式のファンドが登場します。

詳細を確認します。
名称ベンチマーク信託報酬現在(予定判明済み)の最安ファンド
i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード)TOPIX0.1836%ニッセイ<購入・換金手数料なし>、emaxis slim(0.17172%)
i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)MSCIエマージング0.3564%emaxis slim(0.2052%)


いずれも平成30年1月12日の設定となります。
尚、販売会社は三井住友信託銀行の名しかなく、実質的に未定と思われます。



既に投入済みの日経225と先進国株式と合わせて、一応株式クラスが一通り揃う格好になります。(JPX400や全世界を出すかどうか…という可能性がなくはありませんが)。

新興国株式はニッセイ<購入・換金手数料なし>の0.36612%を下回る数値を見せており、それなりに頑張っているのは見えます。

ただ、emaxis slimは1ヶ月も前に0.2052%への引き下げを発表済みであり、これには遠く及んでいません。
TOPIXに至っては、0.1836%が最安値だったのは夏頃の話であり、8月には既に0.1728%への引下げ予定が公表されていたりします。
こうしてみると、どうにも対応が一歩二歩、二歩三歩遅れている残念な印象を受けます。せっかく後出しをしているのに、何をやっているのでしょうか。
emaxis slimが他ファンドの動向に合わせて機動的に信託報酬の変更をしているのと見比べると、かなり対照的です。
ついでに言えば、つみたてNISAをメインターゲットとするシリーズでしょうに、設定が1月12日とつみたてNISAスタートに間に合っていないのもお粗末です。
最安値を更新していればともかく、そうでない状態では単に出遅れて買付対象として選ばれる機会を逸した分不利になっているだけで、つくづく何をやっているのでしょうか?

当初設定時にこのありさまでは、仮に今後引き下げがあるとしても(そもそも、そんなことをするのかどうか、宣言としても事実としても裏付けは全くないわけですが)、出遅れながらの対応にしかならないのではないかと不安が先に立ちます。

もとより、実質コストやトラッキングエラーの抑制などによって、コスト差を逆転するくらいの運用をしてくれれば問題はないわけですが……なかなか見通すのが難しい話になってきます。

現段階では、emaxis slimという存在と見比べた時、特にi-SMTシリーズを買う積極的な理由は見出しがたいというのが正直なところです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


SMT | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/12/28(木) 01:24 ]
[ 最終更新:2017/12/28(木) 01:24 ]

<<EXE-iつみたてシリーズから先進国株式ファンド登場。単体としてもピースの一部としての利用としても、まさに異次元の世界… | ホーム | 「お金は寝かせて増やしなさい」出版記念イベント>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/485-5db52963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania