海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (5)
UBS (4)

OneTapBUYに銘柄拡充と自動買付を要望
OneTapBUYで米国株投資をし始めたばかりですが、問い合わせフォームから幾つか要望を出してみました。

銘柄の拡充  セクター分散&ETF


まず、銘柄の拡充です。

この証券会社は、選抜された30銘柄の取り扱いがあるわけですが、セクター別に見てみると甚だしく偏っています。
セクター所属銘柄
素材
生活必需品KO、COST、MDLZ、PG
一般消費財AMZN、COH、DIS、GPS、GM、MCD、NKE、SBUX、TWX
ヘルスケアPFE
資本財BA、CAT、GE
情報技術APPL、GOOGL、CSCO、FB、HPQ、INTC、MSFT、TWTR、V、XRX、YHOO
エネルギーXOM
金融
公益事業
電気通信

表を一見して分かるとおり、一般消費財セクターや情報技術セクターへの偏りがすごいことになっています。
一方で、ヘルスケアやエネルギーが1銘柄ずつという寂しい状態。PFEがあってJNJがない、XOMがあってCVXがない、ちょっと米国株投資としては首を捻るようなラインアップです。
更に、全く銘柄がないセクターも4つもあります。

こんなに偏っていては、セクターローテーション的な投資をすることもできませんし、単純に分散効果を狙って投資をするにも差し支えること甚だしいというものです。
いくらなんでも各セクター満遍なく揃えるくらいの事はしてもらいたいものです。

また、ETFも是非欲しいものです。「少額からの積立投資」というコンセプトにこれほど適しているものもないわけですから。
何ならVTだけでもいいですから、是非実現して欲しい。

自動買付システム


この証券会社、ウェブサイトのトップページに「One Tap BUYで積立投資。●年間の結果を見てみましょう」と称して、過去に積み立てていた場合の実績見込みグラフを示しています。
そんなものがあるくらいなら、当然累積投資(自動積立)の仕組があるのかと思ったらありません。手動で買付です。忘れないようにしないといけません。


更に、配当金自動再投資も早く実現してほしいシステムです。
配当金で1株買うところまでたどり着くのは、やはり相当資金が詰まれていないと厳しいものでしょう。
一方で、せっかく少額で1株未満の株式を売買する仕組をすでに持っているのですから、少額配当を1株未満の端株買付に回すのに、システムそのものは対応まであと一歩というところまで来ているはずです。
少額からの積立投資による資産形成効果を十全に発揮するには、自動積立&配当再投資は不可欠の課題です。


1銘柄1000円からという少額&金額指定での売買を可能とするOne Tap BUYは、資金負担も小さく抑えられ比率管理も簡単であることから、市場としての魅力が高いと言われる米国市場に分散投資で誰でもアクセスしやすい、非常にポテンシャルの高いサービスです。
それだからこそ、現状のサービスは足りていないところが目に付き、非常に惜しいと感じさせられます。

今回の要望が速やかに反映されることを望みます。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



OneTapBUY | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/02/13(月) 08:53 ]

米国高配当株投資に参戦。銘柄選びはETF頼み。& ETFの組入銘柄の調べ方紹介。
One Tup Buyにて、米国個別株投資に手を出しました。
購入したのは以下の株式です。
マイクロソフト【MSFT】 4000円
エクソンモービル【XOM】 3000円
P&G【PG】 2000円
ファイザー【PFE】 2000円
GE【GE】 2000円


OneTapBUYでは、1月に実施されていた口座開設キャンペーンにて1000円貰っていました。
このままそれを引き出してしまってもよかったのですが、出金手数料が108円掛かってしまうようですから何もしないのも癪なので、これを機会に少し高配当株投資に手を出してみようかとしたものです。

銘柄の選定・配分比率については、自力で決められるだけの識見も意欲もあるわけではないので、バンガード社にお任せしました。
すなわち、OneTapBUYにて取扱のある30銘柄のうち、バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)の組入銘柄でもあるものを抽出。
この時点で16銘柄が該当したので、その中でVYMの保有上位5銘柄を選び、その比率もVYMに近似させた結果が上記の買付内容となります。
5銘柄というのは買付資金の兼ね合いなどから恣意的に決めたものですが、偶然にもセクターがうまくばらけました。

全体での予想配当利回り(税引き前、USDベース)は3.18%程度になるようです。
XOMとPGは配当貴族銘柄、MSFTもバンガード・米国増配株式ETF(VIG)の組入銘柄ですから、配当成長もそれなりに期待できそうです。
せっかくですから今後も積立を継続しつつ、成長を楽しんでみようと思います。



なお、上記の過程であったETFの組入れ銘柄を調べるには、米国SECのサイトから提出書面を検索することになります。
以下、その方法を紹介します。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



OneTapBUY | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/02/10(金) 03:26 ]

ETFに委託会社の信用リスク……は、無いはずなんだが。
ちょっと気になる報告がツイッターに上がってきています。








ETFの銘柄によっては、委託会社の倒産によって信用リスクに晒され、投資家は純資産相当額の確保ができなくなる恐れがある、というのです。
信託制度の倒産隔離機能、そして投資信託という商品の根幹を揺るがす事態になりますが、どうなのでしょうか……?


関係法令を概観してみますと、やはり特にそのようなリスクはないのではないかと思います。
便宜上、基本的に「破産」の場合に絞って検討しますが(会社更生でも民事再生でもほぼ同様になるはずです)、委託会社が倒産しても投資家は純資産相当額の返還を受けられると認識します。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



外国株・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2017/01/07(土) 17:31 ]

優先株の使い方を考える
前々回の記事にて、優先株の商品性について(優先株の設計について一定の前提を置いたもとで)考察してみたところです。

では、これを踏まえて優先株ETF(PFFなど)の使い方はどのようになるのでしょうか。
私自身は特に利用していませんし目下のところ使う予定もしていませんが、仮に利用するとしたらどういう考え方が適切なのか考えてみます。


商品性のおさらい


まず、優先株の商品性を再確認します。
これは、要するに、「(優先も普通もない世界での)単純な株式を持ちつつ、会社財産に対するコールオプションを普通株式の株主に売っている」という合成ポジションだと認識したところです。
オプション料として優先配当を受け取っています。

コールオプション売りというポジションだという認識によれば、業績拡大・企業利益流入による会社資産充実の恩恵は受けません。(配当は増えないし、残余財産分配の額も増えない)
それを放棄する見返りとしてオプション料(優先配当)があるからです。

従って、優先株というのは株価がなかなか急激には上がっていきにくい。受け取れる配当や残余財産分配請求権が「優先」の枠内に限定され、それ以上の企業価値の増分を享受できないのですから、上がる理由がありません。
そして、PFFのようなETFの場合、ETFが企業から受け取った配当金は基本的に受益者に払い出されてしまい、ETF内部で再投資されるということはあまりないはずなので、ETFそのものの価格も上がっていきにくいことになりそうです。



続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



外国株・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/21(水) 00:27 ]

優先株式について軽考察
時々投資家の中で話題になる投資対象として、優先株式というものがあります。

優先株式というのは、同一発行体の他の種類の株式(普通株式)より優先して配当金が支払われる(優先株式に所定水準の配当金が出されない限り普通株式には配当が出ない。「所定水準」は定額だったり定率だったり色々な設計がありえるでしょう)というものです。
一般的には議決権がないものとされる場合が多い代わり、配当利回りが高めになる傾向が多いことから、配当によるパフォーマンス向上を追求する向きには人気があるようです。
日本では伊藤園第一種優先株式(25935)が知られています。
この銘柄は、「普通株式の1.25倍の配当。ただし最低保証15円」という、定率と定額を組み合わせた設計となっています。
勿論、最低保証とはいっても、よほど財務が悪化して15円分の配当が会計上許されるだけの財源さえ無くなれば、15円未満への減配や無配もありうるでしょうが、「未払い分の累積」がありますので、翌期以降に復配があれば減配分は取り戻せます(時間的価値を考慮しなければ)。

米国株式では、iシェアーズ米国優先株式ETF(PFF)を通しての投資がよく知られた手法です。

私の周りでは、人生もお金も海外分散する話のmonibellさんはPFFを利用されているようで、最近もその話で雑誌に紹介されているようです。
日経マネー1月号にコメントが紹介されました

ところが、最近そのPFFのパフォーマンスがぱっとしていないのだそうです。



PFFを構成するのは、引用ツイート中にもあるとおり金融セクターが多いと言われています。
その金融セクターは、トランプ大統領の経済政策(大減税、金融規制改革ほか)が追い風になるという観測から、株価は堅調なはずです。

実際にどうなっているのか、米国ヤフーファイナンスで確認してみましょう。PFFと、バンガード・米国金融セクターETF(VFH)、そしてS&P500指数との、トランプ勝利以降である直近1ヶ月のグラフです。
PFF-VFH-SP500.jpg

……これはひどい。一番下にいるのがPFFです。下といってもかなり引き離されており、まさに一人負けです。
一方のVFHは、S&P500を大きくオーバーパフォームしており、確かに金融セクターには今のところ追い風が吹いている(少なくとも、株式市場はそういう観測をしている)ように見えます。

同じセクターでありながら、こうも相反する動きになっているのはなかなか奇怪なことにも見えます。
しかしながら、優先株と普通株の構造についてよくよく考えてみると、むしろ意外に自然な動きなのかもしれません。

*優先株式の設計としては、実は「非参加型(=優先配当を貰うだけで終わり)」と「参加型(=優先配当のほか、普通株式にも配当が出る場合にはそれも貰える)」という設計があり、それぞれ性質が異なります。
しかし、下記に引用するエイチエス証券の解説によれば、どうやら米国では「非参加型」かつ「1株当たり配当額が固定」という設計が多いようですので、本記事ではそのような設計を念頭におくこととします。
「参加型」であったり、伊藤園のように「普通株式の配当の何倍」などといった決め方だったりすると、話が大きく変わってくるのでご留意下さい。
優先株預託証券は、一定期間、固定率で配当が支払われる仕組みのものが多く、各期の業績により配当額が変動することがないために、証券の商品性としては債券に似たものとなります。 一方で、優先株預託証券は株式として取り扱われることから、配当が支払われなかったとしてもデフォルト(債務不履行)とはならないため、発行体の財務内容が悪くなった場合に配当の支払いがなされない場合があります。
優先株預託証券とは?


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



外国株・ETF | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2016/12/17(土) 22:04 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2017 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania