FC2ブログ
アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

UBS (5)
ESG (2)

インデックス投資を妄信していた愚を悟らされました。悔い改めます
今まで、低コストインデックス投資の有効性を信じて疑わないできました。
なにしろ楽です。銘柄を分析して選んでタイミングを計って…などという手間が一切ありません。そのくせ、コストが極めて安いのですからお得感に浸れます。
昨今になって多少は広まりを見せてきたとはいえ、まだまだ「知る人ぞ知る」という程度の認知度でしょうから、そこはかとなく優越感もありました。

しかし、やはり素人の浅はかさです。
一本の記事で目を覚まさせられました。
インデックス投信の支持者が絶対に口にしないファンドの弱点

一つ一つ、反論の余地のない指摘が並んでいます。
コスト分負ける、その通りです。
冴えない銘柄が含まれる、その通りです。銘柄をきちんと選んでいればより高いパフォーマンスを得られることは当然で、楽さと引き換えに大変な損失を被っています。
その他の指摘もすべて理に適っています。

今まで何年もの間、このような簡単なことに気づきもせず、盲目的にインデックス投資ばかりをしていたことに恥ずかしい思いです。

折しも、元号が変わるという時代の変わり目を迎えています。
平成の終わりとともに、投資方針も転換しようと思います。
インデックスファンドへの投資ポジションの縮小、きちんと銘柄に投資先に向き合い精緻な分析を加えつつ、主体的な投資判断を行うようにしないといけません。
例えば、この記事の最後に書かれていた情報提供サービスのようなものを申し込んで利用すればいいんでしょうか?

当分は試行錯誤になる事はさけられないと思いますが、その悪戦苦闘のさまをご笑覧いただければ幸いです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ


未分類 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2019/04/01(月) 00:00 ]
[ 最終更新:2019/04/01(月) 00:00 ]

<<インデックス投資を「妄信」していたのが「愚」なはずもなく。 | ホーム | 「いらない保険 生命保険会社が知られたくない「本当の話」」。人生百年時代だからこそ駄目になっていきそうな事を説明する良書。各種保険の限界はこの本で学べる>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/662-5114b912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2020 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania