アクセスランキング

海舟の中で資産設計を ver2.0
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。投資関係中心に語ります
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

安房

Author:安房
2008年10月、リーマンショックのさなかからインデックスファンド中心の資産運用開始。
以来7年、現在の運用資産残高1000万余(預金等含まず)。
投資関係中心に語ります

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

SMT (9)
UBS (4)
ESG (2)

ラップ系サービスの運用資産を急落時に売却……何重もの意味でおかしな投資行動
さて、前回の記事にて、「乱高下時に無暗に売却するのは損失のみ受けて回復を待たないおかしな行動であること」「しかし商品によっては下がった時に勝手に売ってしまう仕組であるものがあること」を指摘したところです。

世の中には、そういう残念な投資行動を完璧に実践してしまう人も多いようです。
【悲報】暴落時にロボアドバイザーに解約申し込みが殺到してサイトが一時アクセス不能に! (神経内科医ちゅり男のブログ)

足元の急落局面でロボアドを利用したサービスに売却・解約する注文が殺到したそうです。

このような投資行動は、何重にも不合理なものというほかありません。


続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



ラップ系(ロボアド含む) | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/12(月) 03:40 ]
[ 最終更新:2018/02/12(月) 03:40 ]

乱高下。めげずにホールド&積立継続が求められる…が
先週末から今週にかけ、相場が荒れています。
今週の月曜夜~火曜未明のダウ平均が1000ドル超下落、火曜の日経平均も1000円超下落という、金額としては稀に見る急落が起こり、その後も値幅が何百ドル/何百円もある乱高下が続いています。(ただし株価そのものが高い水準にあるため、下落率としては意外に小さい)

タイミングとしては、つみたてNISAが始まってからほぼ1ヶ月が経過したところで急落が起きたことになります。
多くの利用者がそうであろうと想定される「毎月積み立て」で制度を利用している場合、初回の買い付けが終わったと思ったらさっそく直撃された格好です。
この制度で投資デビューという人の場合、ここでさっそくやられてしまったとなると流石に幾分か(大いに?)ストレスになるかもしれません。

ある意味、「長期・積立」投資という金融庁のメッセージが正しく理解できているか、リスク資産で長期的な資産形成をすることの意味を正しく理解できているかどうかが早速問われることになったとも言えます。
投資を始めた早々に評価損益がマイナスになった、あるいはついこの前まで潤沢にあった評価益が消失した、などという状況は確かに衝撃的であるかもしれません。
しかし、ここで心折れて売却・撤退などということをしてしまっては、損失だけ確定してそれでおしまいということです。
投資対象が株式である限り、「企業が今後とも収益を上げ続ける」という裏付けが存在する以上は、確実に株式価値は長期的には押し上げられる方向にあり、下落した分を取り返すことになっていきます。
この回復過程をも享受すること、更に安くなったところでも積立買付がなされることで資産全体の回復が速められること、その効用を是非確認してもらいたいものです。


ただ、商品によっては実質的にそういう「保有を続けて回復を待つ」という道が封じられているともいえるものもあったりします。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



急落時の対応、リスク管理等 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2018/02/09(金) 02:45 ]
[ 最終更新:2018/02/11(日) 17:58 ]

i-mizuhoが一部ファンド償還&シリーズ名称変更……中途半端さのみが際立つ
ブラックロックの設定するi-mizuhoインデックスシリーズが、一部ファンドの償還&残るファンドの名称変更・信託報酬引き下げを「戦略的な見直し」と称して発表しています。
i-mizuhoインデックスシリーズの戦略的な見直しについて

詳細を確認します。

名称ベンチマーク改定前信託報酬改定後信託報酬同クラスの最安ファンド
iシェアーズ 国内株式インデックス・ファンド日経2250.4104%0.351%emaxis slim(0.17172%)
iシェアーズ 先進国株式インデックス・ファンドMSCIコクサイ0.6156%0.405%emaxis slim(0.11826%)
i-mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジあり)MSCIコクサイ(円ヘッジ)0.6156%償還iFree(0.2052%)
iシェアーズ 新興国株式インデックス・ファンドMSCIエマージング0.6264%0.4752%emaxis slim(0.2052%)
iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドS&P5000.6156%0.405%iFree(0.243%)
i-mizuho欧州株式インデックスユーロストックス500.6156%償還三井住友・欧州株式指数ファンド(0.7128%)
【参考:SMT欧州配当貴族(0.594%)】
i-mizuho東南アジア株式インデックスFTSEアセアン400.6804%償還該当なし
【参考:朝日ライフ・MSCI・グローイング・アセアン株式ファンド (1.458%)】
i-mizuho中国株式インデックスFTSE中国500.6804%償還該当なし
【参考:三井住友・香港ハンセン指数ファンド(0.8424%)】
i-mizuhoオーストラリア株式インデックスS&P/ASX2000.6156%償還該当なし
iシェアーズ 国内債券インデックス・ファンドNOMURA-BPI総合0.4104%0.2916%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.15012%)
iシェアーズ 先進国債券インデックス・ファンドFTSE世界国債インデックス0.6156%0.351%emaxis slim、ニッセイ<購入・換金手数料なし>、たわら(0.1836%)
i-mizuho先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)FTSE世界国債インデックス(円ヘッジ)0.6156%償還Smart-i(0.2052%)
i-mizuho先進国インフレ連動債券インデックスバークレイズ世界物価連動国債インデックス0.6372%償還海外物価連動国債ファンド(為替ヘッジなし)(1.08%)
iシェアーズ ハイイールド債券インデックス・ファンドマークイット iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド・キャップト指数0.932%0.7538%該当なし
i-mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり)マークイット iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド・キャップト指数(円ヘッジ)0.932%償還該当なし
【参考:Funds-i(米国のみ、0.864%)】
i-mizuhoオーストラリア債券インデックスブルームバーグオーストラリア債券(総合)0.6156%償還該当なし
【参考:emaxis(FTSEオーストラリア国債、0.648%)】
iシェアーズ 国内リートインデックス・ファンドS&P J-REIT指数0.4212%0.3618%該当なし
【参考:Smart-i(東証リート指数、0.1836%)】
iシェアーズ 先進国リートインデックス・ファンドS&P先進国REIT指数0.6372%0.4212%Smart-i(0.216%)
i-mizuho先進国リートインデックス(為替ヘッジあり)S&P先進国REIT指数(円ヘッジ)0.6372%償還たわら(0.378%)
iシェアーズ コモディティインデックス・ファンドS&P GSCIトータルリターン1.182%1.0038%該当なし
【参考:emaxis(ブルームバーグ商品指数トータルリターン、0.892%)】
iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド(為替ヘッジなし)LBMA金価格0.682%0.5038%SMT(0.52%~0.67%程度)


多くのファンドが償還となる一方で、残存するファンドは全て「iシェアーズ」と名を変えた上信託報酬の引き下げを行っています。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



i-mizuho | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/05(月) 03:01 ]
[ 最終更新:2018/02/05(月) 03:01 ]

PRUマーケットパフォーマーシリーズの一部ファンドが繰上償還。時代についていき損ねた嘗ての低コストファンド…
PGIMジャパン(旧プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン)は、運用する投資信託の3月15日限りでの繰上償還決定を発表しています。
信託終了(繰上償還)決定のお知らせ

これは、昨年12月25日付で提案がなされ、異議申し立て手続きで反対票が過半数に至らなかったために決定に至ったものです。
信託終了(繰上償還)予定のお知らせ


今回の償還対象の中には、以下のインデックスファンドが含まれています。
 PRU国内株式マーケット・パフォーマー(信託報酬0.702%)
 PRU国内債券マーケット・パフォーマー(信託報酬0.54%)

PRUマーケットパフォーマーシリーズは、STAMインデックスシリーズ(現SMTインデックスシリーズ)の登場以前の時代において、低コストインデックスファンドの代表的存在の一角を占めていたようです。
水瀬さんのブログの古い記事では、当該シリーズを含む低コストファンドの販売窓口拡大にインデックス投資環境改善のための鍵として期待をかけているものもあります。
ここのところ、投資信託としては最安クラスのインデックスファンドが、いろいろな金融機関で、続々と取り扱い開始になっています。

投信スーパーセンターの「年金積立インデックスファンド」(外国株式・外国債券)、フィデリティ証券の「中央三井インデックスファンド」(外国株式・外国債券)、イーバンク銀行の「PRUマーケットパフォーマー」(外国株式・外国債券・日本株式・日本債券)などなど。
これは、とても良い傾向だと思います。

インデックスファンドの取扱金融機関が増えることはいいことだ
  ※強調は引用者による

私はSTAMシリーズが登場してからの投資スタートだったので、当シリーズを利用する機会には恵まれませんでしたが、歴史的には重要な意義があったファンドシリーズです。

その歴史的ファンドの一角が崩れるということで、なかなか感慨深いものがあります。

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



PRUマーケットパフォーマー | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/03(土) 07:30 ]
[ 最終更新:2018/02/03(土) 07:30 ]

emaxis slim 8資産均等が信託報酬引き下げ
emaxis slimバランス(8資産均等型)が、2月27日より信託報酬の引き下げを実施します。
業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

名称ベンチマーク信託報酬(改定後)従来(予定判明済み)の最安ファンド
emaxis slimバランス(8資産均等型)8資産均等の合成ベンチマーク0.22572%ニッセイ<購入・換金手数料なし>(0.22572%)
※最安値同点

※8資産均等ベンチマーク:以下を8分の1ずつ
 TOPIX
 MSCIコクサイ
 MSCIエマージング
 NOMURA-BPI総合
 FTSE世界国債(除く日本) ※旧「シティ世界国債(除く日本)
 JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)
 東証リート指数
 S&P先進国リート指数(除く日本)

続きを読む
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ



emaxis | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2018/02/03(土) 01:42 ]
[ 最終更新:2018/02/03(土) 01:42 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2018 海舟の中で資産設計を ver2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania