FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

iFree年金バランス。投資教育用素材には良さそうだが本格的な資産形成には二の足…強制的スタイルドリフトの懸念
引き続き、iFree年金バランスについて。

本ファンドは、初心者向けの素材として見るなら、かなり面白い存在になることは確かです。
そもそも公的年金がリスク運用をしていることを知らない人に、本ファンドを持ってもらうことで実際のリスクやリターンを実感してもらう。また、株式や為替が庶民には関係ない…などという誤解を払拭してもらう(年金積立金への影響を通じて加入者である一人一人に影響してくることを感じてもらう)。
公的年金によるリスク運用を嫌う人たちにも、「実際の資産の伸びがどんなものであるか」理解してもらい、デメリットだけでなくメリットを実感させる(GPIFのウェブサイトでの報告よりも、たとえ原資が100円や1000円でも自己資金を投じていれば、値動きの効果が感じやすいでしょう)。
もとより、GPIFの方針に否定的でない人には、「公的年金と同じ運用」というのは施局的なアピールポイントになります。リスク・リターンとも専門家による十分な検証を経ているわけですから運用対象として外れではないと考えられ、また既に拠出している公的年金と同じ運用となればリスクをさほど高めるわけではないことから(勿論、厳密には、現金を減らして株式債券混合のファンドを買う以上、リスクはそこそこ負っていますが…)、投資についてよくわかっていない段階の第一歩での投資対象として選んでもらいやすくなりまそうです。
このように、投資教育などの意味で使い道は面白くなる可能性を秘めています。
ただ、こうした層に「教育」としての効果を期待するなら、是非つみたてNISAで長期的に投資・保有してもらいたいところですが、現状はそうなっていません。国内債券クラスのマザーファンドがアクティブファンドだった点が惜しまれますし、「やっていることがちぐはぐすぎないか…」という感も禁じえません。



このように初心者への投資教育・実践導入の局面では有益な存在になりうるファンドですが、一方で長期的な資産形成のために本格的に運用の核として利用するか…というと、いささか二の足を踏まされるところがあります。
公的年金運用においてスタイルドリフトが起こる懸念がああり、もしそれが現実化したら本ファンドにも影響があるからです。





本ファンドは、あくまで「その時々のGPIFの基本ポートフォリオに近づけて運用する」ファンドです。従って、基本ポートフォリオが改定されたら、本ファンドの投資比率も変わらざるを得ないと思われます。
一方で、株安局面などで年金運用に大きな損失が出た時など、政府や世論の圧力が年金のリスク運用に対して厳しくなることは大いにありえます。
そして、世論に押され、あるいは政治的な動きを背景にしてポートフォリオを低リスクなものに変更させられるスタイルドリフト現象が発生する恐れがあります。
スタイルドリフトが起こるときは、たいてい「運用を変更することでかえって損失になるタイミング」であるため(変更前のスタイルならリバウンドが取れたであろうタイミングだったりする)、スタイルドリフト前後を通算すると運用パフォーマンスにかなりの悪化ががあります。

仮にGPIFが基本ポートフォリオを変えると言い出したら本ファンドのポートフォリオも変わります。
その結果、運用会社も投資家も、ファンド関係者は誰一人として希望していないのに、ファンドとは無関係の一般人の声によって、年金運用がスタイルドリフトし、本ファンドがそれに付き合わされてスタイルドリフトするという事態が生じる恐れがあります。(運用会社側でもなく受益者でもなく完全外部者のせいでスタイルドリフトを起こすというのも珍しい事例です)
あくまでも年金運用について行くというのを重視するのならそれでも全く問題にならないのかもしれませんが、資産形成をするのが目的であって、年金のポートフォリオを流用するのはその手段に過ぎないという立場に立つならば、そういう変な局面でスタイルドリフトを起こす懸念がある事は受容し難いとも考えられ、普通の配分比率固定型バランスファンドを使うなり、個別資産クラスのインデックスファンドの組み合わせで自作するなりしてスタイルドリフトのリスクを排除しておいた方がよいという事になりそうです。
意外と使い方が難しいファンドです。

本ファンドは、基本ポートフォリオの変更にはあくまでもお付き合いする商品として構成されているはずですが、スタイルドリフトにより運用として不利になる欠点を鑑みるなら、むしろお付き合いしない形にした方がよかったかもしれません。
即ち、基本ポートフォリオの変更があったとしても、従来のポートフォリオのファンドはそのまま残し、新たなポートフォリオのファンドを新設する。歴代の基本ポートフォリオに沿ったファンドが併存して、希望する者が希望するポートフォリオにスイッチングする(通貨選択型ファンドみたいに、コース間でのスイッチングという事にするイメージ)。なんだったら、現行ポートフォリオ(平成26年10月31日策定)のほかに、その前の平成25年6月7日もしくは第1期中期計画のポートフォリオをもラインナップしてもよいでしょう。
こういう【歴代ポートフォリオ併存+任意スイッチング】の仕組みにすることで、「ある特定の時期の年金ポートフォリオで長期運用したい」という向きはスタイルドリフトの懸念なく実行でき、もちろん年金をきちんとトレースしたい人は新ポートフォリオのファンドが設定される都度スイッチングしていけばよい。
また、複数ファンドが併存することで、「第1期計画のポートフォリオで持っていればいくらになっていた、平成26年10月31日のポートフォリオで持っていたらいくらだった…」と相互にパフォーマンスを比較することも簡単になりますから、投資教育上の効果も幾許かは出てくるかもしれません。


公的年金運用に連動するファンドという事で、面白いイメージではありましたが、実際に資産運用の道具として本格的な利用に堪えるものであるかどうかは判断が難しいようです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


iFree | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/08/17(金) 02:32 ]
[ 最終更新:2018/08/17(金) 02:32 ]

<<つみたてNISA 全世界株式時価総額比率ポートフォリオ比較(2018/8/21現在) | ホーム | iFreeから注目できる新ファンドが3つ登場。米国株S&Pブル、ナスダック100(投信版QQQ)!、GPIF連動!!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/595-a637b08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2020 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania