FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

儲かったようにしか見えないが実態は損である、ある意味一番始末に負えない展開。「何と比べるべきか」をちゃんと認識しよう
過去の記事にて紹介した「高金利」外貨定期預金につき、後日談が出ています。
【後日談】年利4%ドル定期預金の結末は? (ごきげん手帖)

前回の試算では為替を預入時も満期時も105円で一定としていたところ、円ベースでは損失が出てしまうという誠に喜ばしからぬ予想が立ってしまったところでしたが、豈に図らんや、実際には110円程度まで円安進行。
結果、300万円スタートで成果は28,587.66ドル(=9,529.22×3)、1ドル(110-1)円として3,116,055円という結末になりました。

損失を回避するどころか、僅か2ヶ月にして元本に対し3.87%もの利益を叩き出すとは、結果だけを見れば目を瞠る成果であり、誠に御同慶の至りです。
そう、結果だけを見れば。

この結果に接した当のご本人は、
定期預金とはいえ為替手数料で資産が目減りする可能性がある事を伝えた時は、

「もう絶対やらない!」

と言っていた知人ですが、嬉しそうに

「かなり利子がついたよ!」

と言っていた
という調子で、どうやら、この運用は利益を生んだ有利な運用だとの認識のようです。

しかし、実態を検証すると、明らかに損失を出している不利な運用であるということを正しく理解しなければなりません。



鍵になるのは、前回も比較対象として出した、住信SBIネット銀行のドル定期預金です。
住信SBIネット銀行のドル預金だと、100万円スタートで2ヶ月の満期時には9,520.18+17.77=9,537.95ドルになるのでした。300万円スタートであればその3倍、28,613.85ドルです。
これを円転すると、28,613.85×(110-0.04)=3,146,379円となります。

件のメガバンクの商品とこちらの住信SBIネット銀行の商品とでは、期間も同じなら背負っているリスクもドル円の為替変動リスクという全く同一のもの。従って、完全に代替的な選択肢といえます。
厳密には、金融機関に対する信用リスクも負っていますから、メガバンクと住信SBIネット銀行との倒産リスクの差も考慮する必要があります。

その中で、住信SBIネット銀行を選んでいれば3,146,379円の成果が得られたものを、メガバンクを選んだばかりに3,116,055円の成果しか得られていません。
同じリスクで同じ期間運用した結果、3万円程度少ない成果に甘んじるのですから、このメガバンクのプランによって3万円損していると評価すべきです。

「何と比べて評価するか」で運用の良否の判断が大きく変わってしまう好例です。

絶対的には確かに大きな利益を叩き出しているだけに、「実は損をしている」というのは直感に反すること甚だしい話ではあり、運用として成功なのか失敗なのかを見誤りやすい落とし穴といえます。

アクティブ運用でも、ベンチマークとの比較が重要であることはよく知られています。
基本的には、代替的投資手段となりうる、リスク&リターンの特性が同等の資産を対象とするインデックス(例えば、国内株式運用であればTOPIXやMSCIジャパン、世界株式運用であればMSCI ACWIやFTSEグローバルオールキャップ)と比較して劣後しているようなら、(わざわざ銘柄を絞ったり入れ替えたり面倒な手間とコストを掛けるのでなく)素直にインデックス運用しておればよかった、という評価になることになります。
見かけ上で利益が出ているかどうかは、選択の正しさを判断する上では、実は直接関係ありません。


自分の選んだ運用は成功だったのかそうでなかったのか。儲かっているようでも、本来得られるべき更なる成果を取りこぼしていないか。「適正な比較対象と比べて評価する」視点を持つことを忘れてはいけません。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


やたら高コスト | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/05/29(火) 19:20 ]
[ 最終更新:2018/05/29(火) 19:20 ]

<<「世界一ラクなお金の増やし方」。投資家として、経済人としてある種の到達点を示すか | ホーム | 楽天証券確定拠出年金が指定運用方法を設定。脱「元本確保」による長期的資産形成への動きがより明確に>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/562-5cffdf18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2020 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania