アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

さて、確定拠出年金崩れの国内債券にデビュー…あれ?
既報の通り、三井住友アセットマネジメントが設定する国内債券ファンドが確定拠出年金専用から一般販売にシフトしています。
三井住友アセットが低コスト投信に本格参戦か?

私も国内債券クラスをこれに切り替えるべく、現段階で唯一の一般向け販売会社であるSMBC日興証券に口座開設手続をして、本日ログイン情報を受領しました。

さて、では善は急げ。早速積立設定をしてみましょう。





……えっと。
検索にヒットしませんがどういうことでしょうか?


どうやらこのファンドはこの証券会社ではスポット買い専用のようです。

しからば手動でスポット買い、ということになると、1ファンド1回あたり1万円以上の買付が必要になりますが、私は国内債券だけでそんなに買いません。
数箇月分まとめて、とすればもちろん可能ですが、数箇月に1度の手動購入となるとまず間違いなく忘れますし、機会損失の問題もありそうです。

事実上、購入の途が閉ざされてしまいました。
積立対応してくれるか他の証券会社で取扱開始してくれるかを気長に待つことにします。
このファンドが買えないとなるとSMBC日興証券など別に口座を持つ意味もありませんので、口座を閉じようかと思いましたが、積立対応を期待しつつ、口座開設キャンペーンのキャッシュバックを貰うまでは放置しておくことにします。


それにしても、確定拠出年金から一般販売にしたということは運用会社としては門戸を広げて投資家を呼び込みたいという意思でしょうに、販売会社の側で利便性が高く最低投資額も緩い積立購入の道を閉ざして不便なスポット買いしか受け付けないとは、どういうことでしょうか。
これでは少額から長期間コツコツ買い続けようという層が締め出されます。
毎月分配の多階建ての高コストの…なんていう投信でそれをやるのは一向に構いませんが、コスト面で極めて優秀なインデックスファンドでそれをやられては……。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



ダメ商品 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2015/08/29(土) 17:02 ]

<<三井住友DC崩れがついにネット証券にも進出。既存ファンドは一気に虫の息に | ホーム | 一時的な下落があったからといってどうということはない。まずは落ち着こう>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://anbowasset.blog.fc2.com/tb.php/81-835975e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania